【腸研究の権威が提言】排便量は戦前の半分減!「健康になりたければでかいウンコを出せ」

【腸研究の権威が提言】排便量は戦前の半分減!「健康になりたければでかいウンコを出せ」

腸内細菌は、私たちの健康を保つうえで、非常に大切な働きをしています。病原菌を排除し消化を助けビタミンBやCなどを合成するのです。人が幸せを感じるとき脳内にはドーパミンやセロトニンといった「幸せ物質」が分泌されます。腸で作られたその前駆物質を脳に送っているのも、腸内細菌です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


食物繊維の摂取がへり腸内細菌が激減!

 近年、日本人のウンコが、驚くほど小さくなっています。戦前の日本人は、1日約400gを排便していましたが、戦後は徐々に量がへり、現在では、150〜200g程度しかないのです。

 ウンコの内訳は、水分を除けば、約半分が腸壁の細胞と、食べ物の残りカス、そして、残りの約半分が死んだ腸内細菌と、生きた腸内細菌です。つまり、大きいウンコには腸内細菌も多いのです。

 ウンコが小さくなった原因は、腸内細菌のえさになる食物繊維の摂取量が激減したことです。1950年の日本人の食物繊維の1日当たりの摂取量は27gでしたが、今は12gと半分以下になっています。
 こうして、私たちの腸内細菌が激減しているわけです。これが、私たちの体にどう影響するのでしょうか。

 腸内細菌は、私たちの健康を保つうえで、非常に大切な働きをしています。病原菌を排除し、消化を助け、ビタミンBやCなどを合成するのです。
 人が幸せを感じるとき、脳内にはドーパミンやセロトニンといった「幸せ物質」が分泌されます。その前駆物質はまず腸で作られます。それを脳に送っているのも、腸内細菌です。

 また、人が病気にならないために、体内では免疫(病気から身を守るシステム)が常に機能しています。その免疫の働きの約70%を、腸内細菌が築いています。腸内細菌のバランスが乱れて、腸の調子が悪くなれば、免疫がうまく働かなくなります。

 このシステムが低下すると、カゼやインフルエンザにかかりやすくなるだけでなく、ガンや生活習慣病など、さまざまな病気を招いてしまいます。

戦後以降にやってきたことの逆を行え!

 現代では、うつになる人がふえています。昔はほとんどなかったうつがこれほどにふえてしまったのは、日本人の腸内細菌がへってきたことが主な原因と私は考えています。食物繊維の摂取量の激減に反比例するように、うつの患者は激増してきたのです(下のグラフ参照)。

 うつは、脳内の幸せ物質の一つであるセロトニンの量が少なくなると、発症することがわかっています。腸内細菌は、脳内の幸せ物質となる前駆物質を合成していますから、腸内細菌の不足が、まさに直接、脳に影響を及ぼしています。私たちが幸せで元気に暮らすためには、腸が健康でなくてはなりません。

 また、50年前には、日本にアレルギー性疾患はほとんどありませんでした。日本人のスギ花粉症第一例は、1963年、日光市で見つかりました。
 ぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患が日本人に出現するようになったのは、1965年ごろからです。その後、アレルギー体質の日本人は1970年代に生まれた人に急増し、現在では三人に一人がアレルギー症状を持っています。ことに子供に多く、特に都市部では、アレルギー症状を示す子供の割合が、二人に一人といいます。

 こうしたアレルギー増加の背景に、現代社会の清潔志向があると私は考えています。現代社会が、私たちの体を守っている皮膚常在菌や腸内細菌などの微生物を「キタナイもの」として排除してきたことが、結果としてアレルギーが多発する状況を招き寄せてしまったのです。

 アレルギーに悩む人の腸では、腸内細菌がへり、腸内環境が悪化していることはいうまでもありません。

 では、こうした状況を変え、私たちがかつての健康な腸を取り戻すためには、どうしたらよいでしょうか。

 わかりやすくいえば、再び、大きなウンコができるようになることを目指してください。そのためには、戦後以降、私たちがやってきたことの逆を行うことが大原則となります。

 まず、野菜や海藻類、豆類、果物類をしっかりとって、腸内細菌のえさとなる食物繊維の摂取量をふやします。極端な清潔志向をやめて、落ちた物も拾って食べる心意気も肝心です。
 こうして腸内環境がアップすれば、NK細胞を代表とする免疫細胞も活性化しますから、ガン予防にも役立つでしょう。腸内環境が整えば、老化や生活習慣病の原因物質である活性酸素を消す力も高まりますから、生活習慣病の予防・改善になります。

 理想のウンコは、「バナナ1〜2本分」「黄褐色」「においが少ない」「練り歯磨きの硬さ」「スパッと切れがよい」ものです。日々、こうした理想のでっかいウンコを出すことを目指してください。

藤田紘一郎先生
1939年、旧満州ハルビン生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。東京大学医学系大学院博士課程修了。医学博士。金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学大学院教授を経て現職。免疫や腸内細菌、伝染病の研究の第一人者。著書に『50歳からは肉を食べ始めなさい』(フォレスト出版)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

玄米が優れた健康食であることには、誰も異論はないでしょう。実際に玄米食を実践し、健康効果を実感されているかたも多いのではないでしょうか。私が勤める琉球大学医学部附属病院では、糖尿病や肥満、脂肪肝、脂質異常症などの患者さんに玄米食を勧め、大きな成果を上げています。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


最強の海藻【アカモク】の効能 便秘解消 糖尿病 ダイエットに効果的な食べ方

最強の海藻【アカモク】の効能 便秘解消 糖尿病 ダイエットに効果的な食べ方

アカモクとは、北海道東部を除き全国に分布している海藻です。最近では、大手スーパーでも売られるようになりました。アカモクには便秘を解消する効果だけでなく、内臓脂肪を減らす効果、糖尿病の改善効果、ダイエット効果、免疫力を高める効果も期待できるからです。【解説】田島眞(実践女子大学名誉教授・農学博士)


【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


【医師解説】砂糖が腸内フローラを乱す!糖質制限食で腸の不調が改善する

【医師解説】砂糖が腸内フローラを乱す!糖質制限食で腸の不調が改善する

私は、29歳のとき、難病に指定されている潰瘍性大腸炎を発症しました。私は砂糖をたっぷり食べて育った世代です。潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんに聞いてみても、傾向として、甘いものをよく食べていた人が多いのです。腸の疾患には砂糖のとりすぎが関係していると考えています。【解説者】西本真司(西本クリニック院長)


【腸内フローラ】腸内細菌が元気になれば現代病の9割が解決!がんの予防にも効果

【腸内フローラ】腸内細菌が元気になれば現代病の9割が解決!がんの予防にも効果

腸内細菌は、私たち人の体が正常に働くようにサポートしてくれています。脳やほかの臓器、免疫細胞まで支配している、全身の司令塔でもあるのです。【解説者】本間真二郎(七合診療所所長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング