今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


ショウガ氷の基本的な作り方

■材料(作りやすい量)
 ・ショウガ…200g
 ・水…100㎖

❶ショウガは洗って皮付きのまま、1~2㎝の厚さに切る。

❷ミキサーに❶と水を入れる。

❸ドロドロになるまでかくはんする。

❹ ❸をフリーザーバッグに入れ、1㎝程度の厚さになるように平らにして、冷凍庫に入れる。

❺ ❹がシャーベット状になったら一度取り出し(冷蔵庫の種類により時間が異なります)、さいばしなどで押さえて碁盤の目状の筋を入れる。こうすると、使うときに割りやすい。

❻ ❺が凍ったら出来上がり。必要量を割って使う。

ショウガ氷をすすめる浜内千波さん(料理研究家)

→ショウガ氷の健康効果

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

腸内環境を整えることは、いつまでも病気知らずの健康体でいるためには不可欠。健康は腸からつくられるといっても過言ではありません。今回ご紹介するのは、腸をぐーんと元気にする、名づけて「地中海式和食」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(簡単マリネ)

【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(簡単マリネ)

母の末期ガンがきっかけで食養生を研究し、たどり着いた答が「ローフード」でした。食材のイキイキとした生命力をそのままいただくために、あえて加熱はしません。大切なのは食材にじっくり向き合うこと。食材が喜ぶ形に整えてあげることが調理なのですから。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


【健康レシピ】料理の幅が広がる「アレンジ酢玉ねぎ」応用レシピ(2)

【健康レシピ】料理の幅が広がる「アレンジ酢玉ねぎ」応用レシピ(2)

酢タマネギの効果を得るためには、日々続けることが重要です。でも、たまにはちょっと目先を変えたい……。そんなふうに思うかたもいるかもしれません。酢タマネギにほんの少しアレンジを加えると、食感や味が変わり、料理の幅が広がります。【料理・レシピ考案・スタイリング】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


【健康レシピ】料理の幅が広がる「アレンジ酢玉ねぎ」応用レシピ(1)

【健康レシピ】料理の幅が広がる「アレンジ酢玉ねぎ」応用レシピ(1)

酢タマネギの効果を得るためには、日々続けることが重要です。でも、たまにはちょっと目先を変えたい……。そんなふうに思うかたもいるかもしれません。酢タマネギにほんの少しアレンジを加えると、食感や味が変わり、料理の幅が広がります。【料理・レシピ考案・スタイリング】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)