ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川 賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教)


目の血流がピント調節にかかわる

 私は、視能訓練士(眼科で目の検査や視機能訓練を行う国家資格の必要な医療従事者)を目指す学生に、目の検査法や小児の視力発達に関する訓練法を教えています。

 一方で、所属する視覚機能療法学の研究室では、「生活習慣による視機能の向上法」についての研究を続けてきました。
 なかでも、「咀嚼(食べ物をよくかみ砕き味わうこと)による目への影響」を評価する実験は、くり返し続けてきた重要なテーマの一つです。

 実験では、すでに眼科以外の分野の研究で、脳や口腔内の血流量を増やすことが確認されていたガム(市販の一般的なもの)を使いました。
 まず私たちは、ガムをかみ続けた後に、眼圧(眼球内の圧力)が低下することを確認。その後、ガムをかんだ後の白目(眼球の白い部分)の血流の変化を評価する実験を行いました。
 目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。
 実験は、平均年齢21歳の健康な学生10名(男性3名・女性7名)に協力してもらいました。
 ガムをかむ前と、かんだ後の血流変化を、専用の計測装置で測ります。白目の表層に安全な光を照射し、血液中の酸化ヘモグロビン相対濃度(赤血球のたんぱく質濃度による血流変化)を測定するのです。

1.7倍も血流が上がった!

 実験で使用したガムは、市販のミント味です。それを10分間、毎分80回という平均的なスピードでかんでもらうことにしました。咀嚼ではなく、味覚による影響も考えられるため、ガム以外にも、アメでも血流変化を測定しました。

①何も口に入れていない状態
②アメをなめた後
③ガムをかんだ後

 以上の三つの条件下で、10人の血流変化を測り、1人ずつその差を比較しました。

 結果は、ガムをかむことで9人の酸化ヘモグロビン相対濃度が上がったのです。つまり、血流に有意な変化が見られたというわけです。
 白目の血流の変化をわかりやすくするために、ガムをかむ前の酸化ヘモグロビン濃度を100%としましょう。
 アメをなめた後は、平均で105.7%ですが、ガムをかんだ後は167.6%になります。かむ前の約1.7倍も血流が上がったことになり、グラフにすると、その差は一目瞭然です。

 何も口に入れていない状態の酸化ヘモグロビン相対濃度と、アメをなめた後の酸化ヘモグロビン相対濃度はほとんど差が見られず、これにより、味覚の影響ではなく、咀嚼が白目の血流をよくすることが証明されました。

 この実験結果から、ガムをかむと、白目の血流が上がるということがわかります。ガムをかむことが目の機能を活性化させ、目の疲れを改善させたり、ピント合わせ機能を向上させたりする効果が期待できそうです。

1日1回10分間でよい

 白目のすぐ近くには、目のレンズの役割をする水晶体を調節する、毛様体筋という筋肉があります。ガムをかむことが、この毛様体筋にもよい影響を及ぼすことが考えられます。
 加齢により、毛様体筋が弱り、近くにピントが合わせづらくなっている状態の目(いわゆる老眼)にも、ガムをかむことが一定の効果を発揮しそうです。

 今回はガムを使って実験をしましたが、以前にスルメを使って実験をしても結果は同じでした。あくまでも、咀嚼という「かむ」行為によって、目の血流がよくなるということが判明したのです。
 もちろん、皆さんの普段の生活にも、「ガムをかむ効果」を役立てることができます。
 その場合は、1日に1回、10分間を目安にかむといいでしょう。食後に、仕事をしたり、テレビを見たりしながらガムをかんでください。

 長くかみ過ぎて味がなくなったガムでは、かむことが苦痛になって逆効果です。自分の好みの、おいしく感じるガムを選ぶようにしてください。
 なかには、ガムが苦手だったり、入れ歯でできなかったりする人もいると思います。その場合は、普段の食事をできるだけかんで食べることを心掛け、歯ごたえのある食材を積極的に選ぶようにするとよいでしょう。

「かむ」効果に注目した浅川先生

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


老眼 ガム

関連する投稿


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

人の目は、35歳くらいからピントを合わせる調節力が低下してきます。これが老眼の始まりです。老眼や眼精疲労を放っておくと、深刻な事態になることもあるのです。最近の研究で、「アスタキサンチン」の摂取で、眼精疲労が抑えられることがわかりました。目によい栄養素を積極的に取りましょう。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

湿布療法は、七つあります。その中で、小指湿布とひじ・腕湿布は、首から上の症状に効きます。「小指湿布」は幅広い症状に効き、しかも強力な効果があります。しかし、その小指湿布をもってしても効果が得られないケースがあります。それは、小指の筋肉が、非常に硬くなっている人です。【解説】安田 譲(安田医院院長)


「あれ?夕方になると見えにくくなる…」これは、老眼のサイン

「あれ?夕方になると見えにくくなる…」これは、老眼のサイン

老眼は、老化により水晶体が硬くなり、ピント調節力が低下して起こります。目は、水晶体の厚さを変えてピントを合わせますが、硬くなった水晶体を調節しようとして毛様体筋が疲弊します。水晶体が年齢と共に硬くなるのは、避けられませんが「毛様体筋ストレッチ」で鍛えて進行を遅らせることができるのです。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


【育毛薬膳レシピ②】漢方で髪の成長を促す!(レバー・アボカド・黒ゴマ)

【育毛薬膳レシピ②】漢方で髪の成長を促す!(レバー・アボカド・黒ゴマ)

血を補い、肝機能のアップさせて丈夫な頭皮をつくる美味しいレシピ6種をご紹介します。【解説】マダム晴子(香港薬膳師)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング