【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

ストレスなどで、自律神経のバランスがくずれると、めまい、肩こり、頭痛、不整脈、過敏性大腸炎、パニック障害、うつ病など、さまざまな症状・病気が起こります。長年この病気と向き合ってきて、自律神経疾患の患者さんに必ず強いこりがあることに気づきました。私が考案したシップ療法をご紹介しましょう。【解説】安田 譲(安田医院院長)


七つのシップ療法で自律神経疾患を改善

 神経内科を専門とする私の医院には、自律神経のバランスがくずれて起こる、自律神経疾患の患者さんが多数来院します。
 自律神経とは、内臓や血管の働きを調整する神経で、活動をつかさどる交感神経と、安らぎをもたらす副交感神経によって成り立っています。

 ストレスなどで、この二つの神経のバランスがくずれると、めまい、肩こり、頭痛、不整脈、過敏性大腸炎、パニック障害、うつ病など、さまざまな症状・病気が起こります。
 自律神経は全身にはりめぐらされていますから、症状は実に多彩で、体のあらゆる器官や臓器に起こる可能性があります。しかし、自律神経疾患の研究はまだ不十分で、有効な診断法や治療法がないのが現状です。

 私は、長年この病気と向き合ってきて、あることを発見しました。自律神経疾患の患者さんを診察すると、必ず背中、首すじ、腕のどこかに強いこりがあります。そして、症状が改善してくると、そのこりが柔らかくなってくるのです。
 さらに研究を続けた結果、背中、首すじ、腕には、体の器官や臓器と1対1で対応する領域(ポイント)があり、症状のある器官や臓器に対応して、そこが硬くこっていることがわかりました。

 それなら、そのポイントのこりをほぐせば、対応する症状は改善するのではないか。そう考えて考案したのが、今回ご紹介する、「シップ療法」です。
 私は現在までに、以下の七つのシップ療法を考案しました。

①小指シップ
②ひじ・腕シップ
③ひざ裏シップ
④腰シップ
⑤足小指シップ
⑥わきシップ
⑦手シップ

 これらを駆使すると、ほぼ全身の症状に対応できます。
 具体的には、小指シップとひじ・腕シップは首から上の症状、腰シップは腰から首までの症状、ひざ裏シップは首から下の症状、足小指シップは下肢(足)の症状、わきシップは首の寝違え、手シップは五十肩のような肩の痛みによく効きます。
 これで、ほとんどの自律神経疾患を改善に導くことができると、自負しています。

入浴後にはって翌朝はり替えるのがお勧め

シップがなぜ全身の自律神経疾患に効くのか、そのメカニズムもわかりました。それは、次の二つに集約できます。

①交感神経の緊張をゆるめる
 一般に、筋肉が緊張すると、交感神経も緊張します。それは、筋肉と腱の境目に、交感神経の受容体があるからです。シップをはると、この受容体がゆるみ、交感神経の緊張がほぐれるのです。
 交感神経の緊張は、瞳孔でわかります。瞳孔は交感神経が緊張していると開き、ゆるむと縮みます。シップをはると瞳孔が小さくなり、交感神経の機能が低下したことがわかります。

②体の器官や臓器と対応するポイントがゆるむ
 交感神経がゆるんで筋肉のこりが取れると、体の器官や臓器に対応するポイントもゆるみます。それによって、対応する部分の症状が改善します。

 こうした作用をもたらすシップの成分もわかってきました。パップ剤に使われている、グリセリンです。
 グリセリンには、組織に素早く浸透して、組織を柔らかくする作用があります。これが交感神経の受容体に作用して、交感神経の緊張をゆるめるのです。

 したがって、シップをするときは、必ず白いネバネバした成分の付いた、冷感タイプの「パップ剤」を使用してください。薄いプラスター剤にはグリセリンが入っていないため、効果がありません。

 シップは、はるとすぐに効果が表れ、6時間以上効果が持続します。ですから、6時間を目安にはり替えるといいでしょう。入浴後にはって、翌朝はり替えるのがお勧めです。

 なお、アスピリンぜんそくのある人、非ステロイド系の消炎鎮痛剤に過剰反応を起こしたことのある人は、シップをしてはいけません。代わりに、グリセリンをガーゼに浸してはっても、同じ効果が得られます。グリセリンは、薬局で購入できます。
 私はこのシップ療法を始めて、薬を最少限に抑えられるようになりました。シップはほとんど副作用がないので、患者さんに安心して使っていただけます。

→小指シップのやり方はコチラ

シップ療法を考案した安田先生

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)


耳鳴り、めまい、逆流性食道炎に効果的な対策―口を10秒だけ開けること

耳鳴り、めまい、逆流性食道炎に効果的な対策―口を10秒だけ開けること

頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。こうした症状に悩む患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング