【自分で治せる】下肢静脈瘤のだるさやむくみが改善する「つま先立ち体操」

【自分で治せる】下肢静脈瘤のだるさやむくみが改善する「つま先立ち体操」

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


下肢静脈瘤になりやすい人は?職業は?対策は?

 加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。
 静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。
 なぜ、下肢の血管がこのように膨らんでしまうのでしょうか。それは人間特有の、直立二足歩行が関係しています。

 血液は心臓から送り出され、動脈を通って全身のすみずみに運ばれた後、静脈を通って心臓に戻ってきます。この、心臓に戻る静脈の流れを、「静脈還流」といいます。
 下肢静脈瘤は、下肢の静脈還流が滞り、静脈に血液がたまったものです。
 心臓から最も遠い部位である足は、重力に逆らって血液を心臓まで戻しています。この役割を助けているのが、ふくらはぎの筋肉です(筋ポンプ作用)。

 歩いたり足首を動かしたりすると、ふくらはぎの筋肉は収縮、弛緩をくり返して足の静脈を圧迫し、血液を上に押し上げます。それによって血液が心臓のほうに流れます。しかし、筋ポンプ作用だけでは、血液が逆流する怖れがあります。

 それを防ぐために、静脈には逆流防止の「弁」がついています。弁はハの字形をしており、血液が心臓に向かって流れているときは開き、通過した後はピタッと閉じて、血液が下に戻らない仕組みになっています。
 ところが、この弁が何らかの理由で壊れ、筋のポンプ作用が低下すると、血液が逆流して静脈瘤ができてしまうのです。

 下肢静脈瘤になりやすいのは、次の人たちです。

・妊娠・出産経験のある女性
 妊娠すると、女性ホルモンの影響で血管が広がりやすくなり、弁が閉じにくくなります。また、妊娠後期になると、大きくなった子宮が下腹部を圧迫し、静脈内の圧力を高めて静脈瘤ができやすくなるのです。
 出産後に一時的に改善しますが、加齢とともに筋ポンプ作用が低下し、弁も壊れて、再び悪化してきます。
 さらに女性は男性よりも筋力が弱いため、男性の2〜3倍多く発症します。

・立ち仕事の多い人
 長時間、立ち仕事をしていると、足を動かさないので筋ポンプ作用が働かず、血液が足にたまりやすくなります。美容師、調理師、警備員などの職業の人は要注意です。

 それ以外にも、家族に下肢静脈瘤の人がいたり、加齢や運動不足や肥満は発症のリスクを高めます。
 下肢静脈瘤になると、見た目が悪いだけでなく、足のむくみ、重だるさ、こむら返り、ピリピリ・チリチリした痛みなどが起こります。
 進行すると、うっ滞性皮膚炎を起こし、重度になると潰瘍(皮膚が欠損した状態)になることもあります。
 ただし、むくみや重だるさ、こむら返りなどは、ほかの原因で起こることもあります。いちがいに静脈瘤が原因とはいえませんので、心配な場合は、専門医の診察を受けてください。

 また、静脈瘤は命にかかわる病気ではないので、必ずしも治療する必要はありません。
 静脈瘤による足の痛みやむくみは、セルフケアで改善できます。壊れた弁は治りませんが、足のポンプ作用を強化して、静脈にたまった血流を心臓のほうに戻せば、コブが小さくなり、症状も軽くなります。

 そこで今回、ご紹介するのが「つま先立ち体操」です。背すじを伸ばして立ち、つま先の上げ下げをくり返す体操です。
 つま先で立つと、ふくらはぎにキュッと力が入って、筋ポンプ作用が促されます。
 これを、一度に10回行います。立ち仕事の人は、1時間に1回行うのがお勧めですが、最低でも1日5~8回行うといいでしょう。必ずイスの背などにつかまって行ってください。

お茶の水血管外科クリニック院長
広川雅之
静脈の病気を専門とする。内視鏡的筋膜下穿通枝切離術、日帰りストリッピング手術、血管内レーザー治療など下肢静脈瘤の新しい治療法の研究・開発を行う。著書『下肢静脈瘤は自分で治せる』(マキノ出版刊)が好評発売中。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


【医師推奨】下肢静脈瘤に効果あり「弾性ストッキング」とは何か―男性にも女性にも大人気!

【医師推奨】下肢静脈瘤に効果あり「弾性ストッキング」とは何か―男性にも女性にも大人気!

私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


ひざ痛改善には【ショウガ紅茶】Wの温め作用で冷えを撃退しリウマチ・関節炎の痛みを緩和

ひざ痛改善には【ショウガ紅茶】Wの温め作用で冷えを撃退しリウマチ・関節炎の痛みを緩和

日本には近年、体が冷えている人が急増しています。私たちのクリニックで患者さんの体温を測ると、ほとんどの人が35℃台で、中には34℃台の人もいます。約50年前の日本人の平均体温は36.8℃でしたから、わずか半世紀で体温が約1℃も下がってしまったのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング