【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


下肢静脈瘤になりやすい人は?職業は?対策は?

 加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。
 静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。
 なぜ、下肢の血管がこのように膨らんでしまうのでしょうか。それは人間特有の、直立二足歩行が関係しています。

 血液は心臓から送り出され、動脈を通って全身のすみずみに運ばれた後、静脈を通って心臓に戻ってきます。この、心臓に戻る静脈の流れを、「静脈還流」といいます。
 下肢静脈瘤は、下肢の静脈還流が滞り、静脈に血液がたまったものです。
 心臓から最も遠い部位である足は、重力に逆らって血液を心臓まで戻しています。この役割を助けているのが、ふくらはぎの筋肉です(筋ポンプ作用)。

 歩いたり足首を動かしたりすると、ふくらはぎの筋肉は収縮、弛緩をくり返して足の静脈を圧迫し、血液を上に押し上げます。それによって血液が心臓のほうに流れます。しかし、筋ポンプ作用だけでは、血液が逆流する怖れがあります。

 それを防ぐために、静脈には逆流防止の「弁」がついています。弁はハの字形をしており、血液が心臓に向かって流れているときは開き、通過した後はピタッと閉じて、血液が下に戻らない仕組みになっています。
 ところが、この弁が何らかの理由で壊れ、筋のポンプ作用が低下すると、血液が逆流して静脈瘤ができてしまうのです。

 下肢静脈瘤になりやすいのは、次の人たちです。

・妊娠・出産経験のある女性
 妊娠すると、女性ホルモンの影響で血管が広がりやすくなり、弁が閉じにくくなります。また、妊娠後期になると、大きくなった子宮が下腹部を圧迫し、静脈内の圧力を高めて静脈瘤ができやすくなるのです。
 出産後に一時的に改善しますが、加齢とともに筋ポンプ作用が低下し、弁も壊れて、再び悪化してきます。
 さらに女性は男性よりも筋力が弱いため、男性の2〜3倍多く発症します。

・立ち仕事の多い人
 長時間、立ち仕事をしていると、足を動かさないので筋ポンプ作用が働かず、血液が足にたまりやすくなります。美容師、調理師、警備員などの職業の人は要注意です。

 それ以外にも、家族に下肢静脈瘤の人がいたり、加齢や運動不足や肥満は発症のリスクを高めます。
 下肢静脈瘤になると、見た目が悪いだけでなく、足のむくみ、重だるさ、こむら返り、ピリピリ・チリチリした痛みなどが起こります。
 進行すると、うっ滞性皮膚炎を起こし、重度になると潰瘍(皮膚が欠損した状態)になることもあります。
 ただし、むくみや重だるさ、こむら返りなどは、ほかの原因で起こることもあります。いちがいに静脈瘤が原因とはいえませんので、心配な場合は、専門医の診察を受けてください。

 また、静脈瘤は命にかかわる病気ではないので、必ずしも治療する必要はありません。
 静脈瘤による足の痛みやむくみは、セルフケアで改善できます。壊れた弁は治りませんが、足のポンプ作用を強化して、静脈にたまった血流を心臓のほうに戻せば、コブが小さくなり、症状も軽くなります。

 そこで今回、ご紹介するのが「つま先立ち体操」です。背すじを伸ばして立ち、つま先の上げ下げをくり返す体操です。
 つま先で立つと、ふくらはぎにキュッと力が入って、筋ポンプ作用が促されます。
 これを、一度に10回行います。立ち仕事の人は、1時間に1回行うのがお勧めですが、最低でも1日5~8回行うといいでしょう。必ずイスの背などにつかまって行ってください。

お茶の水血管外科クリニック院長
広川雅之
静脈の病気を専門とする。内視鏡的筋膜下穿通枝切離術、日帰りストリッピング手術、血管内レーザー治療など下肢静脈瘤の新しい治療法の研究・開発を行う。著書『下肢静脈瘤は自分で治せる』(マキノ出版刊)が好評発売中。

【関連記事】下肢静脈瘤に効果「弾性ストッキング」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


【太極拳メダリスト】腰痛を改善する「かかとの上げ下げ」のやり方を紹介!疲労回復にも

【太極拳メダリスト】腰痛を改善する「かかとの上げ下げ」のやり方を紹介!疲労回復にも

腎は西洋医学でいう腎臓を指すだけでなく、東洋医学的には免疫や生殖機能の働きを支える生命エネルギーが宿るところとされています。その腎に気がスムーズに巡ると、腎機能が高まって不要物の排出が促されたり血行がよくなることで、冷え症やむくみが改善したりします。【解説】市来崎大祐(2015年世界武術大会銀メダリスト)


【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。もちろん子宮も含まれます。骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)


【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

叔母は78歳のとき「腎不全」と診断されました。クレアチニン値が11mg/dLまで上昇し医師から人工透析を提案されたのです。私の勧めでアズキカボチャを食べ始めたら、3週間でクレアチニン値が5mg/dLまで下がり、結果透析はしなくて済みました。腎臓の薬は飲んでいません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【美女医愛飲】貧血改善・美肌効果たっぷり!ホルモンバランスを整える「小豆」は女性が摂りたい成分タップリ

【美女医愛飲】貧血改善・美肌効果たっぷり!ホルモンバランスを整える「小豆」は女性が摂りたい成分タップリ

あずきは赤ワインの1・5〜2倍ものポリフェノールが含まれており、抗酸化力は抜群。ガンをはじめとする生活習慣病や動脈硬化、シミ、シワを予防します。また豊富なサポニンの効果で、コレステロールや中性脂肪の増加を防ぎ、血栓や動脈硬化の原因を抑制します。利尿効果もありむくみを防ぎます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング