【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

まぶたのたるみを治すと、眼科領域の疾患である眼精疲労、目の痛み、ドライアイ、視力低下などに限らず、同時に治ってしまう疾患は少なくありません。頭痛、高血圧、肩こり、冷え症、不眠、下痢、便秘、アトピー性皮膚炎、腰痛、うつなどへの効果が期待できます。【監修】栗橋克昭(栗橋眼科院長) 


治りにくい涙目が眼瞼下垂手術で治った

 私は、以前は主に涙道疾患(いわゆる涙目)の治療を専門としてきました。私が考案した治療器具を用いた涙道の手術法は、今では多くの医師も取り入れています。
 そんな私ですが、2004年頃から、まぶたが垂れ下がる「眼瞼下垂症」に興味を抱き、その専門家になってしまいました。そのきっかけは、あるとき頑固な涙道疾患が眼瞼下垂症を治すことによってあっさり治ってしまったことです。
 もちろん、すべての涙道疾患が眼瞼下垂の治療でよくなるとは言いませんが、眼瞼下垂を治すことが同時に他の疾患を改善してしまうことに驚かざるを得ませんでした。
 しかも、眼科領域の疾患である眼精疲労、目の痛み、ドライアイ、視力低下などに限らず、まぶたのたるみを治すと、同時に治ってしまう疾患は少なくありません。
 頭痛、高血圧、肩こり、冷え症、不眠、下痢、便秘、アトピー性皮膚炎、腰痛、うつなど多岐にわたります。眼瞼下垂症の治療後に脱肛までよくなり、驚いたこともあります。
 とはいえ、眼瞼下垂症で悩んでいても、やはり手術となると、尻込みしてしまう人もいます。そのようなかたには、自分でできる「まぶたアップ法」をお勧めしています。

ヘアバンドとポニーテールの組み合わせが一番効果的

 自分でまぶたを上げるのに効果的なのは、「おでこ体操」と「ヘアバンド」です。
 おでこ体操のやり方は、写真を参照してください。慣れるまで鏡を見ながら行いましょう。眼瞼下垂症では額に深いシワができますが、そのシワが消えるくらい強く指でおでこを押し上げるのがポイントです。
 深呼吸と組み合わせたり、かかとの上げ下げと組み合わせたりすると、交感神経の緊張を取るのにさらに効果的です。
 ひざの悪い人は、イスに座った状態で両ひじをテーブルにつけて行ってもいいでしょう。
 簡単にできる体操ですから、1日に何度も行ってください。
 眼瞼下垂症は、まぶたをよくこする人や、コンタクトレンズを長期間使用している人もなりやすい傾向があります。先天性鼻涙管閉塞などによる涙目、花粉症やアトピーの人、目をよくこする人は要注意です。
 したがって、眼瞼下垂症は子どもにも見られます。うつや登校拒否の原因になっているかもしれません。
 眼瞼下垂症手術と同様、まぶたの機能を正常にし、頭痛や肩こりなどの不快症状を改善するのに効果的なのが、ヘアバンドです。しかし、学校によってヘアバンドを校則で禁止していることがあります。私は、全国学校保健・学校医大会で「学校におけるヘアバンド禁止は止めるべきである」というテーマの研究発表したこともあります。
 まぶたを上げる目的でヘアバンドをするには、ポニーテールと組み合わせると効果的です。

頭痛が消えた!睡眠薬が不要になった!

 まぶたアップ法で、印象深い例があるのでご紹介します。
 38歳の女性Sさんは、ひどい頭痛持ち(群発性頭痛)で、診察中に頭痛の発作が起きて、倒れてしまいました。これまでどんな治療をしても頭痛がよくならないというので、上記のまぶたアップ法を指導しました。
 すると、その場で左目のズキズキする痛みが取れ、頭痛が軽くなったと喜んでいました。
 65歳の男性Tさんの場合は、精神科でうつと診断され、睡眠薬などを服用していました。Tさんはおでこ体操を日課にしたところ、性格が前向きになり、睡眠薬なしで眠れるようになったと言っていました。
 おでこ体操は、額のシワが取れて、アンチエイジングの効果もあるので、その意味でも試していただけるといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、初めに、手首の状態を見ます。それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。その際、私が患者さんに勧めているのが、「手首ストレッチ」です。【解説】中村守(『よくなる整体院』グループ代表)


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)