【風船つぶし】で内転筋を鍛えると ― 骨盤が締まって痩せる!ネコ背、ひざ痛も改善する!

【風船つぶし】で内転筋を鍛えると ― 骨盤が締まって痩せる!ネコ背、ひざ痛も改善する!

関節の曲げ伸ばしは、骨についている筋肉の動きによって行われます。この筋力が衰えてしまうと、関節の動きが思うようにいかなくなります。硬くなり、動かしにくくなった体に柔軟性を取り戻すには、衰えていた筋肉を無理なく鍛えることが大切なのです。股関節の衰えを予防する運動をご紹介します。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)


 体の柔軟性は、人によりさまざまですが、共通していえることは、年齢とともにだんだん硬くなってくるということです。
 その上、中高年になると、普段体を動かさない人が増える傾向があります。皆さんの中にも、一日の大半をテレビの前で過ごしているという人が、いるのではないでしょうか。
 体を動かさないと、関節の動きが悪くなります。すると動くのがおっくうになり、体はますます硬くなっていくのです。

 関節の曲げ伸ばしは、骨についている筋肉の動きによって行われます。ですから、この筋力が衰えてしまうと、関節の動きが思うようにいかなくなります。そのため、硬くなり、動かしにくくなった体に柔軟性を取り戻すには、まず、衰えていた筋肉を無理なく鍛えることが大切なのです。

 特に、中高年に多いトラブルの一つが、股関節が硬くなり、動かしにくくなるというものです。股関節やその周囲の筋肉が硬くなり、股関節を支えたり動かしたりする力が衰えると、歩行時に股関節が痛んだり、腰痛、ひざ痛、足首痛が起こったりする原因にもなります。
 それにより、ますます動くのが嫌になり、股関節がいっそう硬くなるという悪循環に陥ってしまうのです。
 股関節は、日常の多くの動作に影響する大切な部分です。股関節の動きが悪いと、足を上げにくくなるので、階段の上り下りがしにくくなったり、平らなところを歩くだけでも、つまずきやすくなったりします。また、立つときにもどこかに手をつき、やっと立ち上がるという感じにもなります。

 このような日常生活だけでなく、ゴルフなどのスイングをする場合も、重要になるのは股関節の柔軟性です。股関節がうまく動かないと、腰もスムーズに回転しません。

 股関節の衰えを予防するには、日ごろから適度な運動をして、股関節周辺の筋肉を鍛えてサポート力を高めることです。
 しかし、そうはいっても、適当な運動がなかなかわからない、毎日続けるのは大変だという人も多いでしょう。そのため、私が中高年の人に特にお勧めしているのが、「風船つぶし整体」です。

 股関節を柔軟にする風船つぶし整体は、ゴム風船を股に挟んでつぶし気味にし、腰を回すだけという簡単な運動です。この方法は、安全にでき、しかも短時間で効果を得られるというメリットがあります。

 膨らませたゴム風船は、空気の反発力を持っていますが、その力は、運動に不慣れな人でも、たやすくつぶせる程度です。とはいえ、ゴム風船を股で挟み、力を入れてつぶした状態を保持しようとすると、筋肉には適度な負荷がかかります。つまり、ゴム風船は、強過ぎず弱過ぎず適当な負荷をかけることができる、最高のトレーニングマシンといえるのです。

開いた骨盤も引き締まる

 このゴム風船を使って行う股関節の風船つぶし整体では、主として内転筋群を鍛えることができます。

 内転筋群は、骨盤の下から始まって、太ももの内側を通り、ひざのほうへと伸びている筋肉です。内転筋群は、股関節を曲げたり、旋回したりするときに、重要な働きをするのですが、この太ももの内側を通る筋肉は、普段の日常生活では、なかなか鍛える機会のない筋肉でもあるのです。

 特に、座りっ放しでいる時間の増える中高年の場合、最も衰えやすい筋肉の一つといえるでしょう。
 内転筋群が弱った人は、必ずといっていいほど、骨盤がゆがんで開いている傾向があります。骨盤が開くと、股関節の収まりが悪くなります。正常な股関節では、大腿骨の骨頭(上端の丸い部分)の約3分の2が、骨盤の臼蓋(骨盤の受け皿)の中に包まれています。これにより、姿勢が安定するのです。しかし、内転筋群が衰えると、骨盤の臼蓋から骨頭が離れてしまうため、骨盤が歪み、その影響が全身に表れます。
 そのため、骨盤が開いている人は、ひざ痛やO脚を招きやすく、ネコ背にもなりやすいのです。また、下腹がポッコリ出るような姿勢になることで、代謝が悪くなり、太りやすくなります。

 内転筋群を鍛えると、股関節が正常な状態で維持されるようになり、骨盤も締まるので、股関節の動きがスムーズに動かしやすくなるのに加え、姿勢がよくなり、ひざ痛やO脚、ネコ背も解消していきます。また、血行もよくなるので、体が冷えにくくやせやすい体質になってくるのです。

 風船つぶし整体によって股関節の動きがよくなると、歩き方がまず変わってきます。足の運びがらくになり、立ち上がるときや階段の上り下りも、スムーズになります。また、体のバランスが自然に取れるようになるので、姿勢もぐっとよくなることに気が付くはずです。

 最近、股関節に痛みを感じる、動かしにくくなったと感じる人は、一度この風船つぶし整体を試してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


膝痛の改善は【風船つぶし】が安全かつ効果あり!やみくもウォーキングはかえって悪化する!

膝痛の改善は【風船つぶし】が安全かつ効果あり!やみくもウォーキングはかえって悪化する!

ひざ痛の二大要因は肥満とO脚です。筋肉の約70%は下半身に集中しており、下半身が衰えると太りやすくなります。太るとひざへの負担が増し、ひざ痛を起こします。太ももの内側が衰えると、O脚になります。痩せるためのウォーキングも負担のかかった歩き方でかえってひざ痛悪化になることもあるのです。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)