【医師監修】今ある「うつ」が改善する食事 素材選びのポイント

【医師監修】今ある「うつ」が改善する食事 素材選びのポイント

ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を、1日3食きちんと食べることです。【解説】功刀 浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第三部部長)


 ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を、1日3食きちんと食べることです。

 食事だけではなく、適度な運動、じゅうぶんな睡眠も大事です。また、ストレスを上手に受け流す心の柔軟性も必要でしょう。それら、すべてを含めた総合力で、うつを防ぎ・治すのです。
 ただし、うつを防ぎ・治す食事には、いくつかのポイントがあるのも事実です。それをポイントごとに説明しましょう。

→今ある「うつ」が消えていく食事 献立のポイント

穀類

 主食となる穀類ですが、できるだけ精製度の低いものを食べましょう。お米なら、精白米ではなく、玄米や胚芽米、麦入りご飯、雑穀入りご飯を選びたいものです。また、パンなら、精製度の高い白いパンより、全粒粉のパン、ライ麦パンなど、少し黒いパンにしましょう。栄養価の違いはもちろんですが、慣れれば深い味わいが楽しめます。

魚類

 欧米では、地中海式食事が、うつ病を含む多くの生活習慣病になりにくいというデータがあります。地中海式食事の特徴の一つは、魚の摂取量が多いことです。魚の脂には、エイコサペンタエン酸(EPA)や、ドコサヘキサエン酸(DHA)といった、うつに有効な不飽和脂肪酸が豊富です。そのうえ、魚を食べると、うつ病予防に役立つ良質なたんぱく質も摂取できます。
 日本の伝統的な食事も魚を多く食べますが、魚嫌いの人は注意が必要です。週に3回くらいは、魚料理を食べるようにしてください。

肉類

 肉は、良質なたんぱく源として、しっかり食べたい食材です。肉に豊富なたんぱく質は、アミノ酸で構成されています。このアミノ酸が、神経伝達物質の原料となるのです。セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといった、元気を出すために重要な神経伝達物質だけでなく、グルタミン酸、γ―アミノ酪酸、アスパラギン酸といった脳内の主要な神経伝達物質も、アミノ酸でできています。お勧めは、レバー、赤身肉、鶏胸肉です。また、豚肉にはビタミンB1が豊富で、疲労回復に役立ちます。

野菜

 野菜は、毎食、たっぷり食べましょう。ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含んでいますし、低カロリーなので、たっぷり食べて食欲を満足させることができるからです。また、うつ病の人は、葉酸などのビタミンB群が不足していることがわかっています。特に、血液中の葉酸濃度が低いと、うつのリスクが高くなります。葉酸の補充療法は、うつの治療に効果的という報告が少なくないのです。
 ホウレンソウやシュンギク、モロヘイヤ、パセリなど、緑の野菜をしっかり食べてください。

乳酸菌

 腸内細菌は、ストレスに対して大きな影響力をもっています。腸と脳とは密接に関連していて、良好な腸内環境を保つことが、ストレスに強くなる方法なのです。乳酸菌やビフィズス菌の摂取は、うつ、不安、身体症状などのストレス症状をへらします。ストレスホルモン(糖質コルチコイド)が減少したという報告もあります。乳酸菌やビフィズス菌を含んだヨーグルトなどの食品や飲料をプロバイオティクスといい、腸内細菌が喜ぶオリゴ糖や食物繊維をプレバイオティクスといいます。この二つを組み合わせると、さらに効果的です。毎日欠かさず摂取することが大事です。

緑茶

 食後には緑茶を1杯飲みましょう。緑茶は、単なる嗜好品としてではなく、重要な健康増進効果をもつ飲料と考えるべきです。緑茶の味は、渋みのカテキン、苦みのカフェイン、うまみのテアニンで左右されます。カテキンは種々の生活習慣病を予防する効果があります。テアニンはリラックス効果だけでなく、近年、睡眠を改善する働きや、認知機能を改善する効果が報告されています。玉露や抹茶といった高級茶に多く含まれ、比較的低温でいれるとよく出ます。食後は1杯の緑茶を楽しみましょう。

→【主菜編】今ある「うつ」が消えていく食事 実践レシピ
→【副菜編】今ある「うつ」が消えていく食事 実践レシピ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


うつ 食事療法の種類

関連する投稿


【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきましたが、近年、男性にも起こることがわかってきました。それが「男性更年期障害」です。男性ホルモン「テストステロン」が減ることで性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。早い人は、40歳くらいから始まります。【解説】林督元(弘邦医院院長)


【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

心や体に不調のある人は、おなかをさわると、例外なく冷えています。この冷えを取り、おなかの調子を整えると、体調だけでなく心の病気も改善していきます。おなか(腸)こそ、心身の健康の根源だからです。【解説】田中保郎(元西諫早病院東洋医学センター長)


【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

耳下腺への刺激は、唾液の分泌だけでなく、ストレスを除去する働きもあります。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【医師解説】大ブームの発酵食品「生甘酒」は腸内環境改善食!甘酒との違いは?

【医師解説】大ブームの発酵食品「生甘酒」は腸内環境改善食!甘酒との違いは?

生甘酒は、酵素とビタミン(特にビタミンB群)の宝庫で、腸内環境を整えてくれます。ビタミンB群は、ホルモンの合成に欠かせない成分です。毒出し効果も高く、老廃物をスムーズに排出するので、「美肌のビタミン」ともいわれています。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【視覚を鍛える】成績が上がる!仕事の効率アップ!うつ、ボケも防ぐ目のトレーニング

【視覚を鍛える】成績が上がる!仕事の効率アップ!うつ、ボケも防ぐ目のトレーニング

見え方がよくなると、視力だけでなく、成績や仕事の効率がアップします。また、疲れにくい眼にもなります。その結果、生活が見違えるほど楽しくなったり、性格が前向きになったり、容姿まで若返ったりするなど、実践された人からは大変喜ばれています。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング