【汁物編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

【汁物編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの汁物を紹介します。【解説】功刀 浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所)


 多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。私たちの研究でも、うつ病患者と健康な人の血液サンプルを集めた結果、うつ病の人に不足しがちな栄養素がわかってきました。また、エネルギーの過剰摂取によることの多い肥満、メタボリック症候群、糖尿病などと、うつ病とは、相互にリスクを高める関係にあります。エネルギーのとりすぎにも注意が必要です。

 栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの汁物を紹介します。摂取したい栄養素のうち、それぞれの料理に含まれているものを○、特に豊富に含まれているものを◎で示しています。

→うつ病にかかわる主な栄養素と食品

タラにキムチ味がたっぷり染み込む『タラとワカメのキムチスープ』(エネルギー 48kcal、塩分 1.2g、各1人分)

[材料](2人分)
・タラ(生)…1切れ
・ワカメ(カット)…3g
・白菜キムチ…50g
・ネギ…10㎝
・Ⓐ湯…300㎖、チキンブイヨン…1/4個
・塩…少々
・コショウ…少々

作り方

❶タラは削ぎ切りにする。ワカメは水で戻す。ネギは縦4つ割りにし、5㎜幅に切る。
❷鍋にⒶを合わせ、中火で煮立てる。タラを加え、再び煮立ったら、ワカメ、キムチ、ネギの順に加え、一煮し、塩、コショウで味を調える。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ○トリプトファン ◎メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ○B12 ○葉酸
・ビタミンD
 ○ビタミンD
・脂肪酸
 ◎DHA、EPA
・ミネラル
 ◎鉄分 ○亜鉛

ボリュームたっぷりの食べるスープ『コーンと卵のスープ』(エネルギー 189kcal、塩分 1.3g、各1人分)

[材料](2人分)
・クリームコーン(缶)…200g
・卵…1個
・ニラ…3本
・Ⓐ湯…200㎖、チキンブイヨン…1/4個
・豚ひき肉…50g
・塩…少々
・コショウ…少々
・カタクリ粉…小さじ1/4

作り方

❶ニラは、細かい小口切りにする。
❷鍋にⒶを合わせ、中火で煮立てて、豚ひき肉を加える。菜ばしで手早くほぐして火をとおす。
❸あくを引き、クリームコーンを加えて、塩、コショウで味を調える。カタクリ粉を倍量の水で溶いて加え、とろみをつける。
❹煮立ったところに卵を溶いて流し入れ、さっと混ぜて火をとおす。
❺ニラを加えて、火をとおす。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ◎トリプトファン ◎メチオニン ◎チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ○B12 ○葉酸
・ミネラル
 ○鉄分 ○亜鉛

酒粕で体がポカポカ温まる『キノコの粕汁』(エネルギー 94kcal、塩分 1.1g、各1人分)

[材料](2人分)
・シメジ…80g
・シイタケ…50g
・マイタケ…100g
・酒粕…50g
・湯…50㎖
・だし汁…300㎖
・みそ…大さじ1
・万能ネギ…3本

作り方

❶シメジは石突きを取り、ほぐす。シイタケは軸を切り取り、5㎜幅に切る。マイタケは一口大に裂く。
❷酒粕は分量の湯に浸しておく。
❸鍋にだし汁を煮立て、①を加え、ふたをして3〜4分煮る。キノコがしんなりとしたら、みそ、②を溶き入れる。
❹盛りつけて、2㎝長さに切った万能ネギを散らす。

うつに効く栄養素

・ビタミンB群
 ◎B1 ◎B2 ◎B6 ○葉酸
・ビタミンD
 ○ビタミンD
・ミネラル
 ○鉄分 ○亜鉛

アサリのだしが濃厚な野菜たっぷりスープ『アサリのチャウダー』(エネルギー 231kcal、塩分 1.4g、各1人分)

[材料](2人分)
・アサリ(水煮缶)…65g
・Ⓐベーコン…15g、タマネギ…50g、セロリ…40g、ニンジン…50g
・マッシュルーム…100g
・オリーブ油…大さじ1/2
・小麦粉(ふるう)…大さじ3
・Ⓑアサリ缶の缶汁+湯…200㎖、チキンブイヨン…1/4個、ローリエ…1/2枚、タイム…少々
・牛乳…100㎖
・塩…少々
・コショウ…少々
・パセリ…少々

作り方

❶Ⓐはいずれも7〜8㎜角に切る。マッシュルームは軸を切り、4つ割りにする。
❷鍋にオリーブ油を中火で熱し、Ⓐを炒める。タマネギが透きとおったら、小麦粉を振り入れ、さらに炒める。なじんだらⒷを加え、よく混ぜる。煮立って、とろみがついたら、アサリ、牛乳を加え、一煮し、塩、コショウで味を整える。
❸盛りつけて、小さくちぎったパセリを散らす。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ○トリプトファン ○メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ○B12 ◎葉酸
・脂肪酸
 ◎DHA、EPA
・ミネラル
 ◎鉄分 ◎亜鉛

カレー風味のさっぱりスープ『ニラとトマトのカレーミルクスープ』(エネルギー 93kcal、塩分 0.7g、各1人分)

[材料](2人分)
・ニラ…50g
・トマト…250g
・オリーブ油…大さじ1/2
・カレー粉…小さじ1/2
・Ⓐ湯…200㎖、チキンブイヨン…1/4個
・牛乳…100㎖
・塩…少々
・コショウ…少々

作り方

❶ニラは5㎝幅の小口切りにする。トマトは一口大に切る。
❷鍋にオリーブ油を中火で熱し、①を炒める。トマトが崩れたら、カレー粉を振り入れて炒め、香りを立てる。Ⓐを加え、煮立てたところに牛乳を加え、塩、コショウで味を調える。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ◎トリプトファン ◎メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ○B12 ◎葉酸
・ミネラル
 ○鉄分 ○亜鉛

かすかにねっとりしたモロヘイヤが絶品『モロヘイヤと油揚げのみそ汁』(エネルギー 85kcal、塩分 1.5g、各1人分)

[材料](2人分)
・モロヘイヤ(葉)…20g
・油揚げ…1/2枚
・だし汁…300㎖
・みそ…小さじ4

作り方

❶モロヘイヤは細切りにする。油揚げは細切りにして、ひとゆでして油抜きする。
❷鍋にだし汁を入れ、中火で煮立てる。①を加え、再び煮立ったら、みそを溶き入れる。

うつに効く栄養素

・アミノ酸
 ○トリプトファン ○メチオニン ○チロシン
・ビタミンB群
 ○B1 ○B2 ○B6 ◎葉酸
・ミネラル
 ◎鉄分 ◎亜鉛

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

私は、「笑いヨガ」と出会ってから、もう6年がたちます。きっかけは、毎年参加していた「日本笑い学会」の研究発表会でした。その中で、「日本笑いヨガ協会」の代表である高田佳子さんの講演があり、初めて笑いヨガの存在を知ったのです。【解説】枝廣篤昌(豊岡台病院院長)


【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

いきなり、右の耳が聴こえなくなったのは62歳のときです。突発性難聴と診断され、すぐに入院して治療を受けところ、ほんの少しだけ音が聴こえるまでに回復しました。【体験談】橋本洋子●東京都●72歳●主婦


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


【ツボ】ストレスを解消し、うつの症状が改善する「中指の1点刺激」のやり方

【ツボ】ストレスを解消し、うつの症状が改善する「中指の1点刺激」のやり方

私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング