【医師が報告】マンモス小のインフル感染が劇的に減った!この顔体操、知ってる?

【医師が報告】マンモス小のインフル感染が劇的に減った!この顔体操、知ってる?

「インフルエンザの予防接種を受けていないから心配」「カゼをひきやすいので冬は憂うつ」このような不安を抱えている人は多いことでしょう。でも、大丈夫です。しっかり口を閉じて鼻呼吸をすると、インフルエンザやカゼは、かなりの確率で予防できるのです。口呼吸の人はぜひお試しください。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


マスクより鼻の「天然マスク」のほうが信頼できる!

インフルエンザ罹患率が 近隣で最も低かった

「インフルエンザの予防接種を受けていないから心配」「カゼをひきやすいので冬は憂うつ」このような不安を抱えている人は多いことでしょう。
 でも、大丈夫です。しっかり口を閉じて鼻呼吸をすると、インフルエンザやカゼは、かなりの確率で予防できるのです。

 グラフ①をご覧ください。これは福岡県のS小学校と、その近隣にあるほかの小学校で、2012年度に児童のインフルエンザにかかった率(罹患率)を比較したものです。

 この年、S小学校でインフルエンザにかかった児童は、500人以上いる全校生徒のうち、わずか32人(6%)でした。近隣では最も少ない罹患率となっています。

 実はこのS小学校、2008年におもしろい試みを行っています。養護教諭が、私が提唱している口の体操「あいうべ」を知り、3年生にその解説本の読み聞かせをしました。すると、その年にインフルエンザにかかった児童は、学年別に比べると、3年生が最も少なく、学級閉鎖もありませんでした。

 そこで、今度は私がS小学校で児童に直接「あいうべ」講座を実施。それが2012年9月です。講座を受けた児童は、その後、半数以上が自宅で「あいうべ」を行ったそうです。
 そして、その年の冬のインフルエンザ罹患率を示したものが、グラフ①なのです。つまり、私が「あいうべ」講座を行った年、S小学校ではインフルエンザ罹患率を近隣で最も低くおさえることができたわけです。

 もう一件、岐阜県のI小学校をご紹介しましょう。
 グラフ②を見てください。I小学校では、2011〜2013年の児童1人当たりの年間平均欠席日数が5日前後ありました。
 インフルエンザなどで休む児童が多かったということです。それが、「あいうべ」を始めた2014年はわずか1日におさえられたのです。
 このように、口の体操「あいうべ」を導入した学校では、インフルエンザの罹患率は顕著にへり、学級閉鎖も激減しています。
「あいうべ」がインフルエンザ予防に役立つことが、裏づけられたといえるでしょう。

あいうべ体操のやり方

「あいうべ」導入後の年間欠席日数の変化

鼻呼吸でウイルスの 体内への侵入を防ぐ

 では、なぜ「あいうべ」でインフルエンザが予防できるのでしょうか。
 それは、舌や口の周りの筋肉が鍛えられることで、口を閉じた状態を保て、鼻で呼吸できるようになるからです。口をしっかり閉じれば、ウイルスの体内への侵入を強力に防ぐことができます。

 鼻呼吸をすると、まず鼻毛や鼻の粘膜にある線毛がウイルスなどの小さな異物をからめ取ってくれます。ウイルスがさらに先に侵入しても、のどにあるリンパ組織が戦って防御してくれます。
 また、鼻から吸い込んだ空気は鼻の中を通ることで、温められ加湿されて、肺へと送られます。鼻汁は1日に1ℓも分泌されています。その多くが空気の加湿に使われているのです。
 ちなみに、鼻の中の湿度は75〜90%もあります。
 リンパ組織は、口呼吸による乾燥状態では本来の免疫機能を果たせませんが、鼻呼吸による加湿で、免疫機能をじゅうぶんに発揮できるのです。それに、インフルエンザやカゼのウイルスは湿度に弱く、通常50%の湿度があれば、徐々に死滅するといわれています。

 このように、「あいうべ」で鼻呼吸になれば、優れたろ過機能と加湿機能により、ウイルスの体内への侵入を防ぎ、インフルエンザやカゼに感染しにくくなるのです。
 ところで、気管支ぜんそくも口呼吸が起因となる代表的な病気です。「あいうべ」を行って口を閉じ、鼻呼吸することで、徐々に改善していきます。

 実際、「あいうべ」を始めてから、発作が起こらなくなったという患者さんは、多数いらっしゃいます。
 ぜんそくは、カゼをきっかけに悪化することもあります。カゼやインフルエンザにかからないように注意することも大事です。
 インフルエンザやカゼの予防として、外出時や睡眠時にマスクの着用をする人がいます。しかし、それだけでは、じゅうぶんな予防にはなりません。

 マスクをすると、鼻で息をするのが苦しくなり、マスクの下の口は開いてしまいます。
 前述のように、鼻で呼吸をすると鼻毛と粘膜がフィルターの役割を果たしてくれます。マスクにも多少その効果はあるかもしれませんが、鼻の粘膜が吸着するような微細な物質を、マスクだけで防ぐことは不可能だと思います。

 睡眠時には、どうしても口が開きやすく、口の中が乾燥しやすいので、「口テープ」で口をしっかり閉じることが重要です。どうしてもマスクをしたいのなら、マスクの中央を水で湿らせた「ぬれマスク」を使うといいでしょう。
 なお、インフルエンザの予防接種は、お金がかかるうえに、効果を疑問視する声も少なくありません。
 ほんとうに徹底して防ぎたいのなら、口をしっかり閉じ、鼻で呼吸することです。鼻の「天然のマスク」がいちばん信頼できます。

 1年に何度もカゼをひき、インフルエンザにもよくかかったという人が、「あいうべ」を始めてから何年も感染していないという話は、よくあることなのです。

あいうべ導入の小学校と近隣他校のインフルエンザ罹患率

今井一彰
みらいクリニック院長。NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長。1995年、山口大学医学部卒業。2006年に福岡市博多駅前にみらいクリニックを開業後、さまざまな方法を駆使しながら、薬を使わずに体を治す独自の治療を行う。「あいうべ」による息育や「足指を伸ばす」ことによる足育の普及にも力を入れている。著書に『免疫を高めて病気を治す 口の体操「あいうべ」』、監修に『足・ひざ・腰の痛みが劇的に消える「足指伸ばし」』(いずれもマキノ出版)など多数。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


免疫力 セキ あいうべ体操

関連する投稿


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


スプーン2杯の「ジンたまジャム」で 糖尿病、高血圧を撃退! 免疫力もアップ!

スプーン2杯の「ジンたまジャム」で 糖尿病、高血圧を撃退! 免疫力もアップ!

私は管理栄養士として、糖尿病をはじめとする生活習慣病の患者さんや、その予備軍の方々が、長くらくに続けられる食事療法はないかと、長年研究・工夫を重ねてきました。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

高齢者や入院患者の死因の多くを占める誤嚥性肺炎にも、歯周病が深く関係しています。誤嚥性肺炎とは、食物を食道にスムーズに送る嚥下反射や、異物が気道に入るのを防ぐセキ反射の機能が低下し、食物や異物、細菌などが気道に入って起こる肺炎です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

セキや息切れに効果のある「手の親指さすり」をご紹介します。【解説】西山 良(にしやま治療院院長)


【鍼灸師】夜間頻尿は「首の後ろ」を10円玉で刺激すれば改善する

【鍼灸師】夜間頻尿は「首の後ろ」を10円玉で刺激すれば改善する

首が人間の急所であり、重要な部位であることは、皆さんご存じでしょう。鍼灸の世界でも、首はツボや経絡(生命エネルギーである気の通り道)が密集する箇所として、重視されてきました。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング