【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


減塩で内皮細胞が元気になる!

 強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。

①塩分を減らす

 血圧が高い状態が続くと、血管に負担がかかり、内皮細胞も傷ついて働きが低下します。
 内皮細胞を元気にするには、血圧を上げる原因となる塩を控えることが大切です。
 塩を取り過ぎると、塩の主成分であるナトリウムが血液中に増加します。すると、体はナトリウム濃度を下げるために水分量を増やします。心臓は増えた血液を押し出そうと拍動を強めるので、血圧が上昇してしまうのです。

 また、ナトリウムは体組織に入り込む性質があり、増え過ぎると直接細胞を傷つけ、動脈硬化が進行します。
 食塩摂取量の目標値(成人)は、高血圧の人で1日6g未満、高血圧でない人では男性9g、女性7.5g未満です。
 減塩を実践する方法には、食塩の摂取量を減らす「攻め」と、体内から塩分を追い出す「守り」があります。

攻めの減塩

 以下の食品を控えるだけで、余分な塩分を大幅にカットできます。

 塩、しょうゆ、ドレッシング、ソースなどの調味料。干もの、カマボコなどの練り製品。珍味、漬け物、梅干し、みそ汁などの塩分の強いもの。ラーメンやうどんなどのめん類は食べる回数を減らし、スープや汁は、半分以上残しましょう。

 うす味料理で、塩分をカットすることも効果的です。

 塩分(ナトリウム)を半分ほどに減らしたしょうゆ、みそ、塩などの減塩調味料を活用し、うす味にします。だしを利かせたり、酢、レモン、カレー粉を使ったりすると、うす味でもおいしく食べることができます。

守りの減塩

 ミネラルの一種であるカリウムは、細胞内にたまったナトリウムを、腎臓から尿の中に追い出す働きがあります。
 カリウムの多い食品は、野菜、豆、キノコ、イモ類、海藻、果物、魚など。干しブドウなどのドライフルーツにも豊富に含まれています。

 カルシウムやマグネシウムなどのミネラル、水溶性の食物繊維にも、ナトリウムの排出を促す作用があります。

 カルシウムが多い食品は、乳製品、コマツナ、ダイコンの葉、小魚、豆腐など。

 マグネシウムが多い食品は、玄米、大豆、納豆、ゴマなど。

 食物繊維に富む食品は、ゴボウ、納豆、オートミール、カボチャ、キウイ、海藻、リンゴなどです。

②魚や大豆製品を食べる
 たんぱく質は、内皮細胞の新陳代謝を促します。
 お勧めのたんぱく源は、魚と大豆製品です。

 イワシ、サンマ、サバ、マグロなど青魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)など、動脈硬化を予防する脂肪酸が含まれています。

 納豆や豆腐、豆乳、厚揚げなどの大豆製品は、良質のたんぱく質に富み、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化成分も多いので動脈硬化の予防にもつながります。


③野菜をたっぷり食べる
 野菜には、塩分の排出を促すカリウム、動脈硬化を予防するビタミンCやE、ポリフェノールなどの抗酸化成分が豊富に含まれています。

 抗酸化成分に富むトマトやカボチャ、モロヘイヤなどを積極的に取りましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【新常識】名医が考案!血管を若返らせるウォーキング法はこれ

【新常識】名医が考案!血管を若返らせるウォーキング法はこれ

運動によって血流がよくなると、血流そのものが刺激になって、血管の内皮細胞が活性化します。私がお勧めする運動法を3つご紹介しましょう。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、空腹を我慢したり、栄養計算をしたりする必要がありません。食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


最新の投稿


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

電車の中などでスマホを見るときも、できるだけ目の高さ近くに持ってくるようにします。片方の手で長く持ち上げていると腕が疲れるので、逆の手でひじを支えるとらくになります。タブレット端末の大きさによりますが、小型のものならこの方法が使えます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング