【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


減塩で内皮細胞が元気になる!

 強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。

①塩分を減らす

 血圧が高い状態が続くと、血管に負担がかかり、内皮細胞も傷ついて働きが低下します。
 内皮細胞を元気にするには、血圧を上げる原因となる塩を控えることが大切です。
 塩を取り過ぎると、塩の主成分であるナトリウムが血液中に増加します。すると、体はナトリウム濃度を下げるために水分量を増やします。心臓は増えた血液を押し出そうと拍動を強めるので、血圧が上昇してしまうのです。

 また、ナトリウムは体組織に入り込む性質があり、増え過ぎると直接細胞を傷つけ、動脈硬化が進行します。
 食塩摂取量の目標値(成人)は、高血圧の人で1日6g未満、高血圧でない人では男性9g、女性7.5g未満です。
 減塩を実践する方法には、食塩の摂取量を減らす「攻め」と、体内から塩分を追い出す「守り」があります。

攻めの減塩

 以下の食品を控えるだけで、余分な塩分を大幅にカットできます。

 塩、しょうゆ、ドレッシング、ソースなどの調味料。干もの、カマボコなどの練り製品。珍味、漬け物、梅干し、みそ汁などの塩分の強いもの。ラーメンやうどんなどのめん類は食べる回数を減らし、スープや汁は、半分以上残しましょう。

 うす味料理で、塩分をカットすることも効果的です。

 塩分(ナトリウム)を半分ほどに減らしたしょうゆ、みそ、塩などの減塩調味料を活用し、うす味にします。だしを利かせたり、酢、レモン、カレー粉を使ったりすると、うす味でもおいしく食べることができます。

守りの減塩

 ミネラルの一種であるカリウムは、細胞内にたまったナトリウムを、腎臓から尿の中に追い出す働きがあります。
 カリウムの多い食品は、野菜、豆、キノコ、イモ類、海藻、果物、魚など。干しブドウなどのドライフルーツにも豊富に含まれています。

 カルシウムやマグネシウムなどのミネラル、水溶性の食物繊維にも、ナトリウムの排出を促す作用があります。

 カルシウムが多い食品は、乳製品、コマツナ、ダイコンの葉、小魚、豆腐など。

 マグネシウムが多い食品は、玄米、大豆、納豆、ゴマなど。

 食物繊維に富む食品は、ゴボウ、納豆、オートミール、カボチャ、キウイ、海藻、リンゴなどです。

②魚や大豆製品を食べる
 たんぱく質は、内皮細胞の新陳代謝を促します。
 お勧めのたんぱく源は、魚と大豆製品です。

 イワシ、サンマ、サバ、マグロなど青魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)など、動脈硬化を予防する脂肪酸が含まれています。

 納豆や豆腐、豆乳、厚揚げなどの大豆製品は、良質のたんぱく質に富み、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化成分も多いので動脈硬化の予防にもつながります。


③野菜をたっぷり食べる
 野菜には、塩分の排出を促すカリウム、動脈硬化を予防するビタミンCやE、ポリフェノールなどの抗酸化成分が豊富に含まれています。

 抗酸化成分に富むトマトやカボチャ、モロヘイヤなどを積極的に取りましょう。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【新常識】名医が考案!血管を若返らせるウォーキング法はこれ

【新常識】名医が考案!血管を若返らせるウォーキング法はこれ

運動によって血流がよくなると、血流そのものが刺激になって、血管の内皮細胞が活性化します。私がお勧めする運動法を3つご紹介しましょう。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、空腹を我慢したり、栄養計算をしたりする必要がありません。食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング