【新常識】名医が考案!血管を若返らせるウォーキング法はこれ

【新常識】名医が考案!血管を若返らせるウォーキング法はこれ

運動によって血流がよくなると、血流そのものが刺激になって、血管の内皮細胞が活性化します。私がお勧めする運動法を3つご紹介しましょう。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


大またで歩くのがポイント

 運動によって血流がよくなると、血流そのものが刺激になって、血管の内皮細胞が活性化します。
 以下で、私がお勧めする運動法を3つご紹介しましょう。

「強い血管」をつくる運動習慣

➊ウオーキング
 ウオーキングを行うことで血流がよくなり、内皮細胞によい刺激が加わり、血管が活性化される。

➋ストレッチ
 筋肉を伸ばすストレッチで血管の柔軟性も高まり、体の外側と内側の両方からの老化予防効果が期待できる。

➌筋力トレーニング
 加齢により衰えがちな筋肉を鍛えることで、運動機能と血流が高まり、血管病の予防効果が期待できる。

島田流ウオーキング

 ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動は、筋肉に酸素をたっぷり取り込むため、心臓や肺の働きが活発になり、血液循環もよくなります。
 ウオーキングは体への負担が軽く、脂肪燃焼効果、動脈硬化予防に働く善玉コレステロールを増やす効果が得られ、血管ケアにうってつけです。

 健康で長生きするための運動の目安は、「1日1万歩」といわれますが、運動習慣がない人がいきなり1万歩を目指すのは難しいと思います。
 歩数計を用意して、普段の歩数を増やすことから始めましょう。理想は毎日歩くことですが、難しいようなら週3〜4日以上を目標にしてください。

 私は、出勤前のウオーキングを日課としており、7000歩を目安に続けています。かくいう私も、40歳になるまでは多忙を理由に生活が不規則になり、おなか周りが目立った時期がありました。それも、私流のウオーキングを20年以上続けたおかげでメタボにならず、血圧や血液検査の数値も正常を保っています。

【姿勢の取り方】
・背すじをまっすぐ伸ばし、体が上下に揺れないように歩く。
・肩の力を抜き、腕を直角くらいに曲げ、自然に振る。
・着地はかかとから行う。かかとから親指側に体重を移動して、親指側で地面を蹴る。
・あごを軽く引き、まっすぐ前を見て歩く。
・おなかから正面に進んでいくイメージで歩く。
・ひざを曲げ過ぎず、伸ばすイメージで歩く。
・「自分の身長−100㎝」くらいの歩幅(大また)を目安に。

下半身の2分ストレッチ

 筋肉を伸ばしたり、縮ませたりするときに、一緒に血管も動きます。血管の柔軟性が回復し、血流もよくなって内皮細胞によい刺激を与えます。

【太ももの前面を伸ばす】
①壁に対して横向きに立ち、右手を壁に当てて、体を支える。
②左手で左足首を持ち上げて、お尻に近づける。その状態を15秒維持したら、ゆっくりと左足を下ろす。
③反対側も同様に行う。
※持ち上げた側のひざが、もう一方のひざより、やや後方にくるようにすれば、より効果的。

【腰と太ももの後ろを伸ばす】
①壁の正面に向かって立ち、左手を壁に当てて体を支える。
②右手で右足を抱えて、太ももを胸に近づける。その状態を15秒維持したら、ゆっくりと足を下ろす。
③反対側も同様に行う。
※顔を正面に向けて、背すじも伸ばす。

【ふくらはぎを伸ばす】
①右足が前、左足が後ろになるように、両足を前後に開く。手は、右足のひざに置く。
②体重を右足にかけながら、右ひざを曲げ、左足のふくらはぎを伸ばし、その状態を15秒維持する。
③反対側も同様に行う。
※顔を正面に向けて、背すじも伸ばす。
※後ろ足は、足裏を床につけて、かかとが上がらないようにする。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【医師解説】疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

【医師解説】疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

動脈は外膜、中膜、内膜の3層から成り、血管壁をつくり上げています。外膜は血管を守る保護層、中膜は血管の拡張と収縮にかかわる層、内膜は薄い線維成分と内皮細胞から成ります。血管を強くする決め手となるのが、この内皮細胞です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


「早歩き」と「ゆっくり歩き」を交互に繰り返すと、なぜ痩せるのか?

「早歩き」と「ゆっくり歩き」を交互に繰り返すと、なぜ痩せるのか?

私が考案した「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。それ以来、何度かテレビで紹介されているので、ご存じのかたもいらっしゃるでしょう。【解説】能勢 博(信州大学大学院医学系研究科教授)


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング