【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

血管の品質管理こそ、健康長寿の鍵――。これは、私が長年、老化の原因について研究を重ねてたどりついた結論です。血管は、全身に張り巡らされた運河のようなものです。長さは、10万kmにも及びます。【解説】井上正康(健康科学研究所所長・大阪市立大学医学部名誉教授)


いつでも、どこでも簡単にできる!

 血管の品質管理こそ、健康長寿の鍵――。これは、私が長年、老化の原因について研究を重ねてたどりついた結論です。

 血管は、全身に張り巡らされた運河のようなものです。長さは、10万㎞にも及びます。
 心臓から押し出された血液は、動脈を経て、体の隅々にまで栄養や酸素を運びます。一方、体内で不要となった二酸化炭素や老廃物は、静脈を通して心臓へ回収されます。
 このようなよどみない血液(水)の流れは、全身の約60兆個の細胞を若々しく保ってくれますが、それも、健康な血管(運河)があってこそです。

 しかし、私たちの血管は年齢とともにしなやかさを失い、そこを流れる血液はスムーズに流れにくくなる運命にあります。
 これが、糖尿病や高血圧、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)などをはじめとする、多くの病気の原因となっているのです。
 血管の老化を防ぐには、筋肉をよく動かすことが有効です。筋肉を動かせば、その周辺にある血管が適度にしごかれ、丈夫になるからです。

 しかし、中高年者が継続的に筋力トレーニングを行うのは、時間的にも体力的にも難しいでしょう。
 そこで私は、血管の老化が加速し始める中高年者が、「いつでも」「どこでも」「簡単に」できる健康法を勧めています。それが、「動脈マッサージ」です。

 これは、体内の動脈を、体の「外」から直接マッサージする方法です。手のひらや指先を使って、皮膚や筋肉を押したりしごいたりして刺激します。

 動脈マッサージをすると、主要な太い動脈から枝分かれしている中~小動脈、そして末端の細動脈までが刺激されます。
 そして、それらの動脈にまとわりついている血管拡張神経(血流を調整する自律神経の一種)が反応し、血流がぐんとよくなるのです。さらに、血管壁の新陳代謝を促して、動脈硬化の予防効果も高まります。

 この、動脈を直接マッサージする健康法を最初に考案したのは、私の恩師で細胞病理学の世界的権威でもあった故・妹尾左知丸先生(岡山大学名誉教授)です。
「血管を鍛えれば、生活習慣病は予防できる」との考えのもと、動脈マッサージを毎日実行。92歳で亡くなられる直前まで、「健康長寿で生涯現役」を実現されておられました。

 一方、私は岡山大学の大学院卒業後から、「活性酸素と病気の関係」を研究テーマにしてきました。
 その中で、しなやかさを失った血管に刺激を与え、ほぐすことで、活性酸素(血管を傷つけ老化やガン化を促す物質)の増加が抑えられることを発見。血管をほぐすことこそが老化予防の近道となる、という結論に至ったのです。
 別々の分野で研究を続けてきた師弟が、こうして、同様の結論に達したことを感慨深く思っています。

腰痛やひざ痛、不妊症にも効果!

 2011年には、NHKの健康番組『ためしてガッテン』に出演し、動脈マッサージの効果を検証しました。
 血圧が高めな参加者20人に協力してもらい、約3週間、毎日15分の動脈マッサージをするようしたところ、動脈マッサージをしたグループは、していないグループに比べて、平均8・6㎜Hgも下がっていることがわかったのです。

 実際に、私が知る患者さんの中には、血圧が下がって降圧剤(血圧を下げる薬)が不要になったり、糖尿病が改善したり、腰痛やひざ痛が治ったりしている人が数多くいらっしゃいます。
 また近年では、そけい部や下肢(足)への動脈マッサージが不妊症に効果がある、ということがわかってきました。

 下肢の血流は、骨盤内の外腸骨動静脈という重要な血管とつながっていますが、その外腸骨動静脈は、赤ちゃんを産むための大切な臓器である、卵巣に接しています。
 動脈マッサージを行うことで骨盤内の血流量が増え、適切な体温に保たれた卵巣は、その機能を正常化させていくのです。

 いつでも、どこでも、誰にでも簡単にできる動脈マッサージ。いつまでも若々しく、健康でいられるための老化予防法です。ぜひとも、毎日の習慣にしてください。

井上正康
1945年生まれ。1974年、岡山大学大学院(病理学)終了。米国アルバード アインシュタイン医科大学客員準教授(内科学)、熊本大学医学部助教授(生化学)、米国タフト大学医学部客員教授(分子生理学)、大阪市立大学医学部教授を経て、2011年より現職。健康科学研究所所長。著書に『活性酸素と医食同源』(共立出版)、『血管ほぐし健康法』(角川SSC)などがある。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

温熱療法は正しく行えば、体の痛みやこり、疲労の解消に役立つばかりか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらには精神疾患にも有効です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

【医師解説】9割の患者さんの血糖値が改善!高血圧にも効果大のタマネギ氷

タマネギの成分が健康にもたらす効果は、さまざまな研究により明らかです。特に、血液や血管系の病気、糖尿病には絶大な力を発揮し、「食べる薬」といっても過言ではありません。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング