【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

高齢者の夜間頻尿ですが、実はその原因の多くが、日中の「水の飲み過ぎ」によるものなのです。年を取ると、唾液の分泌が減ってのどが渇きやすくなり、脱水症状を恐れて必要以上に水を飲む高齢者が増えて、それが夜間の頻繁な排尿につながっている、というわけです。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長・日本排尿機能学会理事)


始めたその晩からトイレの回数が減る

 毎晩、睡眠中に何度もトイレに起きるのは、本人にとってはとてもつらいことです。
 夜間頻尿は、年齢が上がるにつれて、悩んでいる人が増加する傾向にあります。海外の研究機関が先進各国の高齢者にアンケートを取った結果でも、日ごろ「つらい」と感じる症状の第1位が、この夜間頻尿なので
す。

 また、スウェーデンの研究機関が行った調査では、夜間頻尿のある人は、それがない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく、生存率が低いこともわかっています。
 私も、泌尿器科の医師として、夜間頻尿の患者さんを多く診てきましたが、確かに血管疾患を抱えている例が少なくありません。

 そんな高齢者の夜間頻尿ですが、実はその原因の多くが、日中の「水の飲み過ぎ」によるものなのです。
 年を取ると、唾液の分泌が減ってのどが渇きやすくなり、脱水症状を恐れて必要以上に水を飲む高齢者が増えて、それが夜間の頻繁な排尿につながっている、というわけです。

 残りの原因としては、さまざまなケースが考えられますが、一つは、年齢とともに血管から血液中の水分がもれやすくなることで浮腫(むくみ)ができ、それが体内水分量の増加を招き、結果として尿量の増加を促進しているケースです。加齢により、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌が低下し、目が覚めやすくなっているという実態もあります。

 高血圧も、夜間頻尿に影響しています。高血圧の中でも、早朝や夜間に血圧が上がるタイプの人は要注意です。就寝中でも血圧が上昇するときには、カテコラミンという神経伝達物質の分泌量が上昇していますが、この物質が尿意を促進するために、これが夜間頻尿につながっているわけです。

 また、冒頭でも触れたとおり、自覚症状のない「隠れ心臓病」が夜間頻尿を引き起こしている場合もあります。
 心不全になると、日中は血液が心臓へ戻りづらくなり、心臓に負担がかかります。すると、心臓が少しでも血液を減らそうとし、BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)という利尿ホルモンを分泌するため、夜間の尿量が増えるのです。

 このように、さまざまな原因が絡む夜間頻尿ですが、まずは患者さんに、水分の取り過ぎを見直してもらうことから治療は始まります。それでも改善しない場合は、利尿作用(尿の出をよくする働き)のある薬剤や、頻尿治療薬を飲んでもらう、という流れです。
 そして最近では、この夜間頻尿のセルフケアとして、自宅で行える簡単な体操を勧めるようにしています。それが、「ゴキブリ体操」です。

 ゴキブリ体操は、あおむけに寝て、手足を上に上げて微振動させるものですが、高齢者になると、なかなか足が上がらないものです。その場合は、壁やイス、クッションなどを使って足を上げる姿勢をするだけでも構いません。

→ゴキブリ体操のやり方はこちら

 夜間頻尿の患者さんの中には「こんなものでよくなるのか」と、半信半疑な顔をされる人も多いですが、これまでに勧めた多くの患者さんが、始めたその晩からトイレに起きる回数が減った、と言っています。
 確実に効果を得るためには、就寝する3~4時間前にゴキブリ体操を行ってください。できれば、「足上げ姿勢」を30分以上続けるのが理想的です。苦痛のない範囲で、両足をなるべく高く上げるのもポイントです。

 足を心臓より高く上げる姿勢を取ることを習慣にすると、日中、足にたまった水分を、体のほかの部位にまんべんなく分散させることができます。

 一度、その状態にしてから就寝すれば、滞っていた血液が心臓に一気に戻ることはなくなり、夜間に尿が必要以上に作られることがなくなります。睡眠中に何度も排尿で目が覚めることが減少するわけです。

 また、ゴキブリ体操による足上げ姿勢は、夜間就寝中の心臓への負担を減らすため、「隠れ心臓病」による心不全の防止にも一定の効果を期待できるでしょう。
 実は現在、夜間頻尿に対するゴキブリ体操の効果を確認するために、私が研究の責任者になって、沖縄の3病院と京都の病院で、臨床試験を始めているところです。

 ゴキブリ体操は、夜間頻尿でつらい思いをされている人はもちろん、心臓への負担が心配な人も、ぜひ試されてみることをお勧めします。

菅谷公男
1981年、筑波大学医学専門学群卒業。筑波大学附属病院、秋田大学医学部、旭川医科大学、ピッツバーグ大学医学部客員助教授、琉球大学医学部准教授を経て、2009年より現職。尿の出の悪さ、頻尿や尿もれ、膀胱の痛みといった排尿障害の治療が専門。テレビ『ためしてガッテン』(NHK総合)などで活躍中。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

私は、女性専門の出張整体をしていますが、年齢を問わず多いのが、尿のトラブルです。その原因の一つに、骨盤のゆがみがあります。【解説】山本あやの(出張整体「ゆくり」代表・整体師)


【医師解説】手術する前に!足の血管のボコボコ「下肢静脈瘤」は自分で治せる

【医師解説】手術する前に!足の血管のボコボコ「下肢静脈瘤」は自分で治せる

足の血管が浮き出て、こぶ状にふくらみ、痛みや重だるさ、潰瘍などを伴う「下肢静脈瘤」。とくに女性にとっては、見た目的にも気になるものです。一般的には「手術で治す病気」とされていますが、重度のものでない限り、自分で改善することができます。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

夜間頻尿の患者さんへのセルフケアとして、日中に着用する「弾性ストッキング」を勧めています。女性だけでなく、男性にもおすすめです。2週間もすると、多くの患者さんが、足のむくみが改善され、足が軽くなり、夜間の尿量も減少。体調がよくなり、手放せなくなるようです。【解説】曽根淳史(宮津康生会宮津武田病院院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング