【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

高齢者の夜間頻尿ですが、実はその原因の多くが、日中の「水の飲み過ぎ」によるものなのです。年を取ると、唾液の分泌が減ってのどが渇きやすくなり、脱水症状を恐れて必要以上に水を飲む高齢者が増えて、それが夜間の頻繁な排尿につながっている、というわけです。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長・日本排尿機能学会理事)


始めたその晩からトイレの回数が減る

 毎晩、睡眠中に何度もトイレに起きるのは、本人にとってはとてもつらいことです。
 夜間頻尿は、年齢が上がるにつれて、悩んでいる人が増加する傾向にあります。海外の研究機関が先進各国の高齢者にアンケートを取った結果でも、日ごろ「つらい」と感じる症状の第1位が、この夜間頻尿なので
す。

 また、スウェーデンの研究機関が行った調査では、夜間頻尿のある人は、それがない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく、生存率が低いこともわかっています。
 私も、泌尿器科の医師として、夜間頻尿の患者さんを多く診てきましたが、確かに血管疾患を抱えている例が少なくありません。

 そんな高齢者の夜間頻尿ですが、実はその原因の多くが、日中の「水の飲み過ぎ」によるものなのです。
 年を取ると、唾液の分泌が減ってのどが渇きやすくなり、脱水症状を恐れて必要以上に水を飲む高齢者が増えて、それが夜間の頻繁な排尿につながっている、というわけです。

 残りの原因としては、さまざまなケースが考えられますが、一つは、年齢とともに血管から血液中の水分がもれやすくなることで浮腫(むくみ)ができ、それが体内水分量の増加を招き、結果として尿量の増加を促進しているケースです。加齢により、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌が低下し、目が覚めやすくなっているという実態もあります。

 高血圧も、夜間頻尿に影響しています。高血圧の中でも、早朝や夜間に血圧が上がるタイプの人は要注意です。就寝中でも血圧が上昇するときには、カテコラミンという神経伝達物質の分泌量が上昇していますが、この物質が尿意を促進するために、これが夜間頻尿につながっているわけです。

 また、冒頭でも触れたとおり、自覚症状のない「隠れ心臓病」が夜間頻尿を引き起こしている場合もあります。
 心不全になると、日中は血液が心臓へ戻りづらくなり、心臓に負担がかかります。すると、心臓が少しでも血液を減らそうとし、BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)という利尿ホルモンを分泌するため、夜間の尿量が増えるのです。

 このように、さまざまな原因が絡む夜間頻尿ですが、まずは患者さんに、水分の取り過ぎを見直してもらうことから治療は始まります。それでも改善しない場合は、利尿作用(尿の出をよくする働き)のある薬剤や、頻尿治療薬を飲んでもらう、という流れです。
 そして最近では、この夜間頻尿のセルフケアとして、自宅で行える簡単な体操を勧めるようにしています。それが、「ゴキブリ体操」です。

 ゴキブリ体操は、あおむけに寝て、手足を上に上げて微振動させるものですが、高齢者になると、なかなか足が上がらないものです。その場合は、壁やイス、クッションなどを使って足を上げる姿勢をするだけでも構いません。

→ゴキブリ体操のやり方はこちら

 夜間頻尿の患者さんの中には「こんなものでよくなるのか」と、半信半疑な顔をされる人も多いですが、これまでに勧めた多くの患者さんが、始めたその晩からトイレに起きる回数が減った、と言っています。
 確実に効果を得るためには、就寝する3~4時間前にゴキブリ体操を行ってください。できれば、「足上げ姿勢」を30分以上続けるのが理想的です。苦痛のない範囲で、両足をなるべく高く上げるのもポイントです。

 足を心臓より高く上げる姿勢を取ることを習慣にすると、日中、足にたまった水分を、体のほかの部位にまんべんなく分散させることができます。

 一度、その状態にしてから就寝すれば、滞っていた血液が心臓に一気に戻ることはなくなり、夜間に尿が必要以上に作られることがなくなります。睡眠中に何度も排尿で目が覚めることが減少するわけです。

 また、ゴキブリ体操による足上げ姿勢は、夜間就寝中の心臓への負担を減らすため、「隠れ心臓病」による心不全の防止にも一定の効果を期待できるでしょう。
 実は現在、夜間頻尿に対するゴキブリ体操の効果を確認するために、私が研究の責任者になって、沖縄の3病院と京都の病院で、臨床試験を始めているところです。

 ゴキブリ体操は、夜間頻尿でつらい思いをされている人はもちろん、心臓への負担が心配な人も、ぜひ試されてみることをお勧めします。

菅谷公男
1981年、筑波大学医学専門学群卒業。筑波大学附属病院、秋田大学医学部、旭川医科大学、ピッツバーグ大学医学部客員助教授、琉球大学医学部准教授を経て、2009年より現職。尿の出の悪さ、頻尿や尿もれ、膀胱の痛みといった排尿障害の治療が専門。テレビ『ためしてガッテン』(NHK総合)などで活躍中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

日本人の生活が欧米化し、日常的に足の指を頻繁に使わなくなったことは、体に大きな影響をもたらします。足の指は、下肢の血液循環の折り返し地点だからです。代表的な症状の一つが、頻尿や尿もれなどの泌尿器の症状です。ご紹介する「足の指立て」で多くの方が夜間頻尿から解放されています。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

年を取ってから、夜中に何度もトイレに起きるようになった、という人も多いのではないでしょうか。このような夜間頻尿の原因として考えられるのは、加齢による腎臓や膀胱の働きの衰えのほか、男性の場合は前立腺肥大、女性では膀胱炎や冷え症などでしょう。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

女性が膀胱炎や頻尿、尿失禁などに悩んでいる場合、骨盤が冷えているケースが多いものです。というのも、骨盤の冷えは、これらの泌尿器系の疾患を引き起こす誘因の一つであるからです。症状を悪化させる原因の一つは、冷えにあります。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長)


【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

「骨盤カイロ」を実践して、体調が改善した例をご紹介しましょう。まず、57歳の女性Aさんです。Aさんは、ある日突然、足が上がらなくなり、歩けなくなりました。検査の結果、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを併発していることが判明しました。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


最新の投稿


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

電車の中などでスマホを見るときも、できるだけ目の高さ近くに持ってくるようにします。片方の手で長く持ち上げていると腕が疲れるので、逆の手でひじを支えるとらくになります。タブレット端末の大きさによりますが、小型のものならこの方法が使えます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング