【自分で治せる】坐骨神経痛の症状に即効!使い捨てカイロはここに貼れ

【自分で治せる】坐骨神経痛の症状に即効!使い捨てカイロはここに貼れ

脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛と足の痛み、しびれです。足の痛みは、いわゆる座骨神経痛で、休みながらでないと歩けなくなるのが特徴です。とはいえ、それらの症状の原因は、すべて脊柱管の狭窄による神経の圧迫にあるのでしょうか。そうではありません。「冷え」も大きな原因となっているのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


骨盤の仙腸関節に使い捨てカイロを貼ればよい

【関連記事】坐骨神経痛の「寝るだけ・伸ばすだけ」簡単体操

 脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛と足の痛み、しびれです。足の痛みは、いわゆる座骨神経痛で、休みながらでないと歩けなくなるのが特徴です。

 とはいえ、それらの症状の原因は、すべて脊柱管の狭窄による神経の圧迫にあるのでしょうか。確かに、脊柱管の狭窄という器質的障害も、痛みやしびれを引き起こす原因の一つかもしれません。しかし、もしほんとうに脊柱管の狭窄だけが原因だとしたら、脊柱管を広げる手術で症状も消失するはずです。

 ところが、代替医療(現代の西洋医学以外の医療の総称)を行う当院には、「手術をしたのに、しびれは残った」と訴え、来院される脊柱管狭窄症の患者さんもおられます。「手術を受けたくない」と受診される患者さんばかりではないのです。
 そこで、私が第2の原因として注目しているのが、体の冷えです。実際、あらゆる体の痛みには、多かれ少なかれ、冷えの影響が存在しています。脊柱管狭窄症の患者さんも、脊椎管の狭窄という器質的素因に、冷えによる痛みやしびれが重なり、症状を悪化させているようです。
 そして、その冷えによる痛みとしびれの診断・治療を同時に行うことができるのが、以下にご紹介する「骨盤カイロ」です。

 冷えによる痛みやしびれは、体を温め、血流を活発にすることで改善します。カイロで体を継続的に温めることは、その最も簡単な治療法です。その際、冷えの影響の強い人ほど、カイロの熱で温まる体を心地よいと感じるはずです。

 一方、冷えがないところにカイロを貼れば、その過剰な熱を体は不快に感じます。骨盤カイロを試して症状が改善しない、あるいは熱くて耐えられないなら、その人の痛みやしびれの原因は、脊柱管の狭窄を否定できないことになります。
 ただし、正しい診断を下すには、どこを温めるかも大切です。
 事実、腰痛を抱える患者さんで冷えを自覚し、カイロを利用されているにもかかわらず、満足のいく効果が得られていないかたが目立ちます。その多くは、実際に痛みを感じる場所、すなわちウエストから上にカイロを貼っているケースです。

 実は、痛みを感じる場所と、痛みを引き起こしている場所は、必ずしも一致するわけではありません。痛みやしびれを引き起こしている大本は腰ではなく、多くは腰の下の骨盤上にあります。骨盤を構成する腸骨と仙骨の連結部となる、仙腸関節がそのポイントです。

1〜2時間で効果を実感できる!

【関連記事】坐骨神経痛にすぐ効く「鼠径部押し」

 背骨と足の骨をつなぐ骨盤は、体の土台となる骨の集まりです。その骨盤が機能するうえで、重要な役割を果たしているのが仙腸関節です。
 というのも、仙腸関節は全身の関節の動きと関係し、その動きが悪いと、全身の関節の動きが悪くなります。こうして体のバランスがくずれ、筋肉の過度な緊張から、血流が妨げられた結果として、冷えによる痛みやしびれが生じるのです。

 この仙腸関節の動きを、温熱刺激によって回復させていくのが、骨盤カイロの目的です。つまり、仙腸関節が尾てい骨の上の仙骨の両わきにあるため、骨盤カイロでは、カイロをウエストより上ではなく、ウエストからお尻にかけて貼る必要があるわけです。
 その際、脊柱管狭窄症などで座骨神経痛が出ている人は、使い捨てカイロを2枚、縦に並べて貼るのがよいでしょう。というのも、座骨神経の一部は仙骨から足へと下っています。座骨神経痛の症状を取るには、仙骨、仙腸関節とともに、その周囲を広範囲に温めたほうがより効率的と考えられるからです。

 さらに、骨盤カイロに追加する形でなら、実際に痛みを感じる腰や足にもカイロを貼ってかまいません。各自、より症状が楽になる方法を工夫してください。

 骨盤カイロは、非常に即効性に優れた治療法でもあります。その症状に冷えが関係していれば、カイロを貼った1〜2時間後には、痛みやしびれが楽になってきたのを実感できるはずです。
 1年前に「脊柱管狭窄症で腰が痛く、足もしびれてつらい」と来院されたAさん(70歳・男性)も、骨盤カイロの効果が強力に発揮された一人です。指導後の再診日には、「カイロを貼っていれば痛みもしびれも感じない。おかげで歩けるようになった」と満面の笑顔で報告してくれました。

 皆さんも、ぜひ骨盤カイロを試して、その効果を確認してください。
 ただし、カイロの使用に当たっては、低温ヤケドに対する注意が必要です。素肌に直接貼るのは厳禁。肌着を2枚以上重ねた上に貼りましょう。

 また、実際に低温ヤケドを起こしやすいのは、夜、寝ているときです。寝ている間はカイロの使用を避けるか、日中よりもさらに衣類を厚くして、温度を調節してください。熱による皮膚の乾燥が気になる場合は、カイロが当たる部分の皮膚に、保湿効果のあるクリームやワセリンを塗って保護するといいでしょう。

【坐骨神経痛】痛みやしびれに この運動療法

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

患者さんの中には操体法を実践して、更年期障害によるほてりや多汗、ひざ痛、腰痛、五十肩、また加齢性の難聴まで軽快した人もいます。脳梗塞の後遺症がある人は、通常のリハビリは痛くてできないと操体を実践し、可動域が上がりました。【解説】永島知子(ながしまクリニック院長)


脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「バタ足体操」 腰痛教室で効果続出!

脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「バタ足体操」 腰痛教室で効果続出!

脊柱管狭窄症は、背骨の神経の通り道である脊柱管が、なんらかの原因で狭くなって神経を圧迫し、痛みやしびれの出る病気です。しかし、ただ脊柱管が狭くなっているだけではありません。脊柱管の中の静脈や神経がうっ血して(浮腫んで)いるのです。【解説】佐藤勝彦(一般財団法人大原記念財団大原綜合病院院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

私のもとには腰痛やひざ痛、股関節痛などの患者さんが数多くいらっしゃいます。最近、特に増えてきたのが脊柱管狭窄症による痛みやしびれを訴えるかたです。治療の補助として行う寝ながら体操で、実際に脊柱管狭窄症の症状から解放された患者さんの例をいくつかご紹介します。【解説】西本直(Conditioning Studio操主宰)


最新の投稿


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)