瞬時に体温を上げるスーパーレシピ『カレースープ』で背骨も筋肉も強化できる

瞬時に体温を上げるスーパーレシピ『カレースープ』で背骨も筋肉も強化できる

加齢によって背骨がもろくなると、脊髄の神経を包囲している脊柱管が狭まってきて、脊柱管狭窄症を引き起こしやすくなります。脊柱管狭窄症になると、神経が圧迫されて、しだいにうっ血状態を起こし、脊髄につながっている血流の悪化を招くことから、痛みやしびれが現れてくるのです。【解説】丁 宗鐡(日本薬科大学学長・医学博士)


瞬時に体温が上がり長時間温まる!

 加齢によって背骨がもろくなると、脊髄の神経を包囲している脊柱管が狭まってきて、脊柱管狭窄症を引き起こしやすくなります。脊柱管狭窄症になると、神経が圧迫されて、しだいにうっ血状態を起こし、脊髄につながっている血流の悪化を招くことから、痛みやしびれが現れてくるのです。

 また、脊柱管狭窄症は、筋肉が衰えた人も陥りやすい症状です。なぜなら、筋肉が少なくなれば、当然ながら血流が不足してくるからです。

 さらに、脊柱管狭窄症には肥満も禁物です。体が重くなると腰への負担が大きくなり、腰部脊柱管狭窄症を起こしやすくなります。
 したがって、脊柱管狭窄症を予防・改善するためには、長期的な観点からいえば、血流を改善し、骨や筋肉を強化することが必要です。また、短期的に注意するべきなのは、肥満を防止するということです。

 まず、血流の改善ですが、全身をしっかりと温めて、体の深部温度を高めるということが大切です。深部温度が高まれば、血液の循環がよくなりますし、代謝がアップして肥満防止にもつながります。
 そこで、ぜひともお勧めしたいのが「カレースープ」です。

 カレーには、血行をよくし、新陳代謝を高める作用のあるスパイスが豊富に含まれています。そのため、カレーを食べると瞬時に体温が上がり、長時間にわたって体を温めてくれるのです。

 特に、このカレースープは、朝食時にとるといいでしょう。朝は、1日の始まりですから、代謝を上げるなら朝が最も効果的です。スパイスで体が温まれば、朝から心身が活動的になり、やる気もわいてくるでしょう。

 そして、朝から代謝が活発になれば、体内の細胞の働きが高まり、胃腸や肌の調子を整えて、免疫力を向上させる効果も期待できます。

 カレースープの作り方は、実にシンプルです。魚や肉、野菜など、好みの具材をゴマ油などで炒めて、水を加えてコンソメスープや塩・コショウで味を調えるだけです。基本的には、みそ汁を作る要領でかまいません。みそを入れる代わりに、カレー粉を入れれば簡単に作ることができます。

松前漬やイカの塩辛はカルシウムが豊富

 さて、カレースープのほかにも、お勧めの食材があります。 脊柱管狭窄症を防ぎ治すため、体を温めるうえで役立つのは、紅茶などのお茶を飲むこと。シナモン、ガラムマサラ、ショウガなどの香辛料を入れるのもよい方法です。

 また、骨や筋肉の強化に役立つ食品としては、ビタミン類がバランスよく含まれているものがベストです。そういう意味でお勧めなのが、発酵食品です。
 発酵食品にはいろいろありますが、代表的なものが漬物です。漬物といえば、野菜が材料のものを思い浮かべるでしょうが、脊柱管狭窄症の改善のためには、「動物性の漬物」を食べるといいでしょう。これは、骨と筋肉を丈夫にするカルシウムが豊富だからです。

 日本には、動物性の漬物がいろいろあります。松前漬けやイカの塩辛も伝統的な漬物です。また、肉をみそ漬けにしたり、魚を粕漬けにしたりするのもポピュラーな食べ方です。こうした動物性の漬物を積極的にとりましょう。
 ただし、これらの食品の難点は塩分が多いことです。そこで、塩抜きをして食べたり、薄味の野菜の漬物と混ぜたりするなどの工夫をしてください。

 さて、骨を丈夫にするには、ビタミンDも不可欠です。
 ビタミンDを多く含む食品としては、シラス、サケ、イワシ、ウナギ、ニシンなどの魚類や、キクラゲ、シイタケなどのキノコ類が挙げられます。
 以上に紹介した食品を、日常の食生活に取り入れて、予防や改善に役立ててください。

丁 宗鐡
1947年、東京都生まれ。横浜市立大学医学部卒。医学博士。現在、漢方相談百済診療所院長。北里研究所東洋医学総合研究所基礎研究部部長を経て、日本薬科大学学長。日本東洋医学会専門医・指導医、東亜医学協会理事、日本未病システム学会理事。『「カレーを食べる」と病気はよくなる』(マキノ出版)ほか、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【手術を回避】脊柱管狭窄症の痛みやしびれに "かかと落とし" で症状が改善

【手術を回避】脊柱管狭窄症の痛みやしびれに "かかと落とし" で症状が改善

腰の痛みを感じるようになり整形外科を受診してMRIなどの検査を受けたところ、「脊柱管狭窄症」と診断されました。病院からもらっていた薬をうっかり切らしてしまった時、激痛が戻ってきました。「薬は対症療法にすぎず、根本的な治療にはなっていない」と気づかされたのでのです。【体験談】辻英夫(大阪府・71歳会社員)


【脊柱管狭窄症の改善】足に電気が走るような激痛が1円玉をはったら和らいだ

【脊柱管狭窄症の改善】足に電気が走るような激痛が1円玉をはったら和らいだ

立ち仕事も多いせいで、ひどい腰痛に悩まされてきました。痛みに耐えられず、何度か通院すると脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病気)でもあると判明しました。痛み止めの飲み薬も処方されたのですが副作用が強くて飲み続けることができませんでした【体験談】深澤啓子(自営業・67歳)


【改善しない脊柱管狭窄症】原因は「仙腸関節」 不要な手術や注射は回避できる!

【改善しない脊柱管狭窄症】原因は「仙腸関節」 不要な手術や注射は回避できる!

脊柱管狭窄症は、一般に、脊柱管という神経の通り道が加齢によって狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病気とされています。私のクリニックにも足腰の痛み・しびれに悩む方がよくいらっしゃいます。私たちが行っている『AKAー博田法』という手技療法をご紹介しましょう。【解説】住田憲是(望クリニック院長)


【1円玉療法】のやり方 ー 脊柱管狭窄症

【1円玉療法】のやり方 ー 脊柱管狭窄症

手術費が高額で、たとえ手術をしても鈍痛やだるさが取れないこともあるのが、脊柱管狭窄症の厄介なところです。1円玉をはって、手術やマッサージでも消えないような、つらい脊柱管狭窄症の痛みを忘れられたという声や、術後に生じるひざのだるさが消えたなど、ありがたい感想をたくさん頂いております【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

腰痛は、安静にしているとよけい悪くなります。大事なことは、局部を安静にしながら、全身を活動的にすることです。つまり、ふだんの生活で腰に負担をかけないように気をつけながら、大股歩きをするのです。【解説】西條一止(筑波技術短期大学元学長・名誉教授)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング