【きっかけは患者さんのニオイ】口呼吸の害を伝えることに、医師人生をかける!

【きっかけは患者さんのニオイ】口呼吸の害を伝えることに、医師人生をかける!

――呼吸と病気が関係しているかもしれない。私がそう思うようになったのは、患者さんの「におい」がきっかけでした。毎日多くの患者さんと接しているうちに、鼻のきく私は、患者さんたちに特有の口臭があることに気づいたのです。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


小学校で子供たちに口の体操「あいうべ」を指導

病気が悪化すると口臭が強くなる!

鼻は加湿機能のついている空気清浄機!

 「呼吸と病気が関係しているかもしれない」

 私がそう思うようになったのは、患者さんの「におい」がきっかけでした。毎日多くの患者さんと接しているうちに、鼻のきく私は、患者さんたちに特有の口臭があることに気づいたのです。そして、その口臭は病態が悪化すると強くなり、病態が改善すると弱くなる傾向にありました。

 調べてみると、口の中の粘膜の乾燥が健康を大きく阻害することは、一部の歯科医師の間で早くから指摘されていました。
 そのことを踏まえて改めて患者さんに向き合ってみると、外来患者さんのなんと9割以上が、ポカンと口を開けて口呼吸をしていることがわかったのです。これに気づいたのが、2000年のことです。

 口呼吸は、口の中の粘膜を乾燥させる最大の要因です。「口呼吸を直せば、病気を治癒に導くことができる」と、私は確信しました。
 ここでいう「口呼吸」とは、安静時に口で呼吸をしている状態を意味します。
 私たちは、しゃべる、歌うなどの言葉を発するとき、また、酸素を多く必要とする激しい運動時には、口で呼吸をします。
 しかし、それ以外の安静時は、鼻から吸って鼻から吐く「鼻呼吸」が、哺乳類本来の正しい呼吸法です。安静時にもかかわらず口で呼吸をする「口呼吸」は、ほかの哺乳類を見ても、不自然極まりない呼吸法といえます。

 では、鼻呼吸と口呼吸にはどんな違いがあるのでしょうか。
 鼻呼吸の場合、空気中の異物や病原菌は、たとえ吸い込んだとしても鼻粘膜の表面に生えている線毛や粘液、それに口の奥にある扁桃リンパ組織でとらえられるしくみになっています。
 また、鼻から吸い込んだ空気は鼻の中を通ることで温かく湿った状態で肺へと送られます。いわば、鼻は「加湿機能つきの空気清浄機」なのです。

 一方、口呼吸では冷たく乾燥した空気をいきなり吸い込むことになります。ウイルスが体内に侵入したり、のどや器官を傷めたりするおそれもあります。しかも、空気を吸い込んだとき、口の中の水分まで奪い取られてしまうのです。
 口の中が乾燥すると唾液による殺菌・消毒作用が発揮されず、細菌が繁殖しやすくなります。そうなると、ムシ歯や歯周病(ペリオ)、口臭といった口の中の問題が起こりやすくなるだけでなく、全身の血管や内臓の働きを調整する自律神経のバランスが乱れ、さまざまな病気へとつながります。

口の体操「あいうべ」のやり方

 私は、この口呼吸の弊害に気づいてから、患者さんに鼻呼吸をしてもらうよう、指導してきました。すると、薬を使わなくても、病気が改善する人が次々に現れたのです。
 長年苦しんできたアトピー性皮膚炎が、わずか2週間でよくなった人がいました。難病が劇的に治り、感激して患者さんといっしょに涙したことも多々あります。

 こうして私は、いつしか「口呼吸の弊害を伝えることに、私の医師人生をかけよう」と 決意するようになりました。
 そして、患者さんやスタッフの協力を得てつくり上げたのが、口呼吸を鼻呼吸に変える口の体操「あいうべ」(図解参照)です。

 この体操は、「あ、い、う、べー」と口を大きく動かすだけで、舌や口の周囲の筋肉を鍛えられます。お金もかからず、いつでもどこでも、どなたでも簡単に行うことができます。

 私は8年前に、内科・リウマチ科・アレルギー科を診療科目とするクリニックを開業しました。
 ここでは、薬をほとんど使わず、「あいうべ」や、睡眠時の口呼吸を防ぐ「口テープ」などの指導をメインに行っています。近隣の調剤薬局からは、休診していると勘違いされるほど、薬を処方していません。

「口を閉じて鼻で呼吸する」

 そうすれば、病気の多くは防げるし、改善できます。薬などなくても、人間は本来「治す力」を持っているのです。
 私は、このようなことを、病気やつらい症状で苦しんでいる一人でも多くの人々に知ってほしいと思っています。
 そこで、この3~4年、休診日を中心に、全国各地で講演活動を続けています。おかげさまで、インフルエンザ対策として「あいうべ」を実践してくれる学校や、患者さんに「あいうべ」を勧めてくれる医療機関もふえました。

 ところで、私が患者さんに口呼吸の話をすると、「自分は鼻呼吸だから関係ない」という人がいます。しかし、そういう人でも、口が半開きになっていることがよくあります。私はこのような人を「隠れ口呼吸」と呼んでいます。隠れ口呼吸を含めると、日本人の実に9割が口呼吸といってもいいでしょう。
 あなたは、鼻呼吸なのか口呼吸なのか、次回の「口呼吸チェックリスト」で確認してみてください。

今井一彰
みらいクリニック院長。NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長。1995年、山口大学医学部卒業。2006年に福岡市博多駅前にみらいクリニックを開業後、さまざまな方法を駆使しながら、薬を使わずに体を治す独自の治療を行う。「あいうべ」による息育や「足指を伸ばす」ことによる足育の普及にも力を入れている。著書に『免疫を高めて病気を治す 口の体操「あいうべ」』、監修に『足・ひざ・腰の痛みが劇的に消える「足指伸ばし」』(いずれもマキノ出版)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

クリニックに来院される患者さんのなかには、口腔にトラブルを抱えている人が少なからずいらっしゃいます。例えば「のどが渇く」「イガイガする」「口内炎ができやすい」「歯や歯肉が痛い」といった症状です。このような患者さんに私がお勧めしているのが、白ゴマ油を使ったうがいです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

「口の中が乾いて夜中に目が覚める」「朝、起きたときに口の中が乾いてネバネバする」といった症状が「ドライマウス」です。唾液には抗菌作用や粘膜保護作用、自浄作用など、多くの働きがあり、分泌量が減少すると、虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因になります。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【噛むことの健康効果】誤嚥性肺炎、歯周病、二重顎まで改善する「舌回し」体操

【噛むことの健康効果】誤嚥性肺炎、歯周病、二重顎まで改善する「舌回し」体操

噛む、飲み込む、発音するなど、口の様々な機能を支えているのが、繊細で複雑な舌の動きです。舌の筋肉とあごや口の筋肉との連携について調べたところ、舌を動かすことで、あごのゆがみをある程度予防できることが判明しました。そこで、私が推奨している口周りの運動が「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)


最新の投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


ランキング


>>総合人気ランキング