野菜スープの基本となる4つの野菜に含まれるファイトケミカルとその作用

野菜スープの基本となる4つの野菜に含まれるファイトケミカルとその作用

私がお勧めする野菜スープ(ファイトケミカルスープ)の材料であるキャベツ、タマネギ、ニンジンは、そのトップクラスにあり、いわば、アメリカが国として、がんの予防効果を保証した食品と言えます。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


4つの野菜は優秀な抗がん食品

 1990年、アメリカは国家プロジェクトとして「デザイナーフーズ計画」をスタートさせます。これはアメリカ国立がん研究所(NCI)が、「がんを食事で予防できるのではないか」という仮説を立てて開始したプロジェクトです。
 さまざまな研究者が参加して、膨大な量のデータを収集し、がん抑制効果のある食品を40種類選び、その重要度に合わせてピラミッド型の図を作成しました。それが下記の「デザイナーフーズリスト」です。
 私がお勧めする野菜スープ(ファイトケミカルスープ)の材料であるキャベツ、タマネギ、ニンジンは、そのトップクラスにあり、いわば、アメリカが国として、がんの予防効果を保証した食品と言えます。

 キャベツに多いファイトケミカルのグルコシノレートは、イソチオシアネートに変化し、発がん物質を無毒化したり、血液が固まるのを防いだりする作用があり、発がんや心筋梗塞、脳梗塞を予防します。

 タマネギは、「デザイナーフーズリスト」でもトップクラスの評価を受けている食品です。とくに、胃がんや大腸がん、食道がんなどの消化器系がんに予防効果があると報告され、がん予防の切り札のように言われています。
 その中心成分は、タマネギ特有の辛みと匂いを醸し出す、システインスルホキシドというイオウ化合物のファイトケミカルです。すぐれた抗酸化作用があり、がんはもちろん、動脈硬化の予防にも役立ちます。

 ニンジンのあの鮮やかな赤は、カロテンという色素で、これがファイトケミカルです。カロテンにはαとβがあり、α‐カロテンには強い発がん抑制作用、β‐カロテンには抗酸化作用と免疫増強作用があります。カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変わり、粘膜を強くしてウイルスや細菌の侵入を防ぎます。

 カボチャはアメリカではあまり食用にされないため、デザイナーフーズから外れています。しかしカボチャは、抗酸化作用の強いβ‐カロテンやビタミンCおよびビタミンEが豊富です。
このように、野菜スープはファイトケミカルの宝庫で、強力ながん予防スープなのです。

野菜スープで使う4つの野菜の主なファイトケミカル

(※はファイトケミカル以外の有効成分)

キャベツ

・3-メチルスルフェニルブチル(グルコシノレート:イオウ化合物)

キャベツに含まれるファイトケミカルの3‐メチルスルフェニルブチルは、ミロシナーゼ(酵素)の作用でブチルイソチオシアネートやフェニルイソチオシアネートと呼ばれるイオウ化合物のイソチオシアネートに変化して、肝臓の解毒酵素を誘導します。そして、発がん物質を無毒化して、発がんを予防します。さらに、これらのイソチオシアネートには、血液の凝固を抑制する作用もあり、心筋梗塞や脳梗塞の予防効果もあります。

※ビタミンC…抗酸化作用、免疫能の維持
※カルシウム…骨を強化する、精神安定作用
※メチルメチオニン(ビタミンU)…胃の粘膜の修復 キャベジンとも呼ばれる

タマネギ

・イソアリイン(イソアリルシステインスルホキシド:イオウ化合物)

タマネギに含まれるファイトケミカルのイソアリイン(イソアリルシステインスルホキシド)は、アリイナーゼ(酵素)の作用でイソアリシンに変化します。優れた抗酸化作用があり、発がんを予防します。

・ケルセチン(フラボノイド)

ファイトケミカルのケルセチン(フラボノイド)には抗酸化作用があり、がん細胞の増殖を抑える働きや、がん細胞のアポトーシス(自殺死)誘導する作用があります。
また、血小板の凝集を阻害し、心疾患や脳血管障害のリスクを低減する作用、抗アレルギー作用や炎症を抑える作用もあります。

ニンジン

・α-カロテン(カロテノイド)

ニンジンに含まれるファイトケミカルのα-カロテンは、抗酸化作用で発がんを予防します。強い発がん抑制作用があり、特に肺がんとの関係では、α-カロテン摂取量の多い人は発がんのリスクが有意に低下することが報告されています。

・β-カロテン(カロテノイド)

ファイトケミカルのβ-カロテンは、抗酸化作用で発がんを予防し、免疫細胞を活性化します。
また、ビタミンAとなり、粘膜を強くして細菌やウイルスの侵入・感染を防ぎます。

カボチャ

・β-カロテン(カロテノイド)

カボチャに含まれるファイトケミカルのβ-カロテンは、抗酸化作用で発がんを予防し、免疫細胞を活性化します。また、ビタミンAとなり、粘膜を強くして細菌やウイルスの侵入・感染を防ぎます。

※ビタミンC…抗酸化作用、免疫能の維持
※ビタミンE…抗酸化作用、がん予防効果

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【マクロビ】ダイエット、美容、健康に役立つ!究極の完全食「玄米スープ」とは

【マクロビ】ダイエット、美容、健康に役立つ!究極の完全食「玄米スープ」とは

マクロビオティックとは、食文化研究家の故・桜沢如一氏が提唱した「自然と調和して生きる生活術全般」のことをいいます。そのなかの一つが、玄米などの全粒穀物を中心とし、一人ひとりの体調や環境、ライフスタイルに合わせた食事法です。【解説】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。「なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを目にしたのです。【体験談】中島香里(素肌美研究家・株式会社クリスタルジェミー代表取締役)


【血糖値コントロール】糖尿病の食事療法「長生きスープ」飲み方のコツは?NASHも改善!

【血糖値コントロール】糖尿病の食事療法「長生きスープ」飲み方のコツは?NASHも改善!

ファイトケミカルをたっぷり含んだ「長生きスープ(ファイトケミカルスープ)」は、私の治療の一つの柱として、今では欠かせないものになっています。薬だけでは十分コントロールできない糖尿病や高血圧、肥満、さらにはがんや肝炎などの病気に、有形無形の効果があります。【解説】髙橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


服のサイズが4LからLまでダウン!「長生きスープ」で肝臓の数値も正常に

服のサイズが4LからLまでダウン!「長生きスープ」で肝臓の数値も正常に

私はもともと大食漢でいつも人の3倍くらいの量を食べていました。体重の増加とともに、健康診断の数値もことごとく悪化。肝臓の機能を表す数値のγ‐GTPが167というとんでもない数値になっていました。お酒は飲まないので、明らかに肥満が原因の非アルコール性の脂肪肝になっていたのです。【体験談】大川孝志(税理士・54歳)


【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

年齢のわりに健康で、薬もほとんど飲まない私の唯一の悩みが、コレステロール値が高いことでした。70歳を過ぎた頃から、健康診断のたびに、悪玉コレステロール(LDL)が170mg/dlと、基準値(140mg/dl未満)よりかなり高い状態が続いていたのです。【体験談】寺本由美子(主婦・77歳)


最新の投稿


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

「セックスできれば元気で長生き」といわれていますが私から言わせるとまったく順序が逆です。「元気だからこそセックスができる」のです。女性同様男性にも男性ホルモン低下が原因で更年期障害が起こります。私は男性ホルモンの補充が絶対必要だと考えています。【解説】熊本悦明(札幌医科大学名誉教授・メンズヘルスクリニック東京名誉院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


ランキング


>>総合人気ランキング