増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに!普通の脂肪肝との違いは?

増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに!普通の脂肪肝との違いは?

脂肪肝について、どんなイメージを持っていますか?「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。ところが最近の研究で、肝硬変や肝臓がんに進行する怖いタイプの脂肪肝が存在することがわかってきました。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


酒を飲まないのになる新タイプの脂肪肝が増加

 脂肪肝について、皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか。
「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。

 ところが最近の研究で、脂肪肝の中に、肝硬変や肝臓がんに進行する怖いタイプの脂肪肝が存在することがわかりました。その多くは、アルコールが原因ではない脂肪肝です。

 脂肪肝は、肝臓の細胞の10%以上の細胞に、脂肪滴(脂肪のかたまり)がついた状態です。従来はおもにアルコールが原因だと考えられていました。しかし近年、非アルコール性脂肪肝(※1)という病気が増加していることがわかり、しかも、その患者数は1000万人にのぼると推定されています。
 非アルコール性脂肪肝と診断されても、ほとんどは大事には至らずに一生を終える単純性脂肪肝です。しかし、1〜2割は、炎症や線維化(細胞が増殖すること)をともなう、非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)と呼ばれる肝炎です。
 ナッシュが怖いのは、5割が進行性で、そのうちの2〜3割は、約10年で肝硬変や肝臓がんに進行していくという点です。

 これまで、肝臓がんや肝硬変に進行するのは、B型肝炎やC型肝炎のようなウイルス性肝炎だと思われていました。
 しかし、非ウイルス性肝炎でも肝臓がんになり、その死亡者数は年々増加しています。
今では、B型ウイルス性肝炎の肝臓がん死亡者数を上回るほどです。

 酒を飲まなくてもなる脂肪肝の原因は、生活習慣病です。肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった要因が1つでもあると、脂肪肝になりやすくなります。2つ、3つと重なれば、さらに危険です。

※1 非アルコール性脂肪肝
   非アルコール性とは、1日に日本酒換算で1合以下のアルコール摂取量の人の場合を指す。

脂肪肝を悪化させる3大要因

 こうした要因に、インスリン抵抗性(糖化)、酸化ストレス(酸化)、鉄の過剰摂取(鉄化)などが加わると、怖い脂肪肝になる可能性はさらに高くなります。
 インスリン抵抗性とは、血糖値の急激な上昇などからインスリンというホルモンの作用が悪くなり、血液中にインスリンが増えてしまう状態です。血液中にインスリンが多いと、中性脂肪が肝臓にたまりやすくなり、脂肪肝が悪化します。

 糖尿病だけでなく、高血圧、肥満、脂質異常症なども、インスリン抵抗性の関与が指摘されています。
 酸化ストレスは、活性酸素によって引き起こされます。活性酸素は遺伝子や細胞を傷つける毒性の強い酸素。これが増えると、肝細胞も障害を受けます。

 また、鉄は、昔から肝炎を悪化させる因子として知られていました。肝臓に過剰に鉄が蓄積されると、フェントン反応という現象が起き、強力な活性酸素が発生します。これが肝臓を傷つけて、肝炎を悪化させるのです。

 心配のない脂肪肝と怖い脂肪肝の境界線は紙一重です。
 今は心配なくても、脂肪肝の人が甘いものや肉を食べすぎたり、早食いや大食いをしていると、誰でも怖い脂肪肝になる可能性があります。

 反対に、すでに怖い脂肪肝になっていても、糖化、酸化、鉄化に気をつければ、心配のない脂肪肝に移行していきます。
 ナッシュと呼ばれる脂肪肝炎は、まだ診断法や治療法がじゅうぶんに確立されていません。ウイルス性肝炎なら、血液を調べればすぐに診断がつきますが、ナッシュにはそういう確定的な因子が何もないのです。脂肪肝のまま放置されやすく、気がついたときには肝硬変、肝臓がんになっていることも珍しくありません。

 しかも、糖尿病と合併すると、さらに恐ろしい事態が待っています。
 日本糖尿病学会の調査によると、糖尿病患者の死亡原因の1位は肝臓がんで、肝硬変症と合わせると17.5%にもなります。血糖値が高い人は、きわめて危険と言わざるを得ません。

野菜スープを常食して新型脂肪肝を予防!

治療の決め手のない脂肪肝の救世主

 薬物療法だけでは難しいナッシュの治療は、要因となっている糖尿病や高血圧、肥満などを治療しながら、糖化、酸化、鉄化を防ぐ生活習慣をすることに尽きます。

 その一環として私が勧めているのが、ファイトケミカルがたっぷり入った、手作りの
野菜スープ(ファイトケミカルスープ)です。スープには、野菜が持っている強力な抗酸化物質であるファイトケミカルが凝縮されています。これが肝臓を酸化ストレスから守ってくれるのです。

 また、食物繊維が豊富に溶け込んでいます。これが腸で糖質の吸収を抑え、血糖値の急激な上昇を防いでくれます。さらに食物繊維には、血圧やコレステロールを下げる作用もあるので、脂肪肝の要因であるメタボの改善に役立ちます。

 食事の改善としては、このスープを取るのに加えて、GI値(グリセミック指数/食後の血糖値の上昇速度を示す数値)の低い食品を取る、鉄分の多い食品は避けるなどの注意も必要です。
 当院にも、アルコールは飲まなくても脂肪肝と疑われる患者さんがたくさん来院されます。その患者さんたちが、このスープを中心とした食事療法で次々に改善していくのを見ると、スープのパワーは強力で、まさに救いの手に思えます。

→野菜スープの基本的な作り方はこちら

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

私のクリニックに来院されるガン患者の多くは、手術や抗ガン剤治療、放射線治療などで思うような結果が得られなかったかたがたです。そのため多くの患者さんが来院されたときには消化力が落ちて食事が取れずにいて、栄養が不足している状態になっています。そこで、最初に勧めるのが食事療法です。【解説】石黒栄紀(いしぐろクリニック院長)


【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)。スープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、長引かなくなりました。80代の父と母も、高齢にもかかわらず元気です。【解説】藤本厚子(アツコアカデミー代表)


野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分です。紫外線により発生する活性酸素や、害虫などによる危害から、植物が身を守るために自ら作り出す成分です。植物しか作ることができないので、我々動物は、植物を食べることによってしかファイトケミカルを取ることができません。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学)


【野菜スープ】作り置きもOK!「野菜スープ氷」にすれば有効成分も増える

【野菜スープ】作り置きもOK!「野菜スープ氷」にすれば有効成分も増える

野菜スープを飲むのは、食前や食間など空腹時がお勧めです。特に朝食前に飲むと、ファイトケミカルが体内に吸収されやすくなります。また、太っている人や糖尿病の人は、食事の最初に飲むと、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜の若返り成分ファイトケミカルはスープにするとジュースより数百倍も効果が高い

野菜の若返り成分ファイトケミカルはスープにするとジュースより数百倍も効果が高い

ァイトケミカルは、従来から知られている糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの5大栄養素とはまったく違います。ファイトケミカルは、それらにはないすぐれた機能を持っています。【解説】髙橋 弘()麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング