【なぜ?】免疫は「ととのえる」ことが重要で 上がり過ぎてはいけない

【なぜ?】免疫は「ととのえる」ことが重要で 上がり過ぎてはいけない

免疫とは、「自分と自分でないものを見分け、自分ではないもの(病原体や毒素など)を排除して、自らの健康を守るシステム」のことです。これを一方的に高めると、逆にバランスを崩してしまいます。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教授)


マクガバンレポートでのハーバード大学の功績

 1977年に米国で発表された「マクガバンレポート」は、アメリカのみならず、全世界に大きな衝撃を与えました。誤った食事や栄養の取り方によって病気が起こることがわかり、病気にならないための食生活の指針が、このレポートで初めて示されたのです。

 発表後、アメリカでは食事を通じて病気を予防する研究や取り組みが盛んになりました。病気を治療ではなく、予防を重視した対策へと方向転換が図られるようになったのです。
 当時、このレポートの作成にハーバード大学も深く関わっており、ハーバード大学公衆衛生大学院栄養学教室のマーク・ヘグステッド教授は、その中心メンバーでした。

 1980年代に、ハーバード大学に留学し、がんと免疫の研究に取り組む私にとって、このマクガバンレポートや、その後の「デザイナーフーズ計画」はとても刺激的で、日頃食べている食品と免疫との間にどのような関係があるのか、強い関心を持つようになりました。
 そして25年にわたってハーバード大学などで研究し、「免疫栄養学」という新しい分野を打ち立てました。ファイトケミカルの研究も、その一環として行ってきたものです。

免疫は下がりすぎても上がりすぎてもダメ

 ところで、免疫とはなんでしょうか。免疫という言葉が今しきりに使われていますが、その意味を正確に答えられる人は、あまり多くないように思われます。

 例えば、「免疫を上げよう」「免疫を高めよう」とよく言います。しかし免疫の意味を考えると、この表現だけでは不じゅうぶんです。免疫は上げたり高めたりするだけではなく、整えることが重要だからです。

 免疫とは、「自分と自分でないものを見分け、自分ではないもの(病原体や毒素など)を排除して、自らの健康を守るシステム」のことです。これを一方的に高めると、逆にバランスを崩してしまいます。
 免疫のシステムは、体中にはりめぐらされています。
 例えば、その一つが、外からの侵入者を見回る「パトロール隊」。このパトロール隊の役割をするのがNK細胞(ナチュラルキラー細胞)やマクロファージ(貪食細胞)、好中球、好酸球と呼ばれている免疫細胞です。
 さらに手強い敵には、もっと強力な武器を持つ「機動隊」とも言うべき細胞軍団が対処します。この機動隊は、細胞傷害性Tリンパ球と呼ばれています。

 免疫はこのように、二段構えの連携プレーで、敵に攻撃を仕掛けるしくみになっています。
 しかし、なんらかの理由でそのシステムがバランスを崩すようになると、自分ではないものに過剰に反応したり、本来は攻撃してはいけない自分に対して攻撃したりするようになります。前者の代表が花粉症であり、後者の代表が関節リウマチのような自己免疫疾患です。
 免疫を上げるだけでは、バランスは崩れる一方です。上げるだけではなく、バランスを整えるほうがもっと重要なのです。

野菜スープはバランスが非常にいい

 そういう観点から食品と免疫の関係を調べると、人間の免疫システムに関わる食品の多くが、上図のような3つの「力」に集約されることがわかりました。
 免疫細胞をつくったり、免疫機能全体を守り正常に機能するよう維持するのが、①の「免疫システムを守る」です。「免疫を高める」というのは、②にあるような「免疫の攻撃力を強める」です。しかし、攻撃力が強くなりすぎると炎症が起こります。
 炎症は胃炎や肝炎、アトピー性皮膚炎などの炎症性疾患を引き起こすだけでなく、がんの誘因になると言われています。ですから、攻撃一辺倒ではダメなのです。

 攻撃力が度を過ぎないように抑えるのが、③の「アレルギーや炎症を抑える」です。これによって過剰になった免疫を下げたり、がんの誘因になる炎症を抑えたりして、免疫のバランスを整えます。

 では、食事で免疫を整えるにはどうしたらいいのでしょうか。それは、3つの力を持つ食材をバランスよく食べることです。そういう視点で見ると、4つの野菜で作る野菜スープ(ファイトケミカルスープ)は、非常にバランスがよいのです。

 ニンジンに含まれるβ-カロテンは、抗酸化作用があり、免疫細胞を活性酸素から守ります。また、β-カロテンは、病原菌やがん細胞と闘うNK細胞、マクロファージ、T細胞を活性化します。さらに、体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜などの免疫バリアを健康に保つ働きもあります。
 タマネギには、皮の黄色い部分にケルセチンと呼ばれるファイトケミカルが含まれます。ケルセチンには、炎症を起こす原因であるプロスタグランディンの産生を抑制して炎症を抑える働きや、IgEなどの抗体の産生を抑制してアレルギー反応を抑える働きなどがあります。
 キャベツに含まれるグルコシノレートは、イソチオシアネートに変化し、抗酸化作用で免疫細胞を活性酸素から守ります。
 カボチャのβ-カロテンも、病原菌やがん細胞と闘うNK細胞、マクロファージ、T細胞を活性化する働きがあります。また、カボチャにはビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用を持つビタミンが豊富に含まれ、β-カロテンとの相乗作用で免疫細胞を活性酸素から守ります。

 一方、基本のスープに付加価値をつけることもできます。先ほどの3つの力の中で、特定の力を強く発揮する食品があります。
例えば、①の「免疫システムを守る」ならノリやターメリック、②の「攻撃力を強める」はシイタケやコンブ、③の「アレルギーや炎症を抑える」はピーマン、トマトなどです。

 基本のスープに、これらの食品を加えると、特定の症状や病気を予防したり改善したりできます。
がんの予防なら、攻撃力の強いシイタケ、インフルエンザなら抗ウイルス作用のあるショウガ、アトピー性皮膚炎なら抗アレルギー作用のあるピーマン、という具合です。
 免疫栄養学の研究は、まだ緒についたばかりです。これから研究が進めば、ファイトケミカルの可能性はさらに広がるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


【ファイトケミカル】1日分のビタミンA・C・Eをまかなえる「野菜スープ」作り方と食べ方

【ファイトケミカル】1日分のビタミンA・C・Eをまかなえる「野菜スープ」作り方と食べ方

基本の野菜スープを全部食べれば、400gの野菜と、ビタミンやファイトケミカルをたっぷりとることができるのです。その健康効果は、計り知れません。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

生の野菜をそのまま食べても、わずかしかファイトケミカルを吸収することができません。野菜を煮込むことで、ファイトケミカルがスープに抽出され、生食とは比較にならない強力な抗酸化パワーを得ることができます。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)