ファイトケミカルの理解を深めるためにー 野菜スープで使う4つの野菜の主なファイトケミカル

ファイトケミカルの理解を深めるためにー 野菜スープで使う4つの野菜の主なファイトケミカル

私がおすすめする「野菜スープ」(ファイトケミカルスープ)で使う4つの野菜、すなわちキャベツ、ニンジン、タマネギ、カボチャに含まれる主なファイトケミカルについて解説します。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


キャベツ

 キャベツに含まれるファイトケミカルのアリル-3-メチルスルフェニルブチルは、ミロシナーゼ(酵素)の作用でイソチオシアネートに変化して、肝臓の解毒酵素を誘導します。そして、発がん物質を無毒化して、発がんを予防します。

アリル-3-メチルスルフェニルブチル(グルコシノレート:イオウ化合物)

 グルコシノレート(カラシ油配糖体)の1つで、ミロシナーゼ(酵素)の作用により、ブチルイソチオシアネートやフェニルイソチオシアネートと呼ばれるイソチオシアネートに変化します。これらのイソチオシアネートは、肝臓の解毒酵素(グルタチオン-S-トランスフェラーゼやキノンレダクターゼ)を誘導し、発がん物質を無毒化することで、がんを予防します。ブチルイソチオシアネートやフェニルイソチオシアネートには、大腸がんの細胞や前立腺がんの細胞の、アポトーシス(自殺死)を誘導することも報告されています。さらに、キャベツのイソチオシアネートには、血液の凝固を抑制する作用もあり、心筋梗塞や脳梗塞の予防効果もあります。

※ビタミンC…抗酸化作用、免疫能の維持
※カルシウム…骨を強化する、精神安定作用
※メチルメチオニン(ビタミンU)…胃の粘膜の修復 キャベジンとも呼ばれる

※はファイトケミカル以外の有効成分

ニンジン

 ニンジンに含まれるファイトケミカルのα-カロテンは、抗酸化作用で発がんを予防し、β‐カロテンは、抗酸化作用で発がんを予防し免疫細胞を活性化します。

α-カロテン(カロテノイド)

 黄色〜橙色のカロテノイド。体内でビタミンA(レチノール)に変換され、体の中で必要な量だけビタミンAとして働き、粘膜を強くし細菌やウイルスの侵入を防ぎます。α-カロテンはβ-カロテンに比べると効力が低いとされてきましたが、近年α-カロテンには強い発がん抑制作用があることが明らかになりました。特に、肺がんとの関係では、α-カロテン摂取量の多い人では発がんのリスクが有意に低下することが報告されています。

β-カロテン(カロテノイド)

 ビタミンAとなり、粘膜を強くして細菌やウイルスの侵入・感染を防ぎます。また、ビタミンAとは異なり、強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去し、発がんを予防します。さらに、病原菌やがん細胞と闘うマクロファージ(貪食細胞)、T細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化する働きがあります。

タマネギ

 タマネギに含まれるファイトケミカルのイソアリイン(イソアリルシステインスルホキシド)は、アリイナーゼ(酵素)の作用でイソアリシンに変化し、抗酸化作用で発がんを予防します。また、フラボノイド(ケルセチン)には、抗酸化作用があり、がん細胞の増殖を抑える働きや、がん細胞のアポトーシス(自殺死)誘導する作用があります。

イソアリイン(イソアリルシステインスルホキシド:イオウ化合物)

 システインスルホキシドに属するイオウ化合物です。アリイナーゼ(酵素)の作用でプロペニルスルフェン酸を生成し、これが空気にふれて重合してイソアリシン(タマネギ特有の臭気と辛み成分)に変化します。また、プロペニルスルフェン酸に催涙因子生成酵素が作用すると、涙の刺激成分(プロパンチオール-S-オキシド)が発生します。これらのイオウ化合物は、加熱によりタマネギのフレーバー成分であるジスルフィドやトリスルフィドに変化します。タマネギのイオウ化合物には優れた抗酸化作用があり、発がんを予防します。

ケルセチン(フラボノイド)

 ポリフェノールの仲間であるフラボノイドの一種で、黄色や茶色の皮の部分に含まれています。抗酸化作用があり、がん細胞の増殖を抑える働きや、がん細胞のアポトーシス(自殺死)を誘導する働きがあります。また、血小板の凝集を阻害し、心疾患や脳血管障害のリスクを低減する作用、抗アレルギー作用や炎症を抑える作用もあります。

カボチャ

 カボチャに含まれるファイトケミカルのβ‐カロテンは、抗酸化作用で発がんを予防し、免疫細胞を活性化します。

β-カロテン(カロテノイド)

 黄色〜橙色のカロテノイド。ビタミンAとなり、粘膜を強くして細菌やウイルスの侵入・感染を防ぎます。また、ビタミンAとは異なり、強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去し、発がんを予防します。さらに、病原菌やがん細胞と闘うマクロファージ(貪食細胞)、T細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化する働きがあります。カボチャにはビタミンCやビタミンEが豊富に含まれるため、β-カロテンと相乗作用でスーパーオキシドやヒドロキシラジカルなどの活性酸素を消去し、抗酸化作用を発揮します。

※ビタミンC…抗酸化作用、免疫能の維持
※ビタミンE…抗酸化作用、がん予防効果

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

私のクリニックに来院されるガン患者の多くは、手術や抗ガン剤治療、放射線治療などで思うような結果が得られなかったかたがたです。そのため多くの患者さんが来院されたときには消化力が落ちて食事が取れずにいて、栄養が不足している状態になっています。そこで、最初に勧めるのが食事療法です。【解説】石黒栄紀(いしぐろクリニック院長)


【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)。スープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、長引かなくなりました。80代の父と母も、高齢にもかかわらず元気です。【解説】藤本厚子(アツコアカデミー代表)


増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに!普通の脂肪肝との違いは?

増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに!普通の脂肪肝との違いは?

脂肪肝について、どんなイメージを持っていますか?「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。ところが最近の研究で、肝硬変や肝臓がんに進行する怖いタイプの脂肪肝が存在することがわかってきました。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分です。紫外線により発生する活性酸素や、害虫などによる危害から、植物が身を守るために自ら作り出す成分です。植物しか作ることができないので、我々動物は、植物を食べることによってしかファイトケミカルを取ることができません。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学)


【野菜スープ】作り置きもOK!「野菜スープ氷」にすれば有効成分も増える

【野菜スープ】作り置きもOK!「野菜スープ氷」にすれば有効成分も増える

野菜スープを飲むのは、食前や食間など空腹時がお勧めです。特に朝食前に飲むと、ファイトケミカルが体内に吸収されやすくなります。また、太っている人や糖尿病の人は、食事の最初に飲むと、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング