「仕事の合間の食事」で老化が加速するー時計遺伝子を狂わせるNG働き方

「仕事の合間の食事」で老化が加速するー時計遺伝子を狂わせるNG働き方

私たちの体は、年とともに老化していきます。しかし、体の中の臓器がそれぞれ同じペースで老いていくかというと、決してそうではありません。実は、老化のペースメーカーとなる臓器が存在するのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


腸は全身の老化を司るペースメーカー

 私たちの体は、年とともに老化していきます。しかし、体の中の臓器がそれぞれ同じペースで老いていくかというと、決してそうではありません。実は、老化のペースメーカーとなる臓器が存在するのです。

 最近、p16というたんぱくの発現を、マウス(実験用のネズミ)で長期間観察した研究が報告されました。p16は、ガンの抑制遺伝子で、これが発現すると、細胞が老化してきた目安になるのです。その結果、p16が最も早く発現したのが、腸と腎臓でした。臓器のうちでも、腸と腎臓が最も早く老いるのです。

 これは、腸と腎臓が最も多く血液を使う臓器であることが関係しています。心臓から送り出される血液の分配量を調べると、腸が1位で全体の30%、腎臓が2位で20%、3位が脳と骨格筋で15%でした。多くの血管で養われている臓器ほど、老いやすいのです。
 しかも、ペースメーカーである腸が老いてきた場合、腸だけの老化が進んでいるのではありません。腸が早く老いると、それとともに、ほかの臓器の老いも促進されてしまいます。つまり、腸が早く老いると、全身の老いも加速するのです。

 内臓にはそれぞれ、その人の一生分の仕事を、最適のペースでこなすための時間が設計されています。この臓器固有の寿命、いわば臓器の賞味期限が、それぞれの「臓器の時間」です。その中でも、腸は、最も臓器の時間の流れが早い臓器です。

 ただ、生活習慣やその人の心がけによって、臓器の時間の進み方を早くすることも遅くすることも可能です。私たちは老化予防のためにも、ペースメーカーである「腸の時間」の進み方をゆっくりさせる配慮と工夫が必要になります。

時計遺伝子の乱れはメタボにつながる!

 では、腸の時間をゆっくりさせるために、どんなことに気をつければいいでしょうか。

 まず第1に、過食を慎むことが肝心です。腹8分めが長寿の秘訣といってもいいでしょう。
 過食は内臓にとって大きなストレスです。過食をくり返すと、体に栄養が余っているところに、さらに栄養が取り込まれます。このよけいな栄養分を、体は「外敵」と見なし、強いストレスを感じ、対抗しようとします。交感神経(内臓や血管を支配している自律神経の1つで、体を活動状態にする神経)が緊張し、これ以上の栄養を取り込まないようにするのです。

 同時に、血圧も血糖値も高くなります。こうした交感神経のがんばりが続いた結果、人はメタボになるのです。この際、腸の老化も加速することになります。

 また、食事は、できるかぎり規則正しくとったほうがいいでしょう。忙しい現代人は、「仕事の合間に食事をしがち」ですが、「食事の合間に仕事をする」ことが理想です。
 近年の時計遺伝子研究の進展により、私たちの臓器も、時計遺伝子がもたらす周期性によって、それぞれリズムを刻みながら働いていることがわかってきました。時計遺伝子に異常が生じると、腸の時間の流れが早くなり、メタボにもなりやすくなります。これは、マウスの実験でも確かめられています。
 時計遺伝子の働きを整えるためには、朝、太陽の光を浴びることが重要ですが、もう1つ規則正しい食事も重要です。それが刺激となって、時計遺伝子の周期性を調整してくれます。

腸の老化を防ぐ秘訣

 ゆっくりと食べることや、よくかむことも大切です。
 食事をストレス解消の手段として考えている人がいますが、早食いは決してストレス解消になりません。逆に、腸にはストレスとなり、腸の時間をどんどん加速してしまいます。

 目の前の食事を、ストレス解消のターゲットとして見なすのではなく、生きるために自然が与えてくれたものとして、心静かに向かい合ってみてください。食前にひと呼吸おき、「いただきます」といって食べ始める習慣をつけてみましょう。これだけでも、ただの食事が健康食になる契機になるはずです。

 そして、ゆっくりと食べ、よくかむと、咀嚼の刺激が腸に、「これから食べ物が入っていきますよ」というメッセージを送ります。すると、脳がホルモンや消化液の分泌を速やかに促し、腸はストレスを感じることなく消化吸収を行えます。これによって、腸の時間が非常に効率的に使われることになります。こうした毎日の積み重ねが、腸の時間をゆったりしたものにしてくれるのです。

 食事の内容については、発酵食品を食事に上手に取り入れる工夫などが大事ですが、腸にとっていい食生活ができているかどうか、1つわかりやすい目安を挙げましょう。それは、毎日の便の状態で判断する方法です。「快便」なら、いい食事ができていると考えていいのです。
 逆に、便秘が続いたり、下痢ぎみであったり、便秘と下痢をくり返したりしているようでしたら、日ごろの食事内容や生活ぶりを1度見直してみてください。

 なお、私は忙しく不規則な生活を送っていた5年ほど前、このような腸の時間を意識した生活に変えてみました。その結果、腸の調子がよくなり、体重は10㎏へり、腹囲は10㎝も細くなりました。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング