便秘・下痢・おなら臭の悩みに【玉ねぎのみそ汁】固くなったウンチを出す食べ物

便秘・下痢・おなら臭の悩みに【玉ねぎのみそ汁】固くなったウンチを出す食べ物

タマネギの味噌汁は、善玉菌による発酵食品で、大腸癌や高血圧などの生活習慣病の撃退に最適な食べ物です。腸内フローラを改善するので、便秘や下痢、便臭やオナラの臭いも改善してくれます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


便秘解消に加えガンや高血圧も撃退!

毎日のウンコは健康のバロメーター

 私の生まれは、昭和14年のうさぎ年。研究、執筆、取材、講演などを連日こなす私は、古希をとうに過ぎて、ますます忙しく飛び回っています。
 そんな私の健康で長生きする秘訣は、腸を元気にして、免疫力を上げること。腸は、食べ物を消化吸収するだけでなく、心身の健康維持には欠かせないビタミンやホルモンを作り出します。そして、全身の免疫細胞の70〜80%が存在している腸は、あらゆる病気を撃退する重要な臓器なのです。腸が元気なら、若さを保つどころか、ぐんぐん若返って、若いころよりも全身に活力がみなぎってくるというわけです。

 私たちが生命を維持する根源は、なんといっても、口からとり入れた食べ物を胃腸で消化し、排泄することです。
 そこで重要なのが、腸に存在する、多種多様な腸内細菌です。腸を元気にするというのは、その腸内細菌の状態をよくすることにほかなりません。
 そして腸内細菌には、腸の栄養を作る善玉菌と、毒素を出して悪さをする悪玉菌、特に役に立たない日和見菌とがいます。善玉菌をふやせば、食べ物の栄養をしっかり吸収し、バナナ型のでかいウンコを出すことができます。

 突然にウンコの話をして、驚かれたでしょうか。しかし、毎日のウンコは、健康のバロメーターです。
 腸内細菌の善玉菌の量は、ウンコを見ればわかります。ウンコは、ただの食べかすのかたまりではありません。形がよくて、においの少ないウンコは、腸が元気な証拠です。また、ウンコと善玉菌の量は、ほぼ比例しているので、小さいウンコは危険信号です。大便は、「体からの大きな便り」とまでいわれるほど、その人の生命力を示しているのです。

 もしも、あなたが、便秘がち、下痢しやすい、便やおならのにおいがきついといった悩みを持っているなら、腸に悪玉菌がふえている証拠です。早速、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌をふやすようにしてください。

 では、善玉菌をふやして腸内細菌を元気にするには、具体的には、どうしたらいいでしょうか。難しいことではありません。まずは、日本伝統の発酵食品を食べること。例えば、みそやしょうゆ、酢、塩こうじなどの調味料や、納豆、ぬか漬け、塩辛などです。そして、野菜や豆、果物など、食物繊維をたくさん含んだ食べ物を、毎日欠かさないことです。

 ですから、私は、1日1杯はみそ汁を食べるようにしています。みそは、善玉菌であるこうじ菌の力で大豆などの穀物を発酵させた食品です。しかも、野菜やワカメといったみそ汁の具には、腸内細菌の大好物となる食物繊維やビタミン類が豊富だからです。

タマネギのみそ汁が高血圧、糖尿病を改善し便秘やおならの臭いまで解消する

 そして、腸の若返り食として、ぜひ、日々の食生活に簡単に取り入れていただきたいのが、タマネギ入りのみそ汁です。 
 みそは、先ほど述べたように、善玉菌による発酵食品であり、生きた菌が腸まで届いて、腸内細菌を元気にします。しかも、みそには、活性酸素を撃退する、強力な抗酸化作用があることがわかっています。

 活性酸素とは、体内で細胞を攻撃して傷つけ、ガンや心筋梗塞、糖尿病などの原因となる物質です。活性酸素は、腸内細菌にとっても大敵ですから、みその抗酸化作用を生かさない手はありません。

 そして、タマネギに含まれるイオウ化合物は、活性酸素による遺伝子の損傷を防ぎ、ガン細胞の増殖をおさえます。
 そのうえ、血液をサラサラにし、高血圧を予防する働きがあります。さらに、タマネギにはオリゴ糖や糖アルコールも含まれており、これらは腸内細菌のえさとなります。オリゴ糖を飲み続けると、善玉菌であるビフィズス菌の、腸内細菌に占める割合が増加するという実験結果も、日本栄養・食糧学会で発表されています。

 つまり、タマネギみそ汁は、ガンや高血圧などの生活習慣病の撃退に、最適な食べ物なのです。しかも、腸内細菌の状態が整い、腸が元気になるので、便秘や下痢といった便通の異常、便やおならのにおいを改善してくれます。

 食生活の乱れが気になる人でも、みそ汁であれば、習慣にしやすいのではないでしょうか。いつものみそ汁に、ぜひ、タマネギを加えてみてください。野菜や海藻、豆腐といった具材と組み合わせても、栄養、味、いずれも相性抜群です。
「快食・快眠・快便」とはよくいったもので、大きな1本の大便がスーッと出たとき、私は、エネルギッシュな自分を実感します。
 私が思うに、長寿食とは、すなわち「腸」寿食です。腸が喜ぶ食生活こそが、元気で長生きを実現させてくれます。

 腸内細菌を活性化するタマネギみそ汁で、皆さんも、活力あふれる毎日を過ごしてください。

なぜ「タマネギのみそ汁」はおならの悪臭を改善するのか?

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング