【名医が指南】抗炎症作用がある「痛み軽減食」とは

【名医が指南】抗炎症作用がある「痛み軽減食」とは

脊柱管狭窄症は加齢が原因の疾患ですが、患者数は年々ふえています。理由の1つとしては高齢化社会が挙げられますが、昔に比べて肥満の人がふえたことも原因なのです。脊柱管狭窄症を予防し、その痛みの軽減に役立つ食事についてお話をしていきます。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


→股関節痛の原因と症状、治療法はコチラ

体重60㎏なら1日たんぱく質を60g

 私の専門は股関節で、人工股関節手術を1年間に500人以上に行っています。
 手術は、変形性股関節症が進行して、股関節痛がある患者さんに行われますが、手術が必要になる前に、ふだんの生活で進行を予防することがなによりも大切です。ウォーキングやストレッチといった運動を習慣にすること、健康にいい食事を実践することが、その鍵を握っています。

 そこで今回は、変形性股関節症や、股関節症に合併して起こることがある脊柱管狭窄症を予防し、その痛みの軽減に役立つ食事についてお話をしていきます。

 脊柱管狭窄症は加齢が原因の疾患ですが、患者数は年々ふえています。理由の1つとしては高齢化社会が挙げられますが、昔に比べて肥満の人がふえたことも大きな要因です。
 脊柱管は、脊柱(背骨)の中央にある神経の通り道で、そこが変形し狭くなることで、座骨神経などの神経に炎症が発生し、痛みやしびれが起こります。肥満は、腰への負担を大きくして、痛みを増幅させるわけです。

 ですから、脊柱管狭窄症の人は、まずふだんの食事で脂肪や炭水化物のとりすぎに気をつけ、過食の傾向があれば改めなくてはいけません。脊柱管狭窄症と診断され、肥満度が高い人はカロリー制限を行い、体重をへらす必要もあるのです。

 こうした肥満の予防にもつながることですが、関節にいい食事の基本は、「バランスのいい食事」です。具体的には、厚生労働省と農林水産省が共同で作成した、ご飯などの主食、野菜やキノコ類などの副菜、肉や魚、卵などの主菜、牛乳・乳製品、果物を一定の割合でバランスよくとる「食事バランスガイド」が、関節に最もよい影響を与える食事だと考えます。

 そして、バランスのいい食事の中でも、特に心がけたいことがあります。それは、抗酸化作用のあるビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの微量栄養素が多く含まれる野菜や果物をとることです。とはいえ、ある特定の野菜や果物を大量にとっても、余分なビタミンやミネラルは排泄されて無駄になるということは、覚えておきましょう。

 牛乳は、骨を強くするカルシウムや、筋肉を維持するたんぱく質が豊富なので、毎日とってほしいものです。その中でも、脂肪分の少ない低脂肪牛乳や無脂肪牛乳、スキムミルクを推奨します。
 また、筋肉の増強には肉や魚のたんぱく質が必要ですが、その1日の摂取目安は体重の1000分の1とされています。体重が60㎏なら1日に60gのたんぱく質をとればいいのです。ただし、とりすぎると最終的には脂肪になり、体重は増加します。逆効果になるので、注意しましょう。

野菜や果物は生の摂取がお勧め!

 関節炎のためには、抗炎症作用が認められている食品をバランスよくとることもお勧めです。抗炎症作用のある食品をとると、痛みの軽減効果が期待できます。

 野菜では、ショウガやニンニク、ネギ、ニラなど、果物ではパイナップルに抗炎症作用があるとされています。特にショウガやニンニクは、プロスタグランジンやロイコトリエンといった、炎症を激化させる成分の産出を防ぐ働きに優れています。料理に使うことで、炎症を鎮める効果が期待できます。
 ほかにはナッツ類やクルミ、チョコレート、ココア、ドクダミ茶などに、またターメリック、バジル、コショウ、トウガラシといったスパイスにも抗炎症作用が認められています。

 抗炎症作用をもたらす成分は熱に弱いことがあるので、野菜や果物はできるだけ生で摂取するのがお勧めです。また、毎日、少しずつバランスよく摂取することが長期的な効果につながります。
 皆さんの健康のため、ぜひ食生活に取り入れてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

関節症の改善には、筋力強化が大切とよくいわれますが、私はこれも間違いだと思います。大切なことはまず、緊張している靭帯と関節包を緩めること。そうすれば痛みが和らぎ、体は自然と動くようになります。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

慢性的な痛みで来院する方の多くは、炎症が起こって痛んでいるわけではなかったのです。痛みを取るには、その場所に影響を与えている筋肉のこわばりをほぐすことが必要です。「わきもみ」は大胸筋をほぐす手当て法で、大胸筋がこわばって起こる五十肩や腱鞘炎、股関節痛の改善に役立ちます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


股関節が痛くて歩けない【大腿骨頭壊死症】対策にキアリ骨盤骨切り術(関節温存手術)

股関節が痛くて歩けない【大腿骨頭壊死症】対策にキアリ骨盤骨切り術(関節温存手術)

変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【変形性股関節症が大改善】「貧乏ゆすり」をすると軟骨が再生すると判明

【変形性股関節症が大改善】「貧乏ゆすり」をすると軟骨が再生すると判明

変形性股関節症とは、股関節の関節軟骨がすり減り、痛みや炎症を起こす病気で、進行を遅らせるには、関節に負担をかけないことが大変重要です。私たちは、関節に負荷がかかる運動療法は行わず、減量する、杖をつく、歩行量を減らすことなどを推奨してきました。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


軟骨の再生を促し、股関節症に効果のある「貧乏ゆすり」のやり方

軟骨の再生を促し、股関節症に効果のある「貧乏ゆすり」のやり方

貧乏ゆすりは、「関節に負担をかけない持続的な摩擦運動は、軟骨の再生を促す」という実験結果に基づいた運動療法です。実際に、変形性股関節症などの股関節の手術前、手術後、病期、年齢などに関係なく、軟骨の再生に大変効果があることがわかっています。【指導】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング