【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

私たち人間は、本来、口と鼻を、その機能によって使い分けるようにできています。口は、しゃべったり、味わって食事をしたりするところ。鼻は、においをかぐだけでなく、息を吸ったり吐いたりと、呼吸をするところだったはずです。しかし、最近は、このルールが守られていません。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【NG】ため息は典型的な口呼吸。疲労やストレスの回復につながらない!

【医師オススメ】鼻ため息。口を閉じて「フンッ」と鼻でため息をつくこと。疲労やストレスの回復が期待できる!

鼻呼吸だと感染を 二重に防いでくれる!

 私たち人間は、本来、口と鼻を、その機能によって使い分けるようにできています。
 口は、しゃべったり、味わって食事をしたりするところ。鼻は、においをかぐだけでなく、息を吸ったり吐いたりと、呼吸をするところだったはずです。

 しかし、最近は、このルールが守られていません。ふだんの安静時でも、鼻ではなく口で呼吸をする人がふえているのです。
 では、鼻で呼吸することと口で呼吸することが、どのように違うのか簡単に説明しましょう。

●鼻で呼吸すると……

 空気中には、ホコリや細菌、ウイルス、花粉など、さまざまな異物や病原菌が混じっています。鼻呼吸で、たとえそれらを吸いこんだとしても、鼻毛や、鼻の粘膜に生えている線毛と、そこに流れている粘液などで濾過され、多くが鼻水となって排出されます。
 さらに、鼻の奥には、扁桃リンパ組織という免疫の最前線があります。ここで、体内に異物が入ってくるのを防御してくれます。
 つまり、鼻は感染を二重に防いでくれる、優れた「天然のマスク」なのです。

 また、鼻の穴から咽頭(のど)までの約10㎝程度の気道は、血流がとても豊富です。鼻から入った冷たく乾燥した空気は、気道ですばやく温かく湿った状態にされ、気管から肺へと送られます。

 鼻は、加湿機能つきの空気清浄機でもあるのです。
 鼻呼吸をすると、舌が上あごにべったりとつきます。舌は筋肉の塊で、血管が多く走っているため、高い熱を持っています。その舌の熱も、上あご、鼻へと伝わり、鼻の中の温度を上げているのです。
 モンゴルでは、外気温がマイナス40度になることがあります。国立モンゴル医科大学客員教授である岡崎好秀先生によると、その冷たい空気が、鼻から吸い込まれて、のどの奥を通るときには、約30度まで上がるそうですから、驚きます。
 また、鼻汁は1日1Lも分泌されています。その多くが空気の加湿に使われているので、鼻の中は湿度が維持できているのです。

鼻呼吸は病気を防ぐ 口呼吸は病気を招く

●口で呼吸すると……

 口呼吸をすると、冷たく乾燥した空気を、いきなりのどから気管、肺へ吸い込むことになります。
 それによって、口の中の水分が奪い取られ、唾液による殺菌・消毒作用が発揮できなくなります。口の中は、歯周病菌などの細菌が繁殖しやすい環境になるのです。
 また、異物や病原菌の混じった空気を直接吸い込むことで、ウイルスが直接体内に入り込むと、インフルエンザやカゼなどに感染しやすくなります。

 このように、鼻呼吸は病気を予防してくれますが、口呼吸は病気を招いてしまうのです。
 なお、安静時の口呼吸は、有効な換気量が鼻呼吸よりも少ないという短所もあります。
 鼻で呼吸するよりも口で呼吸したほうが楽なぶん、口呼吸は速く、浅くなりがちです。鼻呼吸の場合、口のように一気に空気を吸い込めないので、しっかり吸おうと、横隔膜を使ってゆっくり深く呼吸することになります。
 その結果、酸素の肺への取り込み量は、鼻呼吸が口呼吸より1・5倍以上も多くなることがわかっています。

 また、鼻呼吸をすると、鼻粘膜から一酸化窒素(NO)が出ることもわかっています。NOは、血管や気管支を広げる作用があり、血流を促進してくれます。
 つまり、全身へ血液と酸素をしっかり行き渡らせるという面でも、鼻呼吸は口呼吸より優れているといえます。
 疲労やストレスのせいで、ため息をついてしまうことがあります。このため息は、典型的な口呼吸です。疲労やストレスの回復につながりません。

 どうしてもため息をつきたくなったら、口ではなく鼻で行ってください。口から「フー」と吐く代わりに、鼻で「フンッ」と吐く「鼻ため息」のほうが、免疫力の低下が防げ、血流や酸素の循環がよくなります。疲れやストレスの回復も期待できるのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

耳下腺への刺激は、唾液の分泌だけでなく、ストレスを除去する働きもあります。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

「1日1杯のコンブ水が歯や骨を丈夫にします」というと「カルシウムを十分にとっているからコンブ水なんて必要ない」と思う人がいるでしょう。しかし、その考えは大きな誤りです。世界の歯科学会では「歯周病は感染症ではない」という新しい理論が支持され、新常識になりつつあります。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長・歯学博士)


【自律神経を整える】ストレス解消、睡眠の質が上がった!医師絶賛の「うつぶせユラユラ」とは

【自律神経を整える】ストレス解消、睡眠の質が上がった!医師絶賛の「うつぶせユラユラ」とは

うつぶせユラユラは、自律神経のバランスを調節する働きがありますが、特に副交感神経を優位にさせる力が大きいのでしょう。うつぶせユラユラを行っているかたに話を聞くと、「心も体もリラックスする」「寝る前に実行すると、スーッと入眠できる」という声が多いそうです。【解説】小林理(長野赤十字病院呼吸器外科部長 )


【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

口内フローラの悪化は歯周病や虫歯といった口腔内の病気を招くだけではありません。高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴りやめまい、肩こり、頭痛、倦怠感といった不定愁訴まで実にさまざまな不調の原因となるのです。この口内フローラを清潔に保ってくれるのが、唾液の役割です。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。私は、特に睡眠中の口呼吸が、睡眠の質を低下させ、血圧を上げる要因になっていると考えています。そもそも、安静時は、鼻呼吸が正しい呼吸法です。安静時にもかかわらず、口を開いたままになる口呼吸は、不自然極まりない呼吸法といえます。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


最新の投稿


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


ランキング


>>総合人気ランキング