【医師考案】イビキには「鼻ばさみ」より「口テープ」

【医師考案】イビキには「鼻ばさみ」より「口テープ」

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。なぜなら、口の体操「あいうべ」や「口テープ」を始めてから、血圧が下がって安定したという人が少なくないからです。いびきや睡眠時無呼吸症にも効果的です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


睡眠時の鼻呼吸で睡眠の質を改善

睡眠の質が低下し自律神経が乱れ血圧上昇

↓↓口の体操「あいうべ」のやり方はこちら↓↓

 高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。
 なぜなら、口の体操「あいうべ」や「口テープ」を始めてから、血圧が下がって安定し、薬も不要になったという人が少なくないからです。
 特に、睡眠中の口呼吸が、睡眠の質を低下させ、血圧を上げる要因になっていると考えられます。

 鼻呼吸をしているとき、私たちの口の中は、唾液で潤っています。これにより口の中のバリアができ、細菌の繁殖や炎症を防いでいるのです。
 ところが、睡眠中はただでさえ唾液の分泌がへります。そんなときに、口呼吸をしていると、口の中の乾燥がひどくなり、バリアの役目を果たせなくなります。すると、口の中で細菌が繁殖して炎症が起こります。さらに口呼吸を続けることで、その炎症が慢性化するのです。

 口の中に慢性炎症があると、当然、よい睡眠はとれません。睡眠の質の低下は、日中の眠気や倦怠感を生み、そのストレスが自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配している神経)の乱れを引き起こします。その結果、血圧が上昇するのです。

 通常、睡眠中は自律神経のうち、リラックスの神経といわれる副交感神経が優位になるので、血管の緊張が緩み、血圧が下がります。ところが、睡眠中の口呼吸は、副交感神経の働きを阻害し、血圧の上昇を促します。
 口の中が乾燥して夜中に目を覚ます、朝起きるとのどがカラカラ、口の中が粘ついている、イビキをよくかく、そういう人は睡眠中に口呼吸をしている可能性が大いにあります。そして、睡眠中の口呼吸で、高血圧を引き起こしているといえるのです。

↓↓「口テープ」のやり方はこちら↓↓

無呼吸の回数が 15→0になり目覚め良好!

 睡眠時にイビキをかく人は多いのですが、それがひどくなると睡眠時無呼吸症を引き起こす危険があります。
 睡眠時無呼吸症は、睡眠時に呼吸が止まる病気です。一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の呼吸停止(無呼吸)が30回以上、あるいは睡眠中の1時間に無呼吸が5回以上あるケースと、医学的には定義づけられています。

 たびたび呼吸が止まるため、睡眠の質が悪くなり、日中に突然、眠気や疲労感におそわれたり、集中力が低下したりします。それが、事故や突然死を招くので、大きな社会問題となっています。

 この、イビキや睡眠時無呼吸症を起こす主な原因となるのが、舌の位置です。
 睡眠時は、筋肉である舌の緊張が緩みます。舌の根元は下あごにありますから、重力の影響も加わり、舌はのどのほうへ落ち込みます。そのため、気道は狭くなって呼吸をしづらくなってしまうのです。
 気道が狭い状態で息を吐くと、のどの奥が振動してイビキをかきます。気道が閉塞すると、呼吸が一時止まってしまいます。

 口呼吸になっている人は、舌の筋肉が衰えているので、その状態はなおさら悪くなります。
 睡眠時無呼吸症やイビキの人は、寝ているときに、たいてい口が開いています。そこで、口テープをして口を閉じて寝るようにしてください。それだけで、症状が軽くなります。

 口を閉じることで下あごが上に移動するので、それにつられて舌が持ち上がり、気道の閉塞が弱まるのです。
 もちろん、口の体操「あいうべ」も行いましょう。日ごろから、舌を鍛えて口を閉じられるようにしておくと、睡眠時であっても舌が気道を塞ぐことが少なくなるからです。

 では、睡眠時無呼吸症が改善した2例をご紹介しましょう。
 Aさん(50代・男性)は、無呼吸症の回数が1時間に平均で50回以上ありました。そのため、昼間の居眠りも多く、睡眠時には、鼻から空気を送って気道を広げるCPAPという人工呼吸器を使っていました。
 まず、睡眠時に口テープをしてもらったところ、無呼吸の数は20回にへりました。そこで今度は、Aさんに、睡眠時の口テープと「あいうべ」を毎日30回、6ヵ月ほど行ってもらったところ、無呼吸の数は1回に激減。現在は、CPAP治療も不要になりました。

 もう一人のBさん(40代・女性)は、極度のだるさ、日中に眠いという症状があり来院されました。検査すると、Bさんも睡眠時無呼吸症と診断されました。睡眠時の無呼吸の数は1時間に平均で15回ありましたが、口テープをすると9回にへりました。
 さらに、「あいうべ」を1日30回行ってもらい、6ヵ月後に再び検査したところ、口テープをしないと3回、口テープをしたら無呼吸数がゼロになりました。今は、だるさや眠さもなくなり、朝の目覚めもよくなったそうです。

 高血圧や睡眠時無呼吸症、イビキ、寝つきの悪い人などは、寝る前に「あいうべ」を10回行ってから「口テープ」をしてください。続けていると、質のいい睡眠が取れるようになり、症状も改善してくるはずです。
 質のいい睡眠が取れると、脳や全身の疲労が取れます。爽快な朝を迎えられ、健康で充実した1日を過ごせるようになるでしょう。

 なお、睡眠前の過度の飲酒や、睡眠薬の服用などは、舌の落ち込みを助長することになりますから、気をつけてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

クリニックに来院される患者さんのなかには、口腔にトラブルを抱えている人が少なからずいらっしゃいます。例えば「のどが渇く」「イガイガする」「口内炎ができやすい」「歯や歯肉が痛い」といった症状です。このような患者さんに私がお勧めしているのが、白ゴマ油を使ったうがいです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

「口の中が乾いて夜中に目が覚める」「朝、起きたときに口の中が乾いてネバネバする」といった症状が「ドライマウス」です。唾液には抗菌作用や粘膜保護作用、自浄作用など、多くの働きがあり、分泌量が減少すると、虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因になります。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

いびきをかいて寝て「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。やせている女性にも起こります。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことがあります。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長) 


【ワキガ・加齢臭・口臭】 臭いの原因は酸性食品!汗・体臭対策には「梅干し緑茶」

【ワキガ・加齢臭・口臭】 臭いの原因は酸性食品!汗・体臭対策には「梅干し緑茶」

梅干しは、その強力な抗菌作用により、昔から万能薬として扱われてきました。多くの健康効果のなかでも、私が特に注目しているのが、消臭作用です。私は、体臭・多汗を専門に治療しており、院される患者さんににおい対策食として勧めているのが、梅干しを緑茶に入れた「梅干し茶」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


最新の投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


ランキング


>>総合人気ランキング