【医師考案】イビキには「鼻ばさみ」より「口テープ」

【医師考案】イビキには「鼻ばさみ」より「口テープ」

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。なぜなら、口の体操「あいうべ」や「口テープ」を始めてから、血圧が下がって安定したという人が少なくないからです。いびきや睡眠時無呼吸症にも効果的です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


睡眠時の鼻呼吸で睡眠の質を改善

睡眠の質が低下し 自律神経が乱れ血圧上昇

↓↓口の体操「あいうべ」のやり方はこちら↓↓

 高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。
 なぜなら、口の体操「あいうべ」や「口テープ」を始めてから、血圧が下がって安定し、薬も不要になったという人が少なくないからです。
 特に、睡眠中の口呼吸が、睡眠の質を低下させ、血圧を上げる要因になっていると考えられます。

 鼻呼吸をしているとき、私たちの口の中は、唾液で潤っています。これにより口の中のバリアができ、細菌の繁殖や炎症を防いでいるのです。
 ところが、睡眠中はただでさえ唾液の分泌がへります。そんなときに、口呼吸をしていると、口の中の乾燥がひどくなり、バリアの役目を果たせなくなります。すると、口の中で細菌が繁殖して炎症が起こります。さらに口呼吸を続けることで、その炎症が慢性化するのです。

 口の中に慢性炎症があると、当然、よい睡眠はとれません。睡眠の質の低下は、日中の眠気や倦怠感を生み、そのストレスが自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配している神経)の乱れを引き起こします。その結果、血圧が上昇するのです。

 通常、睡眠中は自律神経のうち、リラックスの神経といわれる副交感神経が優位になるので、血管の緊張が緩み、血圧が下がります。ところが、睡眠中の口呼吸は、副交感神経の働きを阻害し、血圧の上昇を促します。
 口の中が乾燥して夜中に目を覚ます、朝起きるとのどがカラカラ、口の中が粘ついている、イビキをよくかく、そういう人は睡眠中に口呼吸をしている可能性が大いにあります。そして、睡眠中の口呼吸で、高血圧を引き起こしているといえるのです。

↓↓「口テープ」のやり方はこちら↓↓

無呼吸の回数が 15→0 になり目覚め良好!

 睡眠時にイビキをかく人は多いのですが、それがひどくなると睡眠時無呼吸症を引き起こす危険があります。
 睡眠時無呼吸症は、睡眠時に呼吸が止まる病気です。一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の呼吸停止(無呼吸)が30回以上、あるいは睡眠中の1時間に無呼吸が5回以上あるケースと、医学的には定義づけられています。

 たびたび呼吸が止まるため、睡眠の質が悪くなり、日中に突然、眠気や疲労感におそわれたり、集中力が低下したりします。それが、事故や突然死を招くので、大きな社会問題となっています。

 この、イビキや睡眠時無呼吸症を起こす主な原因となるのが、舌の位置です。
 睡眠時は、筋肉である舌の緊張が緩みます。舌の根元は下あごにありますから、重力の影響も加わり、舌はのどのほうへ落ち込みます。そのため、気道は狭くなって呼吸をしづらくなってしまうのです。
 気道が狭い状態で息を吐くと、のどの奥が振動してイビキをかきます。気道が閉塞すると、呼吸が一時止まってしまいます。

 口呼吸になっている人は、舌の筋肉が衰えているので、その状態はなおさら悪くなります。
 睡眠時無呼吸症やイビキの人は、寝ているときに、たいてい口が開いています。そこで、口テープをして口を閉じて寝るようにしてください。それだけで、症状が軽くなります。

 口を閉じることで下あごが上に移動するので、それにつられて舌が持ち上がり、気道の閉塞が弱まるのです。
 もちろん、口の体操「あいうべ」も行いましょう。日ごろから、舌を鍛えて口を閉じられるようにしておくと、睡眠時であっても舌が気道を塞ぐことが少なくなるからです。

 では、睡眠時無呼吸症が改善した2例をご紹介しましょう。
 Aさん(50代・男性)は、無呼吸症の回数が1時間に平均で50回以上ありました。そのため、昼間の居眠りも多く、睡眠時には、鼻から空気を送って気道を広げるCPAPという人工呼吸器を使っていました。
 まず、睡眠時に口テープをしてもらったところ、無呼吸の数は20回にへりました。そこで今度は、Aさんに、睡眠時の口テープと「あいうべ」を毎日30回、6ヵ月ほど行ってもらったところ、無呼吸の数は1回に激減。現在は、CPAP治療も不要になりました。

 もう一人のBさん(40代・女性)は、極度のだるさ、日中に眠いという症状があり来院されました。検査すると、Bさんも睡眠時無呼吸症と診断されました。睡眠時の無呼吸の数は1時間に平均で15回ありましたが、口テープをすると9回にへりました。
 さらに、「あいうべ」を1日30回行ってもらい、6ヵ月後に再び検査したところ、口テープをしないと3回、口テープをしたら無呼吸数がゼロになりました。今は、だるさや眠さもなくなり、朝の目覚めもよくなったそうです。

 高血圧や睡眠時無呼吸症、イビキ、寝つきの悪い人などは、寝る前に「あいうべ」を10回行ってから「口テープ」をしてください。続けていると、質のいい睡眠が取れるようになり、症状も改善してくるはずです。
 質のいい睡眠が取れると、脳や全身の疲労が取れます。爽快な朝を迎えられ、健康で充実した1日を過ごせるようになるでしょう。

 なお、睡眠前の過度の飲酒や、睡眠薬の服用などは、舌の落ち込みを助長することになりますから、気をつけてください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング