【口テープ体験談】「30年以上苦しんだアトピーが改善!肌は人生でもっとも良い状態」

【口テープ体験談】「30年以上苦しんだアトピーが改善!肌は人生でもっとも良い状態」

私は、小学5年生から30年以上、アトピー性皮膚炎に苦しんできました。顔、首、ひざやひじの内側に、ジュクジュクした湿疹ができ、かゆみで眠れないこともありました。紹介していただいた先生から、口呼吸の弊害を聞いたときは、唖然としました。思い当たることがいくつもあったからです。【体験談】刈部真紀(東京都●46歳●会社員)


アトピーとは一生の つきあいだと思っていた

 私は、小学5年生から30年以上、アトピー性皮膚炎に苦しんできました。顔、首、ひざやひじの内側に、ジュクジュクした湿疹ができ、かゆみで眠れないこともありました。

 皮膚科では、あたりまえのようにステロイド軟膏が処方され、症状はよくなったり、悪くなったりのくり返し。20代のころ悪化した際、大学病院の医師に、このままステロイドを使うのは危険と判断され、ステロイドをやめることになりました。

 そのリバウンドは耐え難いものでした。朝起きると顔がパンパンに腫れて目も開かず、顔から膿が出てきます。このような状態なので、外出するのが、いつもおっくうでした。

 ステロイドによるリバウンドが治まったあとも、アトピーが治ったわけではありません。疲れたときなど、たちまち症状が現れました。顔から首にかけて、皮膚が真っ赤に腫れました。

 さらに、花粉の時期になると、顔が強烈にかゆくなります。花粉症は、長年、薬に頼らざるをえませんでした。
 けっきょく、30代になっても、40代になっても、アトピーも花粉症も治りません。一生つきあっていくんだと、あきらめるしかありませんでした。
 そんな私に、私が勤務する歯科クリニックの相田能輝院長が、今井一彰先生を紹介してくれました。5年前のことです。

 今井一彰先生から、口呼吸の弊害を聞いたときは、唖然としました。思い当たることがいくつもあったからです。
 私は少し出っ歯で、いつも口を開けて呼吸をしていました。朝起きると、口はいつもカラカラで、よくのどを腫らしました。声が出なくなることもあり、そのつど、抗菌薬を飲んでいたのです。
 今井先生によると、口呼吸から鼻呼吸になって、アトピーや花粉症が改善した人もおおぜいいるそうです。そこで、今井先生に教えてもらった口の体操「あいうべ」と「口テープ」を、すぐに試すことにしました。

【Before】皮膚の赤みが目立つ刈部さん

【after】赤身が消え、きれいな肌になった!

→【口テープ】のやり方はコチラ

私の体調も肌も 人生で最もよい状態!

 口テープは、睡眠中の口呼吸を防ぐものです。就寝前に、上下の唇をサージカルテープで留めて寝ます。口テープを始めたころは、朝起きるとテープが口からはがれていることがよくありました。寝ている途中で、口呼吸をしているからでしょう。

 でも、続けていくうちに、朝までテープがついたままの日がふえました。「あいうべ」の効果もあるのかもしれません。
「あいうべ」は、舌や口の周囲の筋肉を鍛える体操です。舌を正しい位置に戻すことで、鼻呼吸をしやすくするのです。
 私は、この「あいうべ」を毎日30回、入浴中に行いました。

 こうして、口テープと「あいうべ」を始めてから、口が乾燥することも、のどを腫らすこともなくなりました。朝まで熟睡できるようになったので、以前のように疲れが残らなくなりました。とても爽快な1日のスタートがきれるのです。
 そして、アトピーの症状は徐々に和らぎ、1年もすると、ほとんど目立たなくなったのです。その後も、皮膚はキレイな状態を維持できています。

 花粉症も少しずつ軽くなり、2年前からは薬もいっさい飲んでいません。
 まさに、奇跡のような効果でした。

 そこで私は、口テープや「あいうべ」を、まず小学1年生の姪に教えました。姪もアトピーがとてもひどかったのです。ところが、口テープと「あいうべ」を始めたところ、なんと2ヵ月で症状がなくなりました。
 こんなにすばらしいことは、多くの人に伝えたいと思い、歯科に来られる患者さんに、ときどき口テープなどを教えています。試した人のなかには、アトピーや花粉症が治ったと喜んでくれる人も少なくありません。

 現在、体調も肌も、私の人生で最もよい状態です。
 先日、地震に備えた避難袋には、抗アレルギー薬ではなく、毎晩使っているサージカルテープを入れました。私の人生に欠かせないものだからです。

→【あいうべ】のやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

ダイエット飲料としてお勧めしたいのが、シソ酢を水で薄めて飲む「シソ酢ジュース」です。シソ酢ジュースを1〜2ヵ月飲んで、4〜5kgやせた人は少なくありません。シソ酢ジュースで肥満を防止し、若々しい肌を手にいれてください。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも試してみてください。自律神経が整い、気持ちや症状が落ち着いてくるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


お悩み別「手もみ美容」のやり方「くすみ・シミ・そばかす」

お悩み別「手もみ美容」のやり方「くすみ・シミ・そばかす」

私のサロンにいらっしゃるかたは美容や健康面でさまざまな悩みをお持ちです。そこで自宅でも簡単にできて、即効性がある施術として、高麗手指鍼をベースとした「手もみ美容療法」をお勧めしています。くすみ・シミ・そばかすに効く手もみ美容をご紹介しましょう。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)