膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

「アーユルヴェーダ」は、一般に「インド伝承医学」といわれることが多いですが、直訳は「生命の科学」となります。アーユルヴェーダを行う病院では、加齢によるひざ痛の患者に「ピンダスヴェーダ」という治療法を行いますが、ご家庭で行うのは難しいので簡易法をご紹介します。【解説】加藤幸雄(日本アーユルヴェーダ研究所理事・鍼灸師)


コツは「心地よい」と感じる力加減で行うこと

加齢により体の性質が変化する

「アーユルヴェーダ」という言葉を、聞いたことがありますか?
 一般に「インド伝承医学」といわれることが多いですが、直訳すると「生命の科学」となります。

 その誕生は、謎に包まれています。ブラフマーという神が体系を作り、〝生類を生み出した神〟や〝神々の医者と呼ばれる神〟を経由し、人間の聖者たちに伝えられたとされます。

 それを文字に著した古典の代表が、紀元前8世紀ごろに原作が作られたと推測されている、『チャラカ・サンヒター』です。全8巻120章から成り、内容は、現代でいう内科を中心に、外科、小児科、婦人科、精神科、アンチエンジング、毒物学など多岐にわたります。

 それでは、アーユルヴェーダの診断について説明します。

 アーユルヴェーダの根幹には、「トリドーシャ(三つのエネルギー)理論」という考え方があります。三つのエネルギーとは「ヴァータ(空風)、ピッタ(火)、カファ(水地)」の三つです。

 人の本来の体質は、これら三つのエネルギーが、どのような配分になっているかで決まります。アーユルヴェーダの医師は三つのエネルギーの性質や働きを熟知していて、それをもとに患者の病状や体質を診断し、治療法を組み立てていきます。

 加齢により、どんな体質の人もヴァータが増大していきます。ヴァータには、「冷たい、乾く、軽い、動く」という性質があり、このエネルギーが強くなると、体は冷え、乾きます。

 そのため、骨は木が枯れるように、軽くスカスカになってしまいます。また、軟骨も油分や水分が失われて、骨と骨の間のクッションの役目を果たさなくなり、ひざなどの強い荷重が加わる関節に、痛みを感じるようになってしまうのです。

 アーユルヴェーダの治療原則は、「反対の性質を取り入れる」というものです。加齢によるひざ痛は、ヴァータの増加が原因と考えられますから、「冷たい、乾く」というヴァータの主な性質と反対になるよう、温め、潤いを与えるのです。

 アーユルヴェーダの「乾く」は、「水分の低下」と「油脂分の低下」の、両方の意味を含んでいます。そこで、乾燥の対策として油脂を用います。

実際にピンダスヴェーダが行われている様子

本場の方法を家庭用にアレンジ

 アーユルヴェーダを行う病院では、加齢によるひざ痛の患者に「ピンダスヴェーダ」という治療法を行います。

まず、生のハーブを刻み、薬用の油で炒めて、それを布に包んでピンダ(団子)と呼ばれる、ボール状のものにします。これに温かい油を染み込ませて、あらかじめオイルマッサージをしておいたひざに、ヤケドをしないように注意しながら、ピンダを当てて温めるのです。

 これをご家庭で行うのは難しいので、簡易法を下で紹介しています。実際に、私も行っている方法です。

 オイルは、マッサージ用のものがお勧めですが、どうしても手に入らないときは、食用のオリーブオイルや、生のゴマを搾った、色やにおいのほとんどないゴマ油でも代用できます。

 マッサージは、心地よいと感じる力加減こそが、最大の効果を引き出すコツ。なでるようにさする、しっかりともむなど、お好みで調整してください。

 余裕があれば、太ももまでオイルを塗って、マッサージするとよいでしょう。特に、太もも内側の筋肉を、丁寧にほぐします。痛みのない側のひざにも行うと、痛みの防止になります。

 この方法は満腹時さえ避ければ、いつ行っても構いません。また、時間がないときは、オイルを塗ってマッサージをした後、ティッシュペーパーなどで軽くふいて、お風呂に入るだけでもよいでしょう。

 1日おきか、週に2~3回行うのがお勧めですが、最大の成果を得るために大切なのは、習慣にすることです。
 
とはいえ、アーユルヴェーダでは、「どんなによいことでも、不慣れなことを急に取り入れてはいけない」とされます。行うことが精神的な負担になったり、ストレスや苦痛をもたらすことのないよう、まずは、できるときだけ行えばよい、という心持ちで始めましょう。

加藤幸雄
整形外科医院にて鍼灸治療、リハビリテーションに従事した後、日本アーユルヴェーダスクールにて10年以上教鞭を取る。アーユルヴェーダの古典を、わかりやすく解説する授業に定評がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のある健康法 歯周病も予防

【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のある健康法 歯周病も予防

白ゴマ油うがいは、毛髪トラブルだけでなく、シワやシミ、疲れ目、難聴など、老化による症状全般の改善に役立ちます。また、口腔内を清潔にするので、虫歯、口内炎、歯肉炎などの予防・改善にもつながります。ぜひ一度、お試しください。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【即効3点】膝が痛い!の治し方 ひざの痛みを解消「特効ツボ」マッサージ

【即効3点】膝が痛い!の治し方 ひざの痛みを解消「特効ツボ」マッサージ

整形外科でレントゲンなどを撮って、「どこも悪くありませんよ」といわれた経験はないでしょうか。そういわれても、実際には、やはりひざが痛む。しかも、このようなひざ痛に悩まされているかたは、かなり多いのです。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング