【医師が推奨】ひざ痛が改善する6つの栄養素とおすすめ食品

【医師が推奨】ひざ痛が改善する6つの栄養素とおすすめ食品

健康を維持するには、体に必要な栄養素を取ることが大変重要です。各栄養素をまんべんなく取るのが理想的ですが、今回は、ひざ痛の予防や改善のために、積極的に取りたい栄養素と、それを豊富に含む食品、効果的な調理例をご紹介します。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長)


青魚に含まれるEPAが炎症を鎮める

干しサクラエビを手軽にふりかけ

 健康を維持するには、体に必要な栄養素を取ることが大変重要です。各栄養素をまんべんなく取るのが理想的ですが、今回は、ひざ痛の予防や改善のために、積極的に取りたい栄養素と、それを豊富に含む食品、効果的な調理例をご紹介します。

 必要な栄養素を取ることによって、骨や筋肉も強化されるようになるので、ひざの関節が不調を起こしにくくなったり、痛みが生じても治りが早くなったりするのです。

【たんぱく質】
 たんぱく質は、筋肉を強くし、傷ついた筋肉を修復します。ひざの周りの筋肉が強化されれば、ひざの関節にかかる負担が減るため、痛みの予防と改善に役立ちます。
 食品に含まれるアミノ酸の組成によって、食品の栄養価を評価する数値をアミノ酸スコアといいます。アミノ酸スコアが100か、それに近い数値を示す食品が理想的とされ、鶏卵、牛乳、アジ、牛肉、豚肉、鶏肉、チーズ、大豆、エビ、豆腐、アサリなどが挙げられます。

 摂取量の目安は、1日に体重1㎏当たり1・1~1・2g。卵や肉は、調理法によるたんぱく質含有量の変化が、あまりありません。野菜と一緒に取ると、野菜の栄養素も得られるので、肉、豆腐、ネギなどを組み合わせ、すき焼き風の煮物にするとよいでしょう。
 
 干しサクラエビのたんぱく質の含有量は、ゆでサクラエビの3倍以上。干しサクラエビを、焼きソバやお好み焼きなどの具に入れたり、ごはんやみそ汁にふりかけたりしましょう。

 アサリの佃煮や水煮缶は、生のアサリの3倍以上のたんぱく質を含むので、お勧めです。

シチューなどには粉チーズをかけて!

青魚は薄味で煮て、汁ごと食べるとよい

【EPA】
 EPA(エイコサペンタエン酸)には、炎症を鎮める働きがあるので、痛みの予防と改善に効果的です。イワシ、サバ、サンマなど、いわゆる青魚の脂肪に多く含まれています。
 摂取量の目安は、1日に1g以上。サバなら、80g程度の切り身1切れでよいでしょう。
 焼くと脂肪が流れ出てしまうので、刺し身で食べるのがお勧め。煮魚の場合、薄味で煮て汁ごと食べましょう。揚げると、EPAの半分以上が、揚げ油の中に流れ出るので要注意です。

【ビタミンC】
 ビタミンCは、骨や軟骨の成分であるコラーゲンの生成にかかわっています。コラーゲンは、ビタミンCが不足すると、体内で有効に活用されません。
 パセリ、ブロッコリー、ピーマン、キャベツ、コマツナ、キウイ、イチゴ、オレンジ、レモンなどに豊富に含まれます。
 摂取量の目安は、1日に100㎎。大粒のイチゴなら、5~6個分です。
 ビタミンCは熱に弱く、水に溶けるので、生で食べるのがお勧め。蒸し野菜サラダや、野菜の煮物にして煮汁ごといただくのもいいでしょう。

【ビタミンD】
 ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けます。カジキ、サケ、キクラゲ、干しシイタケなどに多く含まれます。日光に当たることで体内でも生成されます。摂取量の目安は1日当たり2・5μg(1μgは100万分の1g)です。

【ビタミンK】
 ビタミンKは、カルシウムが骨を作るのを助けるほか、骨からカルシウムが溶け出してスカスカになることも防ぎます。納豆、アシタバ、ツルムラサキなどに多く含まれます。
 摂取量の目安は、1日に体重1㎏当たり1μgです。納豆1パック50gのビタミンKは約435μg。ひきわり納豆なら約650μg含まれています。

【カルシウム】
 カルシウムは、骨を作り、強化する栄養素。サクラエビ、干しエビ、ワカサギ、チーズ、ヒジキなどに多く含まれます。摂取量の目安は1日600~900㎎。ヒジキの煮物や、粉チーズをシチューなどにふりかけて食べるのもお勧めです。
 カルシウムは、体を動かさないと骨に定着しにくいので、適度な運動も行いましょう。

蔵方宏昌(安方クリニック院長)
1942年東京都生まれ。安方クリニック院長。東洋医学と西洋医学、双方の視点から、部分的にではなく全身の診療を行っている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ひざ痛の治し方 食事療法

関連する投稿


【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが7・4%と、りっぱな糖尿病になっていたのです。そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。【解説】田中瑞雄(田中整形外科病院元院長 )


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関 太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


最新の投稿


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

私のクリニックでは、現代医学や漢方などのほか、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎない治療を提案しています。具体的には、日本の伝統食にのっとった食事法の一つ、マクロビオティックをもとに、食事の指導をしているのです。ここでは高血圧を食事で改善する「血圧を下げる降圧食」をご紹介します【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング