「パスタとピザ」「コロッケとトンカツ」血糖値を上げにくいのはどっち?

「パスタとピザ」「コロッケとトンカツ」血糖値を上げにくいのはどっち?

「さて、では問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)


良質のたんぱく質をゆっくり食べよう!

 糖尿病は、血糖値の上がった状態が続く病気です。血糖値とは、血液中の糖分量を示す値で、空腹時の基準値は110㎎/㎗未満とされています。
 血糖値を上げる食品は、ご飯、パン、めん類などに代表される炭水化物(糖質)です。ですから、糖尿病の予防・改善には、糖分のとりすぎに注意しなければなりません。
 同じ食品でも、食べ方によって、血糖値の上がり方が変わります。最も血糖値を上げる食べ方が、「早食い」です。

 早食いをすると、血糖値が一気に上昇します。すると、膵臓から血糖値を下げるホルモンのインスリンが大量に分泌されるため、今度は急激に血糖値が下がります。
 この状態になると激しい空腹感を覚えるため、早食いをし、血糖値が上がるという悪循環になります。
 これをくり返すうちに膵臓が疲弊し、インスリンの分泌ができなくなるのです。すると血管が糖によって傷つき、切れたり詰まったりしてきます。

 糖尿病対策として、私が第一に指導するのが、「一口30回かむ」という食事法です。30回かむことで、ゆっくり食べられるので血糖値の上昇が緩やかになり、膵臓への負担も減少して機能が回復してきます。
 第二の指導は、「血糖値が上がらないものを食べる」ということです。
 食物の中で、血糖値を上げるものは、糖質だけです。肉などのたんぱく質や脂肪は、血糖値を上げません。そこで、私が推奨するのが、肉・卵・チーズといった良質のたんぱく質を、食事の最初にとる方法です。

 一口30回かめば、いくら食べてもかまいません。よくかんでゆっくり食べることで、満腹中枢が刺激されて、おなかがいっぱいになるはずです。しかも、血糖値は上がりません。それでも空腹感が満たされないなら、野菜、糖質という順番で食べましょう。
 肉・卵・チーズで満たされれば、ほかのものを無理に食べる必要はありません。良質のたんぱく質には、体に必要な栄養素が含まれているからです。

 魚も、糖分を含まない良質のたんぱく質ですが、肉のほうが人間の体の組成に近いのでお勧めです。また、魚は肉よりも満腹感を得にくく、ご飯を食べたくなったり、おやつに手が出たりする傾向があります。
 とはいえ、食事は豊富な食材をそろえたほうが楽しいし、おいしく食べられるでしょう。そこで、患者さんには次のように指導しています。

●食べ物はすべて一口30回かむ
●最初に肉・卵・チーズなどを食べ、満腹感を得る
●糖質の多いものを、なるべく避ける

 これだけなら、実践できる人も多いのではないでしょうか。

たっぷりのチーズが決め手!

脂肪たっぷりのケーキやアイスクリームも◎

さて、では問題です。
 
 パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。
 答えはピザです。生地は糖質ですが、パスタに比べれば少量です。ポイントは、たっぷりのチーズです。チーズは血糖値を上げません。また、チーズで満腹感が得られるので、食べすぎる心配がありません。

 では、コロッケとトンカツでは、どちらでしょうか。
 コロッケの中身は糖質の多いジャガイモなので、血糖値を上げます。トンカツは、衣以外はたんぱく質や脂肪なので、血糖値が上がりにくいのです。

 和菓子と洋菓子では、どうでしょうか。
 意外かもしれませんが、洋菓子です。両方とも、小麦粉や米粉などの糖質を使っているので、血糖値は上がります。しかし、そのほかの材料を見ると、洋菓子に軍配が上がるのです。
 生クリームやバターは脂肪なので、血糖値を上げません。小麦粉の含有量が少なく、卵やチーズを多く使ったケーキや、脂肪分が8%以上のアイスクリームもお勧めです。
 一方、和菓子のアズキや白インゲン豆は糖質なので、血糖値が急激に上がります。

 このように、糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。

 40代の男性Aさんは、ヘモグロビンA1cが10%あり、インスリン注射を打っていました。ヘモグロビンA1cとは、過去1〜2ヵ月の血糖状態を示す値で、基準値は4・6〜6・2%です。Aさんはかなり太っており、自分なりにダイエットに励んでいましたが、血糖値も体重も全然へりませんでした。
 そこで、肉・卵・チーズをよくかんで食べるように勧めたところ、3ヵ月でヘモグロビンA1cが6・8%に大改善。インスリン注射も薬も中止でき、体重が20㎏もへったのです。

 30代の女性Bさんは、血糖値が300㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが11%もありました。
 主食を肉・卵・チーズにしたところ、なんと3ヵ月で血糖値が263㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが8・8%に改善しました。そして半年後には、基準値になったのです。
 体重は、半年で14㎏もへり、99㎏から85㎏になりました。急におしゃれになり、その後結婚が決まったそうです。

 このように、良質のたんぱく質を主食にし、よくかんで食べることで、つらい食事制限もなく糖尿病が改善します。おまけに、無理なくやせられるのです。ぜひ、お試しください。

渡辺信幸(こくらクリニック院長)
1963年、愛知県生まれ。名古屋大学医学部卒業後、沖縄の離島医療に携わるなかで、予防医学の重要性を実感する。病気にならない健康法の普及のため、こくらクリニックにおいてダイエット外来を開設し、診療に当たっている。みずから考案した食事法で、3000人以上をダイエットに導き、病気を改善した実績を持つ。著書に、『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな』(講談社)、『一生太らない体をつくる「噛むだけ」ダイエット』(東京書店)などがある。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

言うまでもありませんが、食べすぎてはいけない、運動は大切、など知識があっても実践できないのがダイエット。当院を訪れる人のほとんどが失敗した経験をお持ちです。しかし、当外来を卒業する頃には、平均7~8kgの減量に成功しています。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが7・4%と、りっぱな糖尿病になっていたのです。そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。【解説】田中瑞雄(田中整形外科病院元院長 )


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング