【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

【研究報告】温泉で血糖値は下がるのか―ヒートショックプロテイン入浴法

HSPは、熱などのストレスによって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にする働きをしています。温泉療法によってHSPがふえるかどうか実験を行ったところ、多くの糖尿病患者さんの血糖値が下がってくる傾向も認められました。【解説】伊藤 恭(長湯温泉伊藤医院院長 )


 私のクリニックは、大分県竹田市の長湯温泉にあり、内科治療に加えて、さまざまな患者さんに温泉療法を行っています。
 温泉療法の効果を日々実感しているわけですが、「なぜ温泉が体にいいのか」という根本的な疑問に対しては、はっきりとした答えを持っていませんでした。

 いくつか可能性のある答えはあります。
 私が行った実験では、長湯温泉のお湯と、沸かし湯を比べた結果、長湯温泉のお湯には優れた温熱効果があることが判明しています。温泉から出た後も皮膚温が上昇し、その温熱効果が一定時間持続するのです。
 また、長湯温泉は炭酸泉(二酸化炭素が溶け込んだ温泉)ですが、炭酸泉に入浴すると、全身の血管が拡張して、血流が促進されます。すると、酸素を多く含んだ血液が全身をスムーズに流れるようになり、筋肉や皮膚などの酸素量が増加します。このような局所の酸素量の増加が、関節の痛みや皮膚の障害の改善につながっているのではないか、と考えられます。

 また、温泉に入ることによって、全身の血行が促進される効果もあるでしょう。
 しかし、入浴中や出浴後10分ほどまでは、局所の酸素量が増加しても、それが1日じゅう続くわけではありません。では、温泉療法の持続的な効果をどう説明したらいいのか。温泉療法に携わる私にも、それは解けない謎の一つでした。
 その謎を解くヒントと思われるものが、愛知医科大学の伊藤要子先生が研究されている、HSP(ヒートショックプロテイン)です。

 HSPは、熱などのストレスによって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にする働きをしています。
 優れた温熱効果を持つ長湯温泉に入浴すると、効率よくじゅうぶんに体を温めることができます。すると、この熱ストレスに反応してHSPが大量に発生し、このHSPが病気の回復を助けているのではないか、と考えられるのです。

 しかも、一度増加したHSPの効果は、何日間かにわたって続くので、温泉療法の持続的な効果ともつじつまが合います。
 私は、数年前の温泉療法の学会で、伊藤要子先生の研究を知り、先生にご協力いただいて、温泉療法によってHSPがふえるかどうか、実験を行いました。

HSPが大量発生し病気の回復を助ける

しびれや痛みの改善にも顕著な効果!

 ご協力いただいたのは、2型糖尿病、いわゆる生活習慣が原因の糖尿病患者さんたちです。

 まず、入浴前から少しずつ、500㎖のペットボトルで給水します。
 41度前後のお湯に、約10分間入ってもらいました。舌下温(舌の下で測った体温)が、元の体温より1度以上上がるまでを、一つの目安にしました。
 入浴後は、バスローブを着て、保温材をはさみ込んだ毛布などにくるまり、30分間保温します。入浴中や保温中も、水を飲み、脱水にならないよう注意します。

 このような手順で入浴した後、患者さんのHSPを計測したところ、HSPが増加していることが確かめられました。さらに、HSPの増加に応じて、多くの糖尿病患者さんの血糖値が下がってくる傾向も認められました。
 ただし、この血糖値の低下については、さまざまな要素がかかわっています。私のクリニックでは、糖尿病のかたに食事療法と運動療法を指導し、必要であれば内科治療も行います。それに加えて温泉療法を行ったわけですから、血糖値が下がった場合、どの治療がどれほど影響したかを決めることは難しいのです。

 ともあれ、この入浴法が効果を上げたと思われる症例を紹介してみましょう。
 70歳代半ばの男性で、糖尿病の患者さんです。軽い脳梗塞があり、両ひざが悪く、運動療法による糖尿病の改善は望めない状況でした。
 そこで、薬は変更せずに、食事療法とこの入浴法を、週3回実施しました。その結果、1週間後には食事前後の血糖値が低下し、その後も血糖値は徐々に安定していきました。
 また、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きにくさ(インスリン抵抗性)を示す数値(HOMA─R。1・6以下で正常、2・6以上でインスリン抵抗性あり)を調べると、入浴開始前は5・0と基準値をかなり超えていましたが、1週間後には1・6と基準値以下まで低下しました。つまり、より少ないインスリンの分泌で、効率的に血糖値を下げられるようになったのです。

 このHSP入浴法はまた、糖尿病患者さんがしばしば悩まされる、手足のしびれや痛みの改善にも効果的です。
 もちろん、糖尿病以外の原因で起こる、腰やひざなどの慢性的な痛みの改善にも、顕著な効果を見せています。
 今後も入浴法の研究を引き続き行い、病気への効果を検討していきたいと考えています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


カロリー制限は不要! 好きなだけ食べてOK! 血糖値が下がり安定する糖質制限食

カロリー制限は不要! 好きなだけ食べてOK! 血糖値が下がり安定する糖質制限食

皆さんは「糖質」というと、何をイメージするでしょうか。「お菓子などの甘い物」という人が多いのではないでしょうか。もちろん正解ですが、それだけではありません。「甘くない糖質」もあるのです。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【怖い合併症を防げ!】糖尿病性腎症の進行を防ぐには「AGE」を減らすことが重要!

【怖い合併症を防げ!】糖尿病性腎症の進行を防ぐには「AGE」を減らすことが重要!

毎年新たに透析療法を受ける患者さんの中で、最も多いのは糖尿病性腎症による末期腎不全です。2010年の新規人工透析患者のうち、43・5%は糖尿病性腎症によるものでした(日本透析医学会資料より)。糖尿病性腎症から人工透析になると、5年後の生存率は60%前後に低下します。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【糖質制限食】血糖値を上げず、お酒の席を楽しむ方法 ― オススメ居酒屋メニューはコレ!

【糖質制限食】血糖値を上げず、お酒の席を楽しむ方法 ― オススメ居酒屋メニューはコレ!

糖質制限食では、お酒は飲んでも構いません。アルコールは高カロリーですが、これはエンプティカロリーといって、体内ですぐに燃焼されます。血糖値を上げるのは、カロリーではなく糖質です。アメリカ糖尿病学会でも、「アルコールは血糖値を上げることはない」としています。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【糖尿病患者は栄養不足!】9割が血糖値改善 合併症の予防にも著効の食事療法

【糖尿病患者は栄養不足!】9割が血糖値改善 合併症の予防にも著効の食事療法

糖尿病は「食べ過ぎが原因の肥満した人の病気」だと思われていますが、「栄養不足」が高血糖を引き起こし、糖尿病になるのです。「飽食の現代に栄養不足?」と疑問に思うかもしれません。食事療法などを指導した糖尿病患者さんの9割に血糖値の改善効果が出ていることからも、原因の一つだと考えられます。【解説】笠原友子(薬剤師)


糖尿病治療の効果的な運動療法【簡単筋トレ】は血糖値を下げる効果がある

糖尿病治療の効果的な運動療法【簡単筋トレ】は血糖値を下げる効果がある

運動療法と食事療法は、糖尿病治療における両輪ともいえる治療法です。日本の糖尿病治療のガイドラインでは、まず食事と運動の指導を行い、その上で、必要に応じて薬を用いることが推奨されています。では、運動することは、なぜそれほどまでに重要なのでしょうか。【解説】平野勉(昭和大学医学部内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科教授)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング