【コーヒーの効能】「2型糖尿病」リスクを下げる研究結果 飲み方のコツは?

【コーヒーの効能】「2型糖尿病」リスクを下げる研究結果 飲み方のコツは?

かつて、コーヒーは多飲すると体に悪いという印象がありましたが、最近の疫学研究で、コーヒーの健康にいい点が指摘されています。アメリカ、スウェーデン、日本などで、コーヒーが2型糖尿病に効果があるという研究結果が次々と報告されているのです。【解説】古野純典(九州大学名誉教授 )


1日に3〜4杯くらいのコーヒーは健康によい!

2型糖尿病に効くと各国で次々発表!

 かつて、コーヒーは多飲すると体に悪いという印象がありましたが、最近の疫学研究(健康に関する事柄の頻度や分布を調べ、その要因を明確にする科学的研究)で、コーヒーの健康にいい点が指摘されています。
 私も、コーヒーの健康効果に着目し、1990年代には、肝臓疾患への影響について疫学研究を行いました。通常、飲酒をすると肝機能値であるγ–GTPが上昇します。しかし、コーヒーを飲むと、γ–GTPの上昇がおさえられることが判明。肝臓疾患の予防によい影響を与えることが、明らかになったのです。

 ところで、2000年以降になると、コーヒーの糖尿病への影響に関する研究が、相次いで世界各国で行われました。生活習慣に起因する糖尿病は、2型糖尿病といわれるもので、この2型糖尿病への予防効果が注目されるようになったのです。
 最初に大規模な調査結果を発表したのは、オランダのバン・ダン博士らです。1万7000人の男女を対象に、平均で約7年間にわたって追跡調査したところ、「1日に7杯以上コーヒーを飲む人では、2杯以下の人に比べ、2型糖尿病の危険度が2分の1になる」という報告がなされたのです。

 また、フィンランドの国立公衆衛生研究所が行った調査で、
①1日3〜4杯のコーヒーを飲んだ場合、飲まない人に比べて女性で29%、男性で27%糖尿病にかかる率が減少する。
②1日10杯以上飲んだ場合には、女性で79%、男性で55%減少する。
という結果が出ています。

 このほかにも、アメリカ、スウェーデン、日本などで、コーヒーが2型糖尿病に効果があるという研究結果が次々と報告されているのです。

確実に悪影響はなく糖尿病の予防になる

 まず行った調査は、コーヒーの耐糖能(食事によって上がった血糖値を下げて正常に保つ働き)異常(いわゆる糖尿病予備群)への予防効果です。1997〜2002年に職域健診を受けた成人男性約5000名を対象にした研究です。75gのブドウ糖を飲んだ後の血糖値を比較しました。

 その結果、耐糖能異常(140〜199㎎/㎗)になる危険度が、コーヒーを飲まない人を1とすると、1日に1〜2杯飲むのを習慣とする人は0・72、3〜4杯では0・67、5杯以上では0・64となりました。
 つまり、コーヒーを多く飲む人ほど、正常な血糖値を保ちやすくなり、コーヒー5杯で4割近く糖尿病になるリスクが低くなるとわかったのです。

 ところで、これまで各国で報告されてきた「コーヒーを習慣的に飲んでいる人は、飲まない人と比べて糖尿病のリスクが少ない」という研究は、コーヒーを長期間飲んでもらったら、血糖値がよくなるか(糖尿病になりにくいか)どうかを見たものではありません。
 そこで、コーヒーと糖尿病予防効果を推し量るために、40〜64歳までの男性で、BMI(体重を身長の2乗で割った数字で、肥満を検証する値)が25〜30の中等度肥満の人たちに協力してもらい、コーヒーを長期間飲むことによって、糖代謝に与える影響を調べることにしました。

 その実験では、20人ずつのグループに分け、①インスタントのブラックコーヒー、②カフェインの入っていないコーヒー、③水、をそれぞれ1日5杯、16週にわたって飲んでもらい、定期的に採血をして、血糖値の上がり方や、ブドウ糖を飲んだときの2時間後の血糖値を調べて比較しました。
 すると、①のブラックコーヒーを飲んでいたグループの、75gのブドウ糖負荷後の血糖値が上がりにくくなり、2時間後の数値も減少する傾向にありました。また、②のカフェイン抜きのコーヒーでも、2時間後の血糖値が若干減少する傾向が見られました。
 以上の実験から、コーヒーを常飲することは、血糖値が上がるのを抑制する効果があると考えられるのです。

 さて、最近、コーヒー摂取と2型糖尿病との関係についての20の報告をまとめた解析結果が公表されました。それによれば、全体では1日3〜4杯のコーヒーを飲むことにより、糖尿病発症リスクが約25%減少するとされています。
 コーヒーのどのような成分がこうした効果をもたらすのかは、まだはっきりとは確認されていません。ただし、カフェインだけだと、食後血糖値が跳ね上がるので、コーヒーに含まれているほかの成分の作用だと考えられます。現在のところでは、コーヒーに含まれるクロロゲン酸やマグネシウムなどの成分が、血糖値の上昇をおさえるのではないかと推定されているのです。

 まだまだコーヒーの成分については、研究の余地がありますが、とりあえず「コーヒーを飲んでも悪影響はなく、むしろ糖尿病の予防になる」ということは確かです。
 そこで、1日に3〜4杯くらいのコーヒーは健康によいのではないかと思われます。飲むタイミングは、朝と昼の食前に飲むといいでしょう。食後血糖値をおさえる効果が期待できます。そのほか、10時や3時のおやつの時間もお勧めです。

→高血圧を改善するコーヒーの効果

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたら発覚。血糖値は327mg/dl、ヘモグロビンA1cは9.6%と、かなり高い数値でした。また、合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。【体験談】横地芙美子(鳥取県・75歳・親業訓練協会シニアインストラクター) 


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

糖尿病の患者さんに糖質制限ダイエットを指導していますが「糖質制限すると外食ができません」という声が多く聞かれます。そこで私は、糖質を控えたい人が外食やコンビニでもメニューを選びやすいように、自らの体を使って、外食後の血糖値の変化や満足感などを調べることにしたのです。【解説】亀川寛大(なごみクリニック院長)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング