糖尿病予防には「白米」より「チャーハン」!その理由は?

糖尿病予防には「白米」より「チャーハン」!その理由は?

糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )


オイルと卵が血糖値上昇をおさえる!

糖質の吸収が緩やかになる!

 糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。しかし、思い違いをしてはいけません。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。

 したがって、糖尿病予防のためには、食事に占める糖質をへらすのがいちばんよい方法です。しかし、先祖代々、米を主食としてきた日本人が、いきなり糖質を断つのは、至難の業ではないかと思われます。
 そこで、糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。それは、オイルコーティング、つまり糖質を油とたんぱく質で包むという方法です。

 例えば、普通に炊いた白いご飯とチャーハンを比較したときに、どちらを食べたほうが、血糖値が上昇しやすいと思いますか?
 答えは、意外にも白いご飯のほうです。なんと油で炒めてあるチャーハンのほうが、血糖値が上がりにくいのです。

 このことは、実験でも明らかになっています。私は、どちらも同じ76gの糖質量にして、白米とチャーハンを食べたときの、食後血糖値の上昇を比較しました。すると、チャーハンはなんと、白米の半分以下に血糖値の上昇をおさえられることがわかったのです。

 なぜこのような結果になったのかというと、チャーハンの場合は、ご飯がオイルと卵でコーティングされているからです。

 要するに、脂肪やたんぱく質でくるまれていると、糖質をとっても、腸からの吸収が緩やかになるのです。そのため、食後、急激に血糖値は上がりません。そして、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌も少量で済み、膵臓への負担も軽くなると考えられます。

 このようにお話ししても、皆さんの中には、脂質であるオイルを摂取したら、コレステロール値が高くなるのではないかと、不安に感じる人もいるかもしれません。

 健康診断における日本の脂質の基準は、かなり厳しく設定されています。日本では意図的に悪玉とされているLDLコレステロールが140㎎/㎗を超えるだけで、薬を処方されてしまいます。

 アメリカでは、2013年2月に、アメリカ心臓病学会が、コレステロール値のガイドラインを10年ぶりに改訂しました。それによれば、LDLの基準値は190㎎/㎗に統一され、遺伝病の発見だけに使われて、低下治療の目標値は廃止されました。

 コレステロール値が高くても、元気で健康であれば、脂質を安心して摂取できます。つまり、血糖値の上昇を防ぐために、糖質をバターでコーティングしても、それほど問題ではありません。さらに、脂質の多い肉などをチャーハンに加えても大丈夫です。

バターライスやピラフでもOK

 ところで、アメリカ科学アカデミーが推奨している食事療法に、「DASH食」というものがあります。これは、高血圧の人の血圧を、コントロールするための食事法ですが、その内容が昨年見直されました。

 以前は、食事に占める糖質の割合が55%だったのが、40%に引き下げられました。糖尿病の予防のためには、1日に摂取する糖質の適量は130gになり、このことは糖尿病学会も認めています。ちなみに、日本人は、平均260gで、明らかに過剰摂取です。

 話を戻すと、糖質の割合が下がった分、割合が多くなったのがたんぱく質と脂質です。食事に占める割合は、糖質40%、脂質40%、たんぱく質20%が理想的になったのです。

 この割合をチャーハンに当てはめてみましょう。ご飯110g、バター15g、卵1個50g、鶏の胸肉50g。これにネギや葉物野菜を加えて作ると、まさに栄養バランスに優れた、おいしいチャーハンが出来上がります。
 糖尿病になっている人なら、糖質量を1食10g以下にする必要があると私は考えます。このため、ご飯を糸コンニャクに替えて具材をもっと多くした焼きソバにすると、おいしくいただけます。

 このオイルコーティングは、チャーハン以外の料理にも応用できます。

 バターライスやピラフにも、同じ効果が期待できるでしょう。カレーを食べるなら、普通のご飯にかけるよりも、本格的なカレー店で出されるようなバターライスにかけたほうが、血糖値が上がりにくくなります。糖尿病の人は、カレーのご飯やナンの代わりに、糖質オフのパンがお勧めです。

 同様に、パンを食べる場合は、たっぷりとバターやオリーブオイルをつけて、少ない枚数を食べたほうが、血糖値の上昇をおさえることができます。

 どうしても糖質を食べずにはいられない人は、このようにオイルコーティングしたご飯やパンをお勧めします。

 おいしく食べられるうえ、血糖値が上がらないという、すばらしい方法といえるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


糖尿病対策 血糖値

関連する投稿


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたら発覚。血糖値は327mg/dl、ヘモグロビンA1cは9.6%と、かなり高い数値でした。また、合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。【体験談】横地芙美子(鳥取県・75歳・親業訓練協会シニアインストラクター) 


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

糖尿病の患者さんに糖質制限ダイエットを指導していますが「糖質制限すると外食ができません」という声が多く聞かれます。そこで私は、糖質を控えたい人が外食やコンビニでもメニューを選びやすいように、自らの体を使って、外食後の血糖値の変化や満足感などを調べることにしたのです。【解説】亀川寛大(なごみクリニック院長)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング