糖尿病予防には「白米」より「チャーハン」!その理由は?

糖尿病予防には「白米」より「チャーハン」!その理由は?

糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )


オイルと卵が血糖値上昇をおさえる!

糖質の吸収が緩やかになる!

 糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。しかし、思い違いをしてはいけません。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。

 したがって、糖尿病予防のためには、食事に占める糖質をへらすのがいちばんよい方法です。しかし、先祖代々、米を主食としてきた日本人が、いきなり糖質を断つのは、至難の業ではないかと思われます。
 そこで、糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。それは、オイルコーティング、つまり糖質を油とたんぱく質で包むという方法です。

 例えば、普通に炊いた白いご飯とチャーハンを比較したときに、どちらを食べたほうが、血糖値が上昇しやすいと思いますか?
 答えは、意外にも白いご飯のほうです。なんと油で炒めてあるチャーハンのほうが、血糖値が上がりにくいのです。

 このことは、実験でも明らかになっています。私は、どちらも同じ76gの糖質量にして、白米とチャーハンを食べたときの、食後血糖値の上昇を比較しました。すると、チャーハンはなんと、白米の半分以下に血糖値の上昇をおさえられることがわかったのです。

 なぜこのような結果になったのかというと、チャーハンの場合は、ご飯がオイルと卵でコーティングされているからです。

 要するに、脂肪やたんぱく質でくるまれていると、糖質をとっても、腸からの吸収が緩やかになるのです。そのため、食後、急激に血糖値は上がりません。そして、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌も少量で済み、膵臓への負担も軽くなると考えられます。

 このようにお話ししても、皆さんの中には、脂質であるオイルを摂取したら、コレステロール値が高くなるのではないかと、不安に感じる人もいるかもしれません。

 健康診断における日本の脂質の基準は、かなり厳しく設定されています。日本では意図的に悪玉とされているLDLコレステロールが140㎎/㎗を超えるだけで、薬を処方されてしまいます。

 アメリカでは、2013年2月に、アメリカ心臓病学会が、コレステロール値のガイドラインを10年ぶりに改訂しました。それによれば、LDLの基準値は190㎎/㎗に統一され、遺伝病の発見だけに使われて、低下治療の目標値は廃止されました。

 コレステロール値が高くても、元気で健康であれば、脂質を安心して摂取できます。つまり、血糖値の上昇を防ぐために、糖質をバターでコーティングしても、それほど問題ではありません。さらに、脂質の多い肉などをチャーハンに加えても大丈夫です。

バターライスやピラフでもOK

 ところで、アメリカ科学アカデミーが推奨している食事療法に、「DASH食」というものがあります。これは、高血圧の人の血圧を、コントロールするための食事法ですが、その内容が昨年見直されました。

 以前は、食事に占める糖質の割合が55%だったのが、40%に引き下げられました。糖尿病の予防のためには、1日に摂取する糖質の適量は130gになり、このことは糖尿病学会も認めています。ちなみに、日本人は、平均260gで、明らかに過剰摂取です。

 話を戻すと、糖質の割合が下がった分、割合が多くなったのがたんぱく質と脂質です。食事に占める割合は、糖質40%、脂質40%、たんぱく質20%が理想的になったのです。

 この割合をチャーハンに当てはめてみましょう。ご飯110g、バター15g、卵1個50g、鶏の胸肉50g。これにネギや葉物野菜を加えて作ると、まさに栄養バランスに優れた、おいしいチャーハンが出来上がります。
 糖尿病になっている人なら、糖質量を1食10g以下にする必要があると私は考えます。このため、ご飯を糸コンニャクに替えて具材をもっと多くした焼きソバにすると、おいしくいただけます。

 このオイルコーティングは、チャーハン以外の料理にも応用できます。

 バターライスやピラフにも、同じ効果が期待できるでしょう。カレーを食べるなら、普通のご飯にかけるよりも、本格的なカレー店で出されるようなバターライスにかけたほうが、血糖値が上がりにくくなります。糖尿病の人は、カレーのご飯やナンの代わりに、糖質オフのパンがお勧めです。

 同様に、パンを食べる場合は、たっぷりとバターやオリーブオイルをつけて、少ない枚数を食べたほうが、血糖値の上昇をおさえることができます。

 どうしても糖質を食べずにはいられない人は、このようにオイルコーティングしたご飯やパンをお勧めします。

 おいしく食べられるうえ、血糖値が上がらないという、すばらしい方法といえるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


糖尿病対策 血糖値

関連する投稿


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

美容院でシャンプー後、蒸しタオルを後ろ首に当てるサービスがあるでしょう。後ろ首の内部にあるのは「脳幹」という脳の一部です。脳幹は自律神経や免疫、ホルモン分泌など生命を維持する機能の中枢を担っています。私は体調不良の原因は脳幹の機能低下にあると考えています【解説】沼田光生(日本自律神経免疫治療研究会会員・海風診療所院長)


【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが7・4%と、りっぱな糖尿病になっていたのです。そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。【解説】田中瑞雄(田中整形外科病院元院長 )


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング