難聴が回復!【水飲み療法】は突発性難聴で聴力を失いかけた私の危機を救った

難聴が回復!【水飲み療法】は突発性難聴で聴力を失いかけた私の危機を救った

私は、1998年に突発性難聴により左耳の聴力を失ってしまいました。2010年、難病指定の「遅発性内リンパ水腫」を発症。両耳の聴力を失うかもしれない絶望の中、「ハリ治療で難聴が治るらしいよ」というある友人の言葉を思い出しました。同時に私が実行したのは、水を飲むことでした。【体験談】上海在住●48歳●会社役員 吉野壽人


耳鼻科で聴力の回復を確認!

「ほんとうにうれしい」と吉野さん

 私は、1998年に突発性難聴が起こり、左耳の聴力を失ってしまいました。それでも、まだ右耳が聴こえていたので、日常生活に支障を来すことはありませんでした。

 ところが、2010年、今度は頼みの綱だった右耳の聴こえも悪くなってしまったのです。耳鼻科に行くと、「遅発性内リンパ水腫」とのこと。この病気は、難聴が起こってから何年もたった後、問題がなかったほうの耳まで聴こえなくなってしまうというものです。

 両耳が聴こえなくなれば、日常生活に大変な支障をきたします。私の場合は、そのときはまだ右耳の聴力は少し残っていましたが、相手に大きな声で話してもらわないと聴こえないし、会議に参加しても、議事内容が聴き取れないなど、困ることだらけでした。そのまま、完全に両耳の聴力を失ってしまったらと思うと、絶望的な気持ちでした。

 そんなとき、以前、ある友人が「ハリ治療で難聴が治るらしいよ」といっていたことを思い出しました。そこで、藤井德治先生の一掌堂鍼灸治療院を訪れ、ハリ治療を受けることにしたのです。

 すると、先生は「大丈夫、治療を続ければきっとよくなりますよ」といってくださったので、どれだけほっとしたかわかりません。

 その日から1週間は、毎日ハリ治療に通いました。その後は週に2〜3回のペースで通い続けたのです。
 それとともに、私が実行したのは、水を飲むことです。先生によれば、1日に2ℓくらいの水を飲むと、内耳にたまったリンパ液を排出できる可能性があるとのこと。その話を聞いて、私は耳が聴こえなくなるという最悪の状況を回避するために、必死で水を飲み続けたのです。

 このようにハリ治療と水飲みを継続していたところ、あるときから、「今日は聴こえがいいな」と思う日が何度かありました。

 その後、逆に聴こえが悪いと感じる日もありましたが、いつからか、聴こえがいい日が続くようになったのです。

 私は並行して投薬治療のため耳鼻科にも通っていました。そして、水飲みを始めて2ヵ月後に耳鼻科に行ったところ、完全に聴力が回復していることがわかったのです。そのときはほんとうに喜びました。
 投薬治療だけでなく、ハリ治療、水飲みなど、考えられるあらゆる方法を教え、施していただいたおかげで、聴力を失わずに済みました。

→水飲み療法の専門家の解説はこちら

1日に2Lくらいの水を飲んだら難聴が改善した!

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


【首の後ろ】美容院での蒸しタオル、実は医学的にとても良いサービス

【首の後ろ】美容院での蒸しタオル、実は医学的にとても良いサービス

美容院ではシャンプー後、蒸しタオルを後ろ首に当ててくれるところが多いようです。とても心地よく、寝入ってしまう人も多いと聞きます。蒸しタオルを外したあとは顔色がよくなり、視界が明るくなるのを実感するでしょう。これは、気のせいではありません。医学的に説明できる現象です。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

私の治療院では、6〜7年前から難聴や耳鳴りなどの患者さんに、鍼灸治療と並行して水飲み療法を勧めています。この療法を始めたきっかけは、「大量に水を飲んだら、耳鳴りがよくなった」という、患者さんの話でした。【解説】藤井德治(アクア鍼灸療法 一掌堂治療院院長)


【医師解説】耳管開放症、メニエール病、耳鳴りにとてもよく効く「爪もみ」のやり方

【医師解説】耳管開放症、メニエール病、耳鳴りにとてもよく効く「爪もみ」のやり方

爪もみは、手軽で効果の高い家庭療法の一つです。爪の生え際を指でつまんで刺激するだけで、「メニエール病のめまいが改善した」「耳鳴りが消えた」「頻尿が治った」「白内障と老眼が改善し、視力が向上した」など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)


【即効】蒸しタオル療法 病院で治らなかった耳鳴りに効果!めまいが改善!

【即効】蒸しタオル療法 病院で治らなかった耳鳴りに効果!めまいが改善!

耳鳴りの症状は、いくら本人がつらくても、周りの人にはなかなか理解されにくいものです。頭の中で四六時中、音が鳴り響くために、うつ病や不眠症といった、精神的な疾患につながるケースも少なくありません。【解説】板坂浩志(ひろ整骨院院長)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング