1日17品を食べ歩いても太らない!ヨネスケさんは【ヨーグルト漬物】で絶好腸

1日17品を食べ歩いても太らない!ヨネスケさんは【ヨーグルト漬物】で絶好腸

私は、子供のころから病気知らずで、学校や仕事を休んだことがほとんどありません。そんな私でも、一つだけ弱いところがありました。それは、腸です。ヨーグルトを頻繁にとるようになってから、下痢はもちろん、便秘もしなくなりました。【体験談】ヨネスケさん(落語家・タレント)


「大病もせず、グルメレポーターや食べ歩きをしながらも太らないのは腸の調子がいいから」とヨネスケさん

しっかりした便が1日に2〜3回出る

 私は、子供のころから病気知らずで、学校や仕事を休んだことがほとんどありません。そんな私でも、一つだけ弱いところがありました。それは、腸です。学生時代から下痢をしやすい体質で、便意を催すと、頻繁に下痢をしていたものです。

 その症状も、ヨーグルトを頻繁にとるようになってから、ほとんど出なくなったのです。下痢はもちろん、便秘もしなくなりました。しっかりした便が、1日に2〜3回出ることもあるほどです。また、代謝もよくなったのか、よく汗をかくようにもなりました。

 現在65歳ですが、還暦を過ぎたあたりから、意識して野菜を食べるようにしました。ただ、もともと野菜はあまり好きではないので、食べやすくするために始めたのが、野菜をヨーグルトに漬ける「ヨーグルト漬物」です。

 ほんとうは、ぬか漬けでもよかったのですが、ぬか床を毎日かき回さなくてはいけないのが、とても大変です。そこで、ぬかの代わりにヨーグルトを床にすると、簡単なうえ、食べやすくておいしいという話を聞き、始めました。

 では、ヨーグルト漬物の作り方をお教えします。
❶ 大きめの密閉容器の4分の3までヨーグルト(無糖)を入れます。そこに、塩を適量入れ、よく混ぜてください。
❷ キュウリ、ナス、カブ、キャベツ、ニンジンなど、冷蔵庫にある野菜を適当な大きさに切り、① に入れます。密閉容器にふたをして、冷蔵庫に1週間ほどおいたら、出来上がりです。

 密閉容器から野菜を取り出して一口サイズにしたら、すぐに食べられるので、とても手軽です。
 野菜についたヨーグルトも、除かず口に運んでいます。私の場合、塩分を控えめにしていますが、物足りないときはしょうゆを少し垂らすと、とてもおいしく食べられます。密閉容器に野菜がなくなったら、新たに野菜を入れましょう。ヨーグルトの床は1ヵ月ほど使います。

 自宅にいるときは、ほぼ毎日、これを漬物として食べています。
 このほかにも、毎朝、ヨーグルトドリンクも作って飲んでいます。ヨーグルト(無糖)に、キュウリ、赤パプリカ、ブロッコリー、プチトマト、オレンジ、キウイフルーツ、黒酢を少々入れて、ミキサーにかけるだけです。これを朝食代わりに、500mLほど飲んでいます。

元気の秘訣はしっかり食べること

 私の食生活の基本は、体が欲するものを食べることです。
 35歳くらいから、食事は魚が中心でした。それが、60歳を過ぎたあたりから、肉食に戻ってきたのです。特に、夜は焼き肉でも油物でも、ガツンとしたものをよく食べています。そのぶん、意識して野菜を食べるようになりました。

 そして食後に、チョコレート、アイスクリーム、ケーキ、和菓子などの甘いものを食べることもよくあります。お酒も週に3〜4日は飲みます。飲むときはとことんなので、そのほとんどは朝方まで飲んでいますね。

 ほかにも、グルメレポーターの仕事が週1回のペースであります。その際は、1日に平均10品、多いときで17品ほど食べることもあるのです。

 また、仕事などで地方に行くたびに、全国各地の駅弁、空弁を食べて、その感想をブログ(インターネット上の日記)に書くのをライフワークにしています。それが今では、空弁のプロデュースをしたり、本を出版したりするまでになりました。

 一般的に、年とともに食が細くなりますが、私の場合、もともと食べ歩きが好きだというのもあって、おかげさまで、ますます食欲旺盛です。むしろ、しっかり食べていることが、元気の秘訣かもしれません。

 大病もせず、65歳でこのような食生活をしても太らないのは、腸の調子がいいからでしょう。それも、ヨーグルト漬物とヨーグルトドリンクの相乗効果ではないかと思っています。

ぬかの代わりにヨーグルト。簡単な上、食べやすくておいしい

ヨネスケ(落語家・タレント)
1948年、千葉県生まれ。高校卒業後、桂米丸氏に弟子入り。1971年に二つ目、1981年に真打ちに昇進。人情味あふれるキャラクターで、『突撃!隣の晩ごはん』(日本テレビ系)コーナーで人気を博す。テレビや寄席のほか、講演会でも活躍。著書に、『人たらしの極意』(小学館)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング