【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

【糖尿病】カロリー制限よりも糖質制限!医大教授が実践するこの健康法

β細胞の力を戻すためには、糖質を取らないのが一番です。この自分の仮説を信じ、私は、できるだけ糖質を取らない食事療法へと変えました。すると、わずか2週間で、空腹時血糖値が90ml/dlまで下がったのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学人間科学部教授)


食事療法を厳守しても糖尿病が再発した

 私は長年、寄生虫や免疫(病気に抵抗する働き)の研究を続けています。その研究で、28歳からは毎年、インドネシアへ医療調査に出掛けています。
 今から十数年前、重度の糖尿病を患ったのもインドネシアでした。真夏のインドネシアで、水分補給のために飲んでいたスポーツドリンクで、いわゆるペットボトル症候群(急性の糖尿病)になってしまったのです。

 帰国後、私は糖尿病専門医による徹底的な食事療法を始めました。日本糖尿病学会も推奨する、高糖質低カロリー食です。この食事療法とインスリン療法によって、血糖値はどうにか落ち着きました。
 ところがその10年後、糖尿病が再発してしまったのです。このときの空腹時血糖値は450㎎/㎗でした(正常値は110㎎/㎗未満)。

 糖尿病が再発するまでの間、私は高糖質低カロリー食を厳守していました。ステーキなどの脂質は抑え、摂取カロリーの約6割は、白米やめん類などの糖質で当てていたのです。

 それでも糖尿病が再発したのは、膵臓のβ細胞が疲弊したために違いない、と私は考えました。膵臓のβ細胞が疲弊すると、体内のブドウ糖を肝臓や筋肉に取り込むインスリンが分泌されなくなります。
 β細胞の力を戻すためには、糖質を取らないのが一番です。この自分の仮説を信じ、私は、できるだけ糖質を取らない食事療法へと変えました。

 すると、わずか2週間で、空腹時血糖値が90㎎/㎗まで下がったのです。さらに中性脂肪値も下がり、善玉コレステロールと呼ばれるHDLが増えてきました。私の体にとって、糖質は不要なものだったのです。

「健康と長生きの秘訣」と藤田先生

糖質の取り過ぎは活性酸素を増やす

「糖質は不要」
 実は、これは糖尿病患者だけでなく、50歳以上の人すべてに当てはまります。

 人間の体は、酸素や食物をエネルギーに変えるために、「解糖エンジン」と「ミトコンドリアエンジン」の、2種類のエンジンを持っています。このエンジンは、50歳前後を境に、メインとサブが入れ替わります。
 解糖エンジンは、糖を燃料としてエネルギーを作ります。血中のブドウ糖を利用して、瞬時にエネルギーを作れるのが特徴です。皮膚や筋肉、精子、骨髄細胞など分裂の盛んな細胞は、解糖エンジンで作られるエネルギーで活動しています。

 これに対し、ミトコンドリアエンジンは、酸素を燃料としてエネルギーを作ります。瞬発力はありませんが、持続力に優れており、心臓や脳細胞など、持続してエネルギーの必要な部位への供給を担当しています。
 若くて活動的な時期は、瞬発力に優れる解糖エンジンが活躍します。しかし、瞬発力より持続力が求められる中年期以降は、解糖エンジンはさほど必要ではありません。

 もちろん、中年期以降に、解糖エンジンがまったく働かなくなるわけではありません。ただ、糖質の取り過ぎで、解糖エンジンの活動が活発になり過ぎると、ミトコンドリアエンジンがうまく働かなくなります。その結果、本来なら燃料として使われるべき酸素が、体内で活性酸素に変わってしまうのです。
 活性酸素は、体内で増え過ぎると病気や老化の一因となる物質です。日本人の四大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病)にも、活性酸素が関係しています。

 また、近年の研究で、活性酸素がアルツハイマーとかかわっていることがわかりました。脳血管性認知症も、活性酸素によって脳の血管に障害が起こることで生じます。ですから、活性酸素の害を減らすためにも、糖質は控えたほうがいいのです。

「でも、脳のエネルギー源はブドウ糖だから、糖質を制限すると頭が働かなくなる」と思う人も多いでしょう。私も、昔はそう信じていました。

 しかし、「糖質制限食」に切り替えても、頭の働きが衰えたとは感じていません。むしろ、以前よりイライラしなくなったと思います。加えて体重も減り、糖尿病になったときは83kgだった体重が、現在は73kgになりました(身長は179cm)。
 50歳になったら糖質を控える。これが健康と長生きの秘訣だと、私は考えます。ぜひ、皆さんも実践してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


糖質制限食 血糖値

関連する投稿


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


スプーン2杯の「ジンたまジャム」で 糖尿病、高血圧を撃退! 免疫力もアップ!

スプーン2杯の「ジンたまジャム」で 糖尿病、高血圧を撃退! 免疫力もアップ!

私は管理栄養士として、糖尿病をはじめとする生活習慣病の患者さんや、その予備軍の方々が、長くらくに続けられる食事療法はないかと、長年研究・工夫を重ねてきました。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【専門医】糖尿病は3kgやせれば治る - 血糖値を下げるのではなく体重を少し落とすことを心掛けよ

【専門医】糖尿病は3kgやせれば治る - 血糖値を下げるのではなく体重を少し落とすことを心掛けよ

インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンで、血液中の糖分を取り込み、エネルギー源として体に蓄積する役割を担っています。食べれば食べるほどインスリンがたくさん分泌され、血液中の糖分量が調整されると同時に、エネルギーが体にため込まれます。つまり、太っていくのです。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


コーヒーは2型糖尿病リスクを下げると各国が発表!飲み方は?

コーヒーは2型糖尿病リスクを下げると各国が発表!飲み方は?

かつて、コーヒーは多飲すると体に悪いという印象がありましたが、最近の疫学研究で、コーヒーの健康にいい点が指摘されています。アメリカ、スウェーデン、日本などで、コーヒーが2型糖尿病に効果があるという研究結果が次々と報告されているのです。【解説】古野純典(九州大学名誉教授 )


【ステーキは長寿食】50歳を過ぎたら肉を食べよ!その理由と食べ方のコツ

【ステーキは長寿食】50歳を過ぎたら肉を食べよ!その理由と食べ方のコツ

「肉はとってはいけない」と思う人が多いようです。肉を食べると、コレステロールがふえて血管にたまり、動脈硬化を起こし、腸内環境が悪化すると考えるからです。しかし、長寿を考えると、これは間違いです。50歳を過ぎて、長生きしたければ、肉を食べなければなりません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


最新の投稿


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

私のクリニックでは、現代医学や漢方などのほか、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎない治療を提案しています。具体的には、日本の伝統食にのっとった食事法の一つ、マクロビオティックをもとに、食事の指導をしているのです。ここでは高血圧を食事で改善する「血圧を下げる降圧食」をご紹介します【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング