【酢タマネギ】医師の私も常食する酢タマネギは、血糖値や血圧を下げ、合併症も強力に防ぐ特効食

【酢タマネギ】医師の私も常食する酢タマネギは、血糖値や血圧を下げ、合併症も強力に防ぐ特効食

私たちは、野菜や果物を摂取する必要がありますが、特に糖尿病の人は、タマネギなどのファイトケミカルを、できるだけ積極的に取るよう心掛けましょう。おいしくファイトケミカルが取れる方法としてお勧めなのが、酢タマネギです。簡単に作れるので、皆さんもぜひお試しください。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


血液をサラサラにし、しなやかな血管を保つ

 私は、ハチミツを少量加えた酢にタマネギを漬けて作る「酢タマネギ」を、10年以上前から毎日欠かさず食べています。
 クリニックを受診される患者さんの多くは、高血糖(血液中の糖が多過ぎる状態)、高血圧、高脂血症(血液中の中性脂肪やコレステロールが増え過ぎた状態)、肥満を抱えています。そうした患者さんにも、酢タマネギを勧めているのです。
 実際、食事に酢タマネギを取り入れた患者さんの中には、血糖値、血圧、中性脂肪値が下がった人、便秘が改善した人、自然にダイエットできた人などがたくさんいます。

 タマネギには、ファイトケミカルと呼ばれる植物由来の抗酸化物質が豊富に含まれています。ファイトケミカルは、従来、色の濃い緑黄色野菜に多いとされていましたが、最近になって、タマネギなどの色の薄い(白い)野菜にも、多く含まれることがわかってきました。
 タマネギに含まれるファイトケミカルの代表格の一つが、 硫化アリル。タマネギ特有の刺激臭の元となる成分です。硫化アリルは、血管内で血栓(血液の塊)ができるのを防ぐ働きや、血液中の余分な糖や脂質を減らす働きがあります。また、糖をエネルギーとして利用するさいに必要な、ビタミンB1の吸収を高める働きもあります。

 さらに、タマネギに含まれるケルセチンというポリフェノールの一種も、血液中の余分な糖質や脂質を減らして血液をサラサラにし、強い抗酸化作用で血管をしなやかに保ってくれるのです。
 糖尿病には、活性酸素(体内で増え過ぎると細胞を傷つけ老化の一因となる物質)が大きくかかわっているとされています。糖尿病になると、自覚症状がほとんどないまま動脈硬化が進み、やがて、糖尿病網膜症(カメラのレンズの役目をする網膜に損傷が生じる病気)、糖尿病腎症、糖尿病神経症などの重大な合併症を引き起こす危険があります。

 したがって、糖尿病の改善や予防には、活性酸素を消去することが大切です。その点で、ファイトケミカルの摂取はとても重要といえます。

 私たちは、野菜や果物を摂取する必要がありますが、特に予備軍を含めた糖尿病の人や、糖尿病の温床ともいえる肥満の人は、タマネギなどのファイトケミカルを、できるだけ積極的に取るよう心掛けましょう。
 おいしくファイトケミカルが取れる方法としてお勧めなのが、酢タマネギです。簡単に作れるので、皆さんもぜひお試しください。

自分ならではの食べ方を見つけるのも楽しい!

耳鳴りが軽減し、便通も改善!

 使用する酢は、玄米酢や黒酢など、醸造酢ならなんでも構いませんが、私はマイルドな味わいのリンゴ酢が気に入っています。リンゴ酢を使うと、初めての人でも食べやすい味の酢タマネギが作れるのでお勧めです。

 なお、酢タマネギを上手に活用するポイントは、タマネギそのものを食べるほか、漬け汁も残さずに使うこと。血糖値や血圧を安定させるタマネギの有効成分は、漬け汁にも溶け出しているからです。

 こうして作った酢タマネギを私は毎朝、しょうゆ皿に山盛り1杯ほど食べています。さらに漬け汁もおいしく飲めるので、しょうゆ皿に残った漬け汁は必ず飲み干します。漬けてある容器から漬け汁を少量取ってそのまま飲んだり、水で薄めて飲んだりすることもあります。

 酢タマネギは、サラダに加えたり、豆腐にのせたり、納豆に混ぜたりするなど、いろいろな食べ方があります。自分ならではの食べ方を見つけるのも楽しいのではないでしょうか。
 なお、漬け汁がもし飲みにくいと感じたら、料理にぜひ活用してください。

 最初にお話ししたように、私は、酢タマネギをもう10年以上取り続けていますが、おかげで、便通の改善や耳鳴りの軽減、適正体重の維持、そしてなによりも全身に元気がみなぎって、疲れ知らずで日々の激務をこなしています。
 糖尿病や合併症、高血圧、肥満など、さまざまな症状を予防し改善する酢タマネギをぜひ利用して、皆さんの健康づくりに役立ててください。

酢タマネギを勧める周東先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


1日に食べる量は?漬け酢はどうする?「酢玉ねぎ」Q&A

1日に食べる量は?漬け酢はどうする?「酢玉ねぎ」Q&A

よくある疑問にズバリ回答!どこよりも詳しく分かる「酢タマネギ」Q&A【回答】周東寛(医学博士・南越谷健身会クリニック院長)


酢玉ねぎを食べたら不整脈が改善―そして突然、30年ぶりに朝立ち

酢玉ねぎを食べたら不整脈が改善―そして突然、30年ぶりに朝立ち

健康診断で不整脈が見つかり、医師から薬を勧められました。病状としては、いわばグレーゾーンでした。ただ、私の父にも不整脈があり、脳梗塞で亡くなっていました。そのため、このままではいけないと思い、始めたのが、酢玉ねぎでした。【体験談】小田昭二(仮名・会社員・57歳)


【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)。スープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、長引かなくなりました。80代の父と母も、高齢にもかかわらず元気です。【解説】藤本厚子(アツコアカデミー代表)


増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに 食事療法で治す方法はコレ

増加中【新型の脂肪肝】放っておくと肝硬変やガンに 食事療法で治す方法はコレ

脂肪肝について、どんなイメージを持っていますか?「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。ところが最近の研究で、肝硬変や肝臓がんに進行する怖いタイプの脂肪肝が存在することがわかってきました。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

野菜スープに多い「ファイトケミカル」と5大栄養素の違いはここ

ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分です。紫外線により発生する活性酸素や、害虫などによる危害から、植物が身を守るために自ら作り出す成分です。植物しか作ることができないので、我々動物は、植物を食べることによってしかファイトケミカルを取ることができません。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学)


最新の投稿


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

私のクリニックでは、現代医学や漢方などのほか、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎない治療を提案しています。具体的には、日本の伝統食にのっとった食事法の一つ、マクロビオティックをもとに、食事の指導をしているのです。ここでは高血圧を食事で改善する「血圧を下げる降圧食」をご紹介します【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング