【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

「歩くと痛い」という場合、症状のかなり多くを占めるのが「ひざの痛み」です。 その主なものは、年齢とともに増えてくる変形性膝関節症によるひざ痛です。変形性膝関節症は、ひざ関節でクッション役を果たしている軟骨が、すり減って痛みを起こす病気です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


足底板を使うよりずっと手軽

「歩くと痛い」という場合、症状のかなり多くを占めるのが「ひざの痛み」です。
 その主なものは、年齢とともに増えてくる変形性膝関節症によるひざ痛です。
 変形性膝関節症は、ひざ関節でクッション役を果たしている軟骨が、すり減って痛みを起こす病気です。1対4の割合で男性より女性に多く見られ、高齢になるほど増えてきます。

 ひざ関節の軟骨がすり減る原因としては、加齢のほか、肥満や筋力低下、O脚などがあります。特に日本人は、もともとO脚の傾向を持つ人が多く変形性膝関節症とO脚との関係は重要です。
 O脚とは、両足をそろえて直立したときに、左右のひざがつかない状態をいいます。特に、指の幅3本分以上離れている場合は、問題とされます。
 多くの場合、肥満で体重を支えきれない、加齢や運動不足で太ももの筋肉が衰え、ひざ関節を支えきれないといったことが、原因として考えられます。なんとかして支えようと、ひざを外側に開く悪い姿勢が習慣化する結果、O脚になってしまうのです。

 O脚になると、足の小指側に重心がかかる、外側重心になります。すると、足が外向きに湾曲する分、ひざ関節の内側にはもろに負担がかかるようになり、ひざ関節の内側がこすれやすくなります。

 このようにして変形が進み、重度になった変形性膝関節症は、整形外科での専門的な治療が必要になります。
 しかし、初期の軽いうちであれば、進行を防いで症状を改善する、いくつかの方法があります。整形外科で、一般によく用いるのは、傾斜をつけた足底板(足の裏に装着する板)などで、重心の正常化を図る方法です。
 ただ、これは医療機関で作る必要があり、作ったとしても、面倒くさい、好きな靴がはけないなどから、なかなか継続して使ってもらえないというのが実状です。

 そこで、手軽にできるO脚改善法、ひいてはひざ痛改善として、私がお勧めしているのが、「足の親指バンソウコウ」という方法です。
 これは、名称のとおり、足の親指にバンソウコウを巻くだけの、いたって簡単な方法です。なぜ、そんな簡単な方法で、O脚やひざの痛みが改善できるかというと、O脚の根本原因である外側重心の悪いクセを矯正する、意識付けとして役立つからです。

 ひざ痛の大きな原因となるO脚を改善するには、足の外側に偏っている重心を、意識的に足の親指寄りに戻し、「内側重心」にする必要があります。

親指に意識が向き、自然と内側重心になる

 しかし、「内側に重心をかけよう」とただ意識するだけでは、すぐに忘れてしまうのが人間です。ところが、親指にバンソウコウを巻いておくと、歩行のさい、そこに普段とは違う圧力がかかるので、自然に親指に意識が向き、内側重心になるのです。

 また、足の親指にバンソウコウを巻いている感覚は、私たちの脳には一種の違和感として刻み込まれます。
 これを解消したいという意識下の働きによって、歩くときに、親指側をグッと踏み締め、けり上げる動きが強化されます。
 これにより、足裏のアーチ構造を強化でき、正常な土踏まずが再生されます。
 このことによっても、O脚が改善していくのです。

 足の親指バンソウコウの具体的なやり方は、とても簡単です。バンソウコウは、血流が妨げられないよう締め付け過ぎず、程よい強さで巻きましょう。このようにして、1日20分ほど正しく歩く練習をすると、O脚とひざ痛の改善に効果的です。
 そして、このバンソウコウは、日中は巻いたままにしておきましょう。こうすることで、普段歩くときにも、無意識に内側重心の効果が得られるからです。

 バンソウコウは、原則的に、朝起きたときに巻き、夜、入浴前に外すとよいでしょう。ただし、肌がかぶれやすい人は、長時間巻きっ放しにしないでください。
 手軽にできて、O脚とひざ痛の改善に役立つ足の親指バンソウコウを、ぜひお試しください。

足の親指バンソウコウのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


痛みがあってもできる!ひざ痛対策運動「ひざの曲げ伸ばし」とは 水が減り、たまりにくくなる

痛みがあってもできる!ひざ痛対策運動「ひざの曲げ伸ばし」とは 水が減り、たまりにくくなる

ひざ痛を招く要因はケガを除けば主に3つあります。肥満、姿勢の悪さ、動かし不足、この3つです。痛みの主な原因が肥満や姿勢の悪さにある人が、減量したり、姿勢をよくしたりするのは、当然のことです。ここでは、肥満や姿勢などに関係なく、ひざ痛に悩む人全員にお勧めしたい体操を紹介します。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)


【変形性膝関節症】ひざ痛を改善するサプリに頼らない食事「OK食品・NG食品」を専門医が紹介

【変形性膝関節症】ひざ痛を改善するサプリに頼らない食事「OK食品・NG食品」を専門医が紹介

変形性ひざ関節症は男性に比べて女性の発症率が高く、当院の患者さんも、60〜80代の女性が中心です。患者さんには「体重を減らす」「骨や軟骨を丈夫にする」「筋肉をつける」という三つを目標に日常生活を送るよう指導します。まずは食事の改善から始めるといいでしょう。【解説】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)


【ひざ痛が改善】1日3分の「ひざ伸ばし」で手術を回避できた!医大教授が効果を実証

【ひざ痛が改善】1日3分の「ひざ伸ばし」で手術を回避できた!医大教授が効果を実証

ひざの痛みを訴えて整形外科を受診する人の多くが「変形性ひざ関節症」です。なりやすい人の傾向として「肥満ぎみ」「女性」「足の筋力が弱い」「運動不足」が挙げられます。原因にはもう一つ、「関節包」という組織が関係していることがわかってきました。【解説】千葉純司(東京女子医科大学東医療センター整形外科部長・教授)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(2)

【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(2)

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)【料理】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

電車の中などでスマホを見るときも、できるだけ目の高さ近くに持ってくるようにします。片方の手で長く持ち上げていると腕が疲れるので、逆の手でひじを支えるとらくになります。タブレット端末の大きさによりますが、小型のものならこの方法が使えます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング