【ひざ痛改善には】押す、もむ以外に「引っ張る」という選択肢を

【ひざ痛改善には】押す、もむ以外に「引っ張る」という選択肢を

変形性膝関節症は、初めはなんとなくひざが重く感じられ、そのうちに違和感やこわばりに変わっていきます。しだいに歩き始めに痛みが起こるようになる、という経過をたどるのが一般的です。何年もかけて進行したひざ痛を改善し、症状の進行を防ぐ「ひざ伸ばし」をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「ひざ伸ばしは症状の進行を防ぐ」と福辻先生

何年もかけて進行したひざ痛が改善する

 ひざは、日常的に大きな負担を受けやすい関節です。
 というのも、ひざにかかる負担は、平地を歩いているときには体重の3倍、階段の上り下りでは8倍もの荷重を受けているからです。

 50代以上の女性に多い変形性膝関節症は、ひざの軟骨がすり減り、関節が変形して起こる病気ですが、毎日これだけの荷重を受け、それに加え加齢や体重増加が重なれば、ひざに痛みが現れるのもうなずけます。
 変形性膝関節症は、初めはなんとなくひざが重く感じられ、そのうちに違和感やこわばりに変わっていきます。そして、しだいに歩き始めに痛みが起こるようになる、という経過をたどるのが一般的です。それが、何年もかけてゆるやかに進行します。

 今回皆さんにご紹介する「ひざ伸ばし」は、何年もかけて進行したひざ痛を改善し、症状の進行を防ぐ簡単な方法です。

 まず、イスに座り、右ひざの裏を、左のひざ頭に当てます。いわゆる「足を組んだ」状態ではありません。このとき、右のつま先と、左のつま先は、ほぼ同じ方向を向くようにします。

 次に、左ひざを前後に少しずらしながら、右ひざの裏を30秒ほど刺激します。

 右ひざを中心として、ひざから下(すね)の骨をつま先側に、ひざから上(太もも)の骨をそけい部側に、それぞれ引き離すようなイメージで行うことが大切です。 たったこれだけのことですが、右ひざの痛みはだいぶ取れるはずです。
 同様に、反対側の足も行ってみましょう。

ひざの詰まりが取れ、痛み物質が排出される

 ひざ関節は、一般的に「お皿」と呼ばれる膝蓋骨と、大腿骨(太ももの骨)、脛骨(すねの内側にある太い骨)、腓骨(すねの後ろ外側にある細い骨)によって構成されています(図参照)。

 さらに、大腿骨と脛骨の間には、関節軟骨や半月板があり、クッションの役割をしています。
 このクッションの役割をしている軟骨は、ひざ関節に負担がかかるたびに少しずつすり減ってきます。そして、それが限界を超えると炎症を起こし、症状として現れてくるのです。

 ひざ伸ばしは、近づき過ぎた大腿骨と脛骨を引き離してすき間をつくり、患部の炎症を抑える効果があります。
 たとえわずかな間でも、ひざの「詰まり」を取ることで、それまで患部で滞っていた痛み物質の排出が促され、血液やリンパ(体内の老廃物や毒素、余分な水分を運び出す体液)の流れはよくなります。

 そして、ひざ関節の周辺にある筋肉や腱も伸びるため、炎症の解消とともに、関節が動きやすくなるのです。
 このように、炎症が起こっている関節部位は、もんだり、押したりするほかに、「引っ張って治す」選択肢もあります。
 皆さんも、仕事や家事の合間のリラックスタイムにぜひ行ってください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


【医師が推奨】ひざ痛が改善する6つの栄養素とおすすめ食品

【医師が推奨】ひざ痛が改善する6つの栄養素とおすすめ食品

健康を維持するには、体に必要な栄養素を取ることが大変重要です。各栄養素をまんべんなく取るのが理想的ですが、今回は、ひざ痛の予防や改善のために、積極的に取りたい栄養素と、それを豊富に含む食品、効果的な調理例をご紹介します。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長)


ひざ痛に効く「耳の下さすり」ー実は、耳の下に自律神経活性化スポットが!

ひざ痛に効く「耳の下さすり」ー実は、耳の下に自律神経活性化スポットが!

耳の下さすりは、私が提唱している「反応点治療」の核となるものです。反応点治療では、反応点と呼ぶ皮膚のポイントへの刺激によって、自律神経のコントロールを行い、さまざまな症状を改善に導きます。【解説】河村廣定(神戸東洋医療学院学科長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング