即効!慢性のひざ痛に効果ーひざを温め足裏を冷やす「温冷湿布」

即効!慢性のひざ痛に効果ーひざを温め足裏を冷やす「温冷湿布」

慢性的な膝痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)


体質により、冷やすか温めるかが決まる

 中高年になると、ひざ痛に悩まされる人が増えてきます。ひざの痛みには、急性期と慢性期があります。
 急性期は、ひざを痛めた直後の痛みが激しい時期をいい、ひざ関節に炎症や腫れが見られ、ひざに熱を持っています。急性期を過ぎた後が慢性期で、ひざの炎症や腫れはひいたものの、痛みが残っている状態のこと。

 慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。

 ひざと足の裏の温冷・温温布を正しく行うには、まず、自分の体質の見極めが必要です。慢性的なひざ痛の場合、どんな人でもひざを温めることが有効ですが、足の裏の温湿布がよいか冷湿布が適しているかは、その人の体質によって異なるからです。

 東洋医学では、「証」と呼ばれる病気の根本原因や体質を見定めた上で、その人の体質に合った薬や治療方法を選択します。そうした体質の代表的なタイプ分類が、「陰虚」と「陽虚」です。
「陰虚」とは、体を冷やし、体を潤す陰の気(一種の生命エネルギー)が不足しているタイプの人。手足がほてる、のぼせやすい、汗をかきやすい、トイレに行く間隔が長い、足がむれやすく靴を脱ぐと臭い、小太りである、といった特徴に当てはまるものが多い人は、陰虚体質と考えられます。
「陽虚」とは、体を温めたり、機能を活発にさせたりする陽の気が不足しているタイプの人。冷え症で手足が冷たい、汗をかきにくい、トイレが近い、疲れやすい、やせ気味である、といった特徴に当てはまるものが多い人は、陽虚体質と考えられます。

 陰虚体質の人は、ひざが冷え、足先がほてっているため、ひざを温めると同時に、足裏を冷やすのが有効です。陽虚体質の人は、ひざと足先の両方が冷えているので、ひざと足裏をともに温めるのが有効です。
 自分がどちらの体質か判断がつきかねる場合は、ひざだけを温めるとよいでしょう。

気持ちがよく痛みも軽くなる

 ひざ関節は筋肉に覆われていないため、冷えやすく、汗をかくとすぐに冷えてしまうので、温めることが大切です。
 ひざを温めるときは、左右のひざの関節のすぐ上の内もも側にある血海というツボを中心に温めることがポイントです。

 血海は、血行の改善に効果的なツボで、ここを温めることにより、ひざから足先まで温かい血液がスムーズに流れるようになり、ひざの痛みや腫れ、むくみが改善するのです。
 自律神経(全身の機能を調整する神経)が切り替わるには、一般に15分くらいかかると考えられているので、ひざと足の裏の温冷湿布は15分以上を目安に行うといいでしょう。

 また、ひざの温湿布は、使い捨てカイロなどの道具がなくても、自分の手で簡単にできます。座って両ひざの内側に手のひらを当てておくだけで、ひざが温まって気持ちがよく、痛みも軽くなります。外出時に歩き疲れてひざが痛くなったときなどに、ぜひ試してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

最新の投稿


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

電車の中などでスマホを見るときも、できるだけ目の高さ近くに持ってくるようにします。片方の手で長く持ち上げていると腕が疲れるので、逆の手でひじを支えるとらくになります。タブレット端末の大きさによりますが、小型のものならこの方法が使えます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング