即効!慢性のひざ痛に効果ーひざを温め足裏を冷やす「温冷湿布」

即効!慢性のひざ痛に効果ーひざを温め足裏を冷やす「温冷湿布」

慢性的な膝痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)


体質により、冷やすか温めるかが決まる

 中高年になると、ひざ痛に悩まされる人が増えてきます。ひざの痛みには、急性期と慢性期があります。
 急性期は、ひざを痛めた直後の痛みが激しい時期をいい、ひざ関節に炎症や腫れが見られ、ひざに熱を持っています。急性期を過ぎた後が慢性期で、ひざの炎症や腫れはひいたものの、痛みが残っている状態のこと。

 慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。

 ひざと足の裏の温冷・温温布を正しく行うには、まず、自分の体質の見極めが必要です。慢性的なひざ痛の場合、どんな人でもひざを温めることが有効ですが、足の裏の温湿布がよいか冷湿布が適しているかは、その人の体質によって異なるからです。

 東洋医学では、「証」と呼ばれる病気の根本原因や体質を見定めた上で、その人の体質に合った薬や治療方法を選択します。そうした体質の代表的なタイプ分類が、「陰虚」と「陽虚」です。
「陰虚」とは、体を冷やし、体を潤す陰の気(一種の生命エネルギー)が不足しているタイプの人。手足がほてる、のぼせやすい、汗をかきやすい、トイレに行く間隔が長い、足がむれやすく靴を脱ぐと臭い、小太りである、といった特徴に当てはまるものが多い人は、陰虚体質と考えられます。
「陽虚」とは、体を温めたり、機能を活発にさせたりする陽の気が不足しているタイプの人。冷え症で手足が冷たい、汗をかきにくい、トイレが近い、疲れやすい、やせ気味である、といった特徴に当てはまるものが多い人は、陽虚体質と考えられます。

 陰虚体質の人は、ひざが冷え、足先がほてっているため、ひざを温めると同時に、足裏を冷やすのが有効です。陽虚体質の人は、ひざと足先の両方が冷えているので、ひざと足裏をともに温めるのが有効です。
 自分がどちらの体質か判断がつきかねる場合は、ひざだけを温めるとよいでしょう。

気持ちがよく痛みも軽くなる

 ひざ関節は筋肉に覆われていないため、冷えやすく、汗をかくとすぐに冷えてしまうので、温めることが大切です。
 ひざを温めるときは、左右のひざの関節のすぐ上の内もも側にある血海というツボを中心に温めることがポイントです。

 血海は、血行の改善に効果的なツボで、ここを温めることにより、ひざから足先まで温かい血液がスムーズに流れるようになり、ひざの痛みや腫れ、むくみが改善するのです。
 自律神経(全身の機能を調整する神経)が切り替わるには、一般に15分くらいかかると考えられているので、ひざと足の裏の温冷湿布は15分以上を目安に行うといいでしょう。

 また、ひざの温湿布は、使い捨てカイロなどの道具がなくても、自分の手で簡単にできます。座って両ひざの内側に手のひらを当てておくだけで、ひざが温まって気持ちがよく、痛みも軽くなります。外出時に歩き疲れてひざが痛くなったときなどに、ぜひ試してください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング