【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

腸内細菌のバランスがくずれると、アレルギーを起こしやすくなることは、以前からいわれてきましたが、科学的に裏づけされた事実ではありませんでした。近年の研究技術の進展によって、解明されつつあります。今回、私が皆さんにご紹介する研究も、その成果の一つといっていいものです。【解説】渋谷 彰(筑波大学医学医療系教授)


腸内のカンジダが通常 の100万倍に増殖!

 腸には500種類、100兆個もの腸内細菌が生きているといわれています
 皆さんもご存じのとおり、腸内細菌には、いわゆる善玉菌や悪玉菌と呼ばれるものがいます。そして、これらのバランスがくずれると、アレルギーを起こしやすくなることは、以前から、いわれてきました。

 ただし、これはあくまでも推定であって、科学的に裏づけされた事実ではありませんでした。というのも、これまでの研究水準では、腸内細菌の働きを詳しく解明することが、なかなか難しかったのです。ところが近年の研究技術の進展によって、それが可能となりつつあります。今回、私が皆さんにご紹介する研究も、その成果の一つといっていいものです。

 まず、私たちが行った実験についてお話ししましょう。
 マウス(実験用のネズミ)にいくつかの抗生物質を投与します。すると、あるタイプの抗生物質を与えられたマウスでは、腸内細菌のバランスが乱れます。真菌類(カビ)の一種であるカンジダが異常にふえ、乳酸菌が減少しました。
 カンジダは腸内に限らず、私たちの体のどこにでもいる常在菌です。腸内細菌叢のバランスが悪くなると、カンジダの数が、通常の100万倍まで増加したのです。

 このように腸内細菌のバランスの乱れたマウスに、ぜんそくを起こさせます。すると、腸内細菌のバランスが乱れていないマウスと比べると、明らかにぜんそくがひどくなります。この発症プロセスを詳しく分析した結果、腸内細菌とぜんそくとの関係がハッキリしてきました。

 抗生物質によって腸内細菌のバランスが乱れ、カンジダが過剰に繁殖すると、カンジダから、プロスタグランジンE2という生理活性物質が、たくさん放出されます。これが肺に届いた結果、ある種のマクロファージが多量に作られます。

 マクロファージは、白血球の一つで、体内に侵入した異物を取り込むものです。異常にふえることで、ぜんそくを悪化させます。

 私たちは、ぜんそくがひどくなったマウスに、抗真菌剤を与え、過剰繁殖したカンジダの菌数をへらしてみました。また、カンジダから放出されるプロスタグランジンE2の産生を阻害する薬を与えてみました。すると、ひどくなっていたぜんそくが軽快することがわかったのです。

アレルギー治療に 新たな地平が開ける

 この研究は、現代において多くのかたが悩まされているアレルギー疾患の治療に、新しい道を開くものです。

 これまでのぜんそくの治療薬といえば、ステロイド剤か、気道を広げる薬がメインでした。ステロイド剤によって免疫機能をおさえ炎症を抑制する、薬の力で気道を広げ呼吸を楽にする。この二つの方法は、いずれも根本治療ではなく、対症療法にすぎませんでした。これに対して、今回の私たちの研究は、アレルギー疾患の根本治療につながるものです。

 私たちの研究では、プロスタグランジンE2阻害剤が、ぜんそくを悪化させたマウスに有効であるという結果が出ました。ところが、ぜんそくの中にはプロスタグランジンを阻害する薬剤で起こるものもあるのです。

 例えば、解熱剤には、炎症をおさえるためにアスピリンが使われています。アスピリンはプロスタグランジンの生成を阻害することで、炎症をおさえ、痛みを鎮めます。しかし、アスピリンを使うと、ぜんそくが出てしまう人がいるのです。このような「アスピリンぜんそく」は、全ぜんそく患者の10%を占めるといわれています。
 カンジダが産生するプロスタグランジンE2は、ぜんそくを悪化させる原因となっており、プロスタグランジンE2を阻害すると、ぜんそくが軽快します。その一方で、アスピリンぜんそくでは、阻害剤を使うと、ぜんそくが出てしまいます。

 なぜ、ぜんそくという一つのアレルギー疾患において、こうした全く逆のことが起こっているのか、その理由はいまだ解明されていません。
 しかし、プロスタグランジンE2阻害剤が使えないアスピリンぜんそくのかたで、もしも腸内でカンジダが過剰に繁殖しているかたなら、抗真菌剤でぜんそくが改善する可能性が出てきたことになります。
 ちなみに、マウスに投与し、カンジダを過剰に発生させた抗生物質は、私たちが普通に使っている薬剤です。人間の場合においても、抗生物質の投与によって腸内細菌のバランスがくずれ、そのためにぜんそくが悪化している人がいることは、じゅうぶん考えられます。

 今回の私たちの研究を通じて、腸内細菌のバランスのよしあしと、アレルギー疾患のような全身疾患との関係が初めて見えてきました。両者の関係の、科学的な解明のとっかかりができた、といってもよいでしょう。

 今後、ぜんそくのかたの腸内細菌を調べるといった、臨床的な研究も始まる予定です。人間への応用が可能となれば、アレルギー治療に新たな地平が開ける可能性が出てきたといえます。

渋谷 彰(筑波大学医学医療系教授)
筑波大学医学医療系生命医科学域教授。1981年北海道大学医学部卒業。三井記念病院、都立墨東病院勤務後、筑波大学講師(臨床医学系血液内科)、筑波大学助教授(基礎医学系免疫学)を歴任。2003年筑波大学教授(基礎医学系・免疫学)、2004年筑波大学大学院教授を経て、2011年より現職。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関 太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)


【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

【薄毛の原因は活性酸素】対策は、腸内細菌を増やす「きのこ・大豆・青魚・玄米」を積極的に食べること

私の髪は、よみがえったのです。55歳で薄毛を自覚してからの10年間、私は、世間で「ハゲに効く」とされる、ありとあらゆる方法を試しました。しかし、薄毛を改善することはできませんでした。しかし、その後、私の髪の状態は大きく改善し始めます。その理由とは……。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【便移植とは?】個性は細菌がつくる!?人体に影響を与える「マイクロバイオーム」について

【便移植とは?】個性は細菌がつくる!?人体に影響を与える「マイクロバイオーム」について

人体に生息する無数の微生物集団(細菌叢)=マイクロバイオームが人体に多大な影響を及ぼしていることがわかってきました。その一つに消化・吸収があります。また、リンパ球をふやし免疫力を高める働きのほか、炎症をおさえる働きを持つ制御性T細胞を活性化する作用も示唆されています。【解説】岡本 裕(e-クリニック医師 )


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

特に思い当たる原因もなく、体調が優れない……。食べて数時間後〜数週間後と、アレルギー症状が遅れて出てくる「遅発型食物アレルギー」をご存知でしょうか。じんましんなどが出る「即時型食物アレルギー」とは違いあまり知られていません。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング