作り方【医師実践の食事】アトピー性皮膚炎を改善させる「玄米昆布スープ」

作り方【医師実践の食事】アトピー性皮膚炎を改善させる「玄米昆布スープ」

私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)


食生活を変えると中学生時代からひきずっていたアレルギー体質が改善した!

アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ニキビに悩む患者に食事療法を勧めている

 皮膚は外界に接しており、汚れや病原菌などがつきやすいところです。同じように腸も、口から肛門まで筒のように空洞になっており、その筒の内壁(腸壁)は外界に接しているといえます。そのため、食べ物や飲み物といっしょに、外からいろいろな異物が侵入してきます。
 それを防ぐために、外界と接しているところでは必ず免疫組織が活発に働いて、関所の役目を果たしています。

 免疫は、侵入してきた異物を識別し、体に不要なものや、害になるものを排除するシステムです。ところが、そこに狂いが生じると、体に必要なものや無害なものまで、過剰に攻撃してしまいます。その結果、かゆみや発疹、くしゃみ、鼻水など、さまざまな症状が現れます。これが、いわゆるアレルギーです。

 このようにアレルギーは、腸と密接な関係があるのです。
 私は中学生時代、毎年のように転校をくり返すうち、ストレスも大きかったのか、ひどいアレルギー性鼻炎になってしまいました。薬で症状をおさえてきましたが、思うように改善せず、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。

 皮膚科医になり、皮膚と腸の関係や腸の大切さなどを知ってから、腸内環境を改善する食事を取り入れました。それは玄米、漬物、みそ汁という、日本人が、昔からとってきた食事です。
 日本人が、肉や乳製品などの欧米食をとるようになったのは、たかだかここ50年ほどのことです。歴史をさかのぼれば、江戸時代以前は長い間、玄米、漬物、みそ汁が庶民の食事でした。それが自分の遺伝子に最もなじんでおり、腸の環境改善につながると考えたのです。

 こうして食生活を変えたところ、アレルギー体質は改善し、体も丈夫になってきました。2000年にクリニックを開業してからは、体調が悪くて休んだことは一度もありません。
 この私の体験を踏まえて、私はアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ニキビなどに悩んでいる患者さんに、希望があれば、私が行っている食事療法を勧めています。それは、次のようなものです。

① 玄米昆布スープを飲む
 玄米は、完全栄養食です。それを炒って、昆布と水で炊くと、玄米のエキスがしっかり溶け込んだ、滋味豊かなスープが出来上がります。これを朝昼夕の3回に分け、1日500㎖ほど飲みます。

② ぬか漬けやみそ汁などの日本の発酵食品をとる
 ぬか漬けなどの漬物やみそ汁を、長いこととってきた日本人の腸内細菌は、植物性の乳酸菌が主体です。しかも、その乳酸菌には個人差があります。
 自分の腸にいる土着の菌をふやすには、なじみの深い日本の発酵食品が有効です。ヨーグルトに含まれている動物性乳酸菌では、あまり効果はありません。

③ 食事を腹8分めにする
 人類の歴史の大半は飢餓の時代でしたから、遺伝子は、たくさん食べることに慣れていません。食べすぎると、消化不良を起こして腸に負担をかけるので要注意です。
 私は、朝は玄米昆布スープと野菜ジュースに果物少々、昼はご飯軽く1膳に漬物とみそ汁。夕食は、好きなものを腹8分めにおさえてとります。

便通がよくなり血圧も下がった!

 こうした食事療法を実践されて、アトピー性皮膚炎、ニキビ、鼻炎、湿疹、じんましんなどが改善した患者さんが少なくありません。

 長年アトピーに悩まされてきたAさん(53歳・女性)もその一人です。アトピーにじんましんを併発しており、便秘や高血圧もありました。一時はステロイドの内服薬を服用するほどアトピーの肌荒れがひどかったAさんですが、私が勧める食事に切り替え、腸内環境を整える健康食品を補助的にとったところ、4ヵ月で便通がよくなり、肌荒れも改善。
 その後、血圧も下がって、アトピーの状態も良好です。安心のためにステロイド軟膏を処方していましたが、使う必要はなかったそうです。

 知り合いの消化器科の医師が、「皮膚が汚い人は大腸も汚い」といっていましたが、確かにそうかもしれません。アトピーや肌荒れ、ニキビなどの患者さんは、便秘の人が多いのです。
 皮膚と腸はつながっており、腸内環境を整えることは、便秘やアレルギー体質だけでなく、肌質の改善にもつながります。

 ちなみに、Aさんがとっていた健康食品は、麹菌と乳酸菌を用いて大豆を発酵させて作った麹菌・乳酸菌生産物質というものです。麹菌や乳酸菌が腸の中で産生する物質なので、その人の腸内にもともといる土着の乳酸菌をふやしてくれます。
 しかし、食事を変えるだけでも、腸内環境は変わります。それができにくい人は、こうした健康食品の助けを借りるといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(ナッツクリームシチュー・デザート)

【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(ナッツクリームシチュー・デザート)

「ナッツクリームシチュー」は、鍋で煮込む加熱食ですが、いきなり誰もが全食事をローフード100%にする必要はありません。加熱食を禁止するのではなく、非加熱食の割合を増やすといった考えのほうが、体も順応しやすく、長く続けられるからです。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


【アレルギー性鼻炎】その自己流対策は本当に大丈夫?間違った鼻うがいで「鼻カビ」?

【アレルギー性鼻炎】その自己流対策は本当に大丈夫?間違った鼻うがいで「鼻カビ」?

アレルギー性鼻炎の患者数が増えている理由は、アレルギーの原因物質「アレルゲン」の増加です。アレルゲンにはスギ・ヒノキなどの花粉といった季節性のものと、ハウスダストのような通年性のものがあります。【解説】石井正則(JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

ダイエット飲料としてお勧めしたいのが、シソ酢を水で薄めて飲む「シソ酢ジュース」です。シソ酢ジュースを1〜2ヵ月飲んで、4〜5kgやせた人は少なくありません。シソ酢ジュースで肥満を防止し、若々しい肌を手にいれてください。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【ヨガの呼吸法】鼻づまりが解消し脳が活性化 仕事や勉強、スポーツ能力が高まる

【ヨガの呼吸法】鼻づまりが解消し脳が活性化 仕事や勉強、スポーツ能力が高まる

ストレス社会といわれる現代でも、心身のバランスが乱れがちな現代人がヨーガの呼吸法で正しい呼吸法を身につけると、心と体のバランスが整い快適な毎日を送れるようになっていきます。ヨーガの呼吸法の基本は鼻呼吸です。原則は「呼吸に意識を向ける」ことと、「ゆっくり息を吐く」ことの2つです。【解説】成瀬雅春(成瀬ヨーガグループ主宰)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)