2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

今タマネギワインが大変な人気です。タマネギと赤ワインを使って、わずか2日で作れる手軽さと、毎日少量飲むだけで効果が得られるというのが、人気の秘密のようです。糖尿病や高血圧などの改善だけでなく、なんとなく体がだるい、などの半健康状態の人の健康増進や、病気の予防に役立ててください。【解説】岡田研吉(玉川学園岡田医院院長)


→タマネギワインの作り方はコチラ

16年来の腰痛が軽くなった

 今タマネギワインが大変な人気です。すぐに手に入るタマネギと赤ワインを使って、わずか2日で作れる手軽さと、毎日少量飲むだけで効果が得られるというのが、その人気の秘密のようです。

 タマネギを切ると、独特の刺激を感じます。この刺激は、タマネギに含まれる硫化アリルなどの揮発性(蒸発しやすい性質)の有効成分によるものです。タマネギには、硫黄などのミネラル類が豊富に含まれているのです。
 一方、赤ワインにはアルコールのほか、赤い色素に鉄分をはじめとするさまざまなミネラル類や薬効成分が含まれています。

 漢方で薬酒を服用するときは、生薬(漢方薬の原材料となる草根木皮)を乾燥させて酒に漬けて使います。その場合、タマネギの揮発性の成分を、じゅうぶんに活用するのは難しいでしょう。
 その点、タマネギワインはタマネギを生のまま使うので、そうした有効成分の薬効を、ほぼそのまま使うことができるはずです。タマネギワインは、タマネギと赤ワインという、優れた薬効を持つものどうしを組み合わせた、実によく効く薬酒といえるのです。

『壮快』に寄せられた読者の体験からも、多くの症状にタマネギワインが効いていることがわかります。
 今までの特集記事の体験手記をいくつか挙げてみると、次のようになります。

高血圧

●最大血圧200㎜Hg、最小血圧120㎜Hgと高かった血圧が、タマネギワインを飲み始めた翌月には、ほぼ正常範囲に下がった。
●最大血圧180㎜Hg、最小血圧90㎜Hgだった血圧が、タマネギワインを飲み始めて2週間で最大血圧140㎜Hg、最小血圧70㎜Hg程度に安定してきた。

糖尿病

●糖尿病で300㎎/㎗あった血糖値が、タマネギワインを飲んだら、120㎎/㎗とほぼ正常範囲におさまってきた。
●食事療法を続けていても、170㎎/㎗と、全く下がらなかった血糖値が、タマネギワインを飲んだら、すぐに140㎎/㎗前後におさまってきた。

腰痛・ひざ痛

●16年来の腰痛、ひざ痛が、タマネギワインを飲み始めたら軽くなった。
●階段の上り下りができないほどのひざ痛が、タマネギワインでたった4日で軽減した。

認知症

●タマネギワインを飲んだら、夫の認知症が改善した。

白内障

●白内障(目をカメラにたとえたときにレンズに当たる水晶体が白く濁る病気)の目のかすみが、タマネギワインですっかり取れて、視界が明るくなった。

 このほかにも、リウマチ、心臓病、動悸・息切れ、頭痛、めまい、便秘、下痢などの症状に効いたという体験があり、タマネギワインの幅広い薬効には、驚くほどです。

弱った全身の機能を高め、正常にしていく

 タマネギワインは、その揮発性の成分やアルコールなどの働きで、全身と局所の血の巡りをよくします。また、豊富なミネラル類で体を調整することを通じて、弱った全身状態、臓器、関節などの機能を高め、正常にしていくのです。

 例えば、糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが少なくなったり、その機能が低下したりして起こります。
 糖尿病の人がタマネギワインを飲むと、全身や消化器系での血液循環が改善され、消化器全般と膵臓などの血の巡りがよくなります。

 その結果、循環するインスリンが行き渡り、機能が高まって、血糖値を調整しやすくなるわけです。
 また、全身の臓器の新陳代謝は、粘膜を介して行われます。したがって、血行が悪くなって粘膜が不調を起こすと、必要な栄養の補給や老廃物の回収が円滑に進まなくなってしまいます。

 タマネギワインは血行をよくし、タマネギ特有の揮発性成分の刺激で、粘膜の状態を調整するのです。その結果、新陳代謝がうまくいくようになると考えられます。
 糖尿病や高血圧は、昔と現在では症状の現れ方が少し違っています。昔の糖尿病は、水を飲んでも飲んでものどが渇いて苦しく、どんどんやせていくといった症状が見られ、アルコールを飲ませるなど、とんでもないことでした。

 ところが現代の糖尿病は、最初の10年ほどは本人はあまり苦痛を感じないケースが多いのです。ところが、その後、血栓(血液中にできる血の塊)、眼底出血(光を感じる働きをする網膜の血管が出血を起こす病気)、腎不全などの血管の障害が起こり寿命が短くなります。
 タマネギワインは膵臓やインスリンの働きを助けるとともに、血管の障害を防ぐ効果も期待できますから、適量を飲めば、糖尿病に適した健康飲料といえるのです。

 また、昔は高血圧の患者に運動をさせたり、アルコールを与えたりすることは疑問視されていました。しかし、今は、運動や適量のアルコールで血行をよくすれば、血圧が下がるケースがふえているのです。

 このような最近の病気の特徴も、タマネギワインが活躍し、人気を得る背景となっています。タマネギワインは、糖尿病や高血圧などの改善だけでなく、なんとなく体がだるい、などの半健康状態の人の健康増進や、健康な人の健康維持と病気の予防に役立つでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【認知症】アルツハイマー病の予防に期待!ハーブ由来の「ロスマリン酸」とは

【認知症】アルツハイマー病の予防に期待!ハーブ由来の「ロスマリン酸」とは

緑茶を飲むほど、将来の認知機能低下のリスクが低いという調査結果を受け、私たち研究チームはポリフェノール類の作用に着目。結果、ハーブの一種であるレモンバームやローズマリーに多く含まれている「ロスマリン酸」が最も効果が高いことがわかりました。【解説】山田正仁(金沢大学附属病院神経内科長・金沢大学神経内科学教授)


【骨ホルモンの効果】オステオカルシンで血糖コントロール かかと落としで分泌

【骨ホルモンの効果】オステオカルシンで血糖コントロール かかと落としで分泌

2007年に骨から作られるたんぱく質の一種「オステオカルシン」が、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促進し、血糖をコントロールする(血糖値を下げる)と発表されたのです。通称、「骨ホルモン」とも呼ばれます。【解説】太田博明(国際医療福祉大学教授・山王メディカルセンター女性医療センター長)


【認知症の予防】オキシトシンの分泌を高めるアニマルセラピーの効果 “猫”を思い描くだけでもよい

【認知症の予防】オキシトシンの分泌を高めるアニマルセラピーの効果 “猫”を思い描くだけでもよい

猫との交流を通じて、皆さんご自身にオキシトシンがよく分泌されるようになれば、それは、周囲にいる人たちへも波及していくはずです。人に優しくなれれば人間関係がスムーズになり、その輪にいる人たちすべてが、オキシトシンに満たされるでしょう。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長・ウィスコンシン医科大学教授)


【抗認知症薬】飲む前に知っておくべき注意点 「前頭側頭型認知症(ピック病)」では禁忌

【抗認知症薬】飲む前に知っておくべき注意点 「前頭側頭型認知症(ピック病)」では禁忌

皆さんは、認知症になったら、まずやるべきは投薬治療だと思っていませんか?実は、それは非常に危険な考えです。抗認知症薬とは、基本的には興奮剤です。ですから、いずれの薬も効き過ぎると、興奮作用や攻撃性が高まるといった危険性を持っています。【解説】長尾和宏(長尾クリニック院長)


【認知症・MCI】予防には「緑茶」が最適!飲む頻度も高いほど良いと追跡調査でわかった!

【認知症・MCI】予防には「緑茶」が最適!飲む頻度も高いほど良いと追跡調査でわかった!

調査開始時と追跡調査時のデータを解析したところ、調査開始時から日常的に緑茶を飲まない人と比べて、緑茶を飲んでいる人のほうが、認知症やMCIの発症率が低いことが判明したのです。【解説】山田正仁(金沢大学附属病院神経内科長・金沢大学神経内科学教授)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング