【抜け毛・薄毛対策の食事】男性ホルモンを減らすのはNG!ベストは意外にも「ステーキ」と判明

【抜け毛・薄毛対策の食事】男性ホルモンを減らすのはNG!ベストは意外にも「ステーキ」と判明

男性ホルモンの代表格である「テストステロン」は、一般に、薄毛の原因とされているため、その濃度が高いと、それが文字どおりハゲに直結するようなイメージを持っているかたも多いでしょう。しかし実は、テストステロン自体に、薄毛やハゲを引き起こす作用はないのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


育毛効果がある「水シャワー」についての記事はコチラ

東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生

男性ホルモンが増えるとハゲるというのは間違い

 腸内環境をよくすれば、髪が若返るという話について解説しました。ここではもう一つ、私のフサフサ黒髪の秘訣をご紹介しましょう。
 それは、私が週に2回は必ず食べる「ステーキ」です。楽しみで食べている面もありますが、健康のため、髪の食養生にもなっているのです。
 残念ながら、いまだに、「肉が体に悪い」という誤解が蔓延しています。2015年現在、100歳を超えるいわゆる「百寿者」は6万人おられますが、その大半のかたが肉をよく食べているのです。

 私たちの体は、およそ37兆個の細胞からなり、細胞の1個1個は、膜によって包まれています。この膜が丈夫でなければ、細胞は正常に機能できません。肉から摂取されるコレステロールは、この大事な細胞膜の原料となるのです。
 髪の健康についても、同じことがいえます。コレステロールが不足すれば、頭皮や毛髪を生み出す、毛根の毛母細胞に悪影響を及ぼし、抜け毛が増えていくでしょう。

 ですから、良質の肉を食べて必要なコレステロールを補給することは、髪の健康を守るうえで大切です。同時に、それは、男性ホルモンを増やすという点からも、欠かすことができません。コレステロールは、性ホルモンの原料ともなる物質だからです。
 中高年以降、ヒトの性ホルモンは減っていきますが、このことは、健康にとってマイナス面しかありません。性ホルモンが激減すれば、生きる気力さえ萎えてしまいます。

 ヒトは、年齢に関係なく、性ホルモンを枯らしてはいけないのです!
 ここで、特に注目したいのが、男性ホルモンの代表格である「テストステロン」の働きです。このテストステロンは、一般に、薄毛の原因とされているため、その濃度が高いと、それが文字どおりハゲに直結するようなイメージを持っているかたも多いでしょう。
 しかし実は、テストステロン自体に、ハゲを引き起こす作用はありません! 毛髪が抜けるのは、毛根の毛母細胞の細胞膜にある酵素によって、テストステロンが、ジヒドロテストステロンという「脱毛ホルモン」に変換されたときです。
 ですから、薄毛を改善するためには、テストステロンの量を減らすのではなく、脱毛ホルモンを作り出す酵素の働きを抑制することのほうが、はるかに大事なのです。

 このために効果的なミネラルが亜鉛です。亜鉛を含む食材を積極的にとることによって、その酵素の働きを抑えることができます。そこで役に立つのが牛肉。牛肉には、この大事な亜鉛が豊富に含まれています。髪を若返らせるために、私がステーキをお勧めするのは、このような理由からです。

ステーキは天然の育毛剤だ!

あの日野原先生もステーキで髪がフサフサ

 肉は、確かに髪の若返りにいいのですが、定期的に摂取する場合、食べ方に気を遣う必要があります。
 高脂肪の食品を大量に摂取すると、腸内で腐敗菌である悪玉菌が増え、腸内環境を悪化させます。その結果、腸内細菌の抗酸化力が低下すれば、頭皮と毛髪にも悪影響を及ぼします。老化の原因物質である活性酸素の働きを抑える力が弱まり、頭皮や毛根は活性酸素によって攻撃され、薄毛が進行してしまうでしょう。

 やはり食べ過ぎは禁物です。私は、ステーキを食べるのは、週2〜3回程度がちょうどいいのではないかと考えています。
 摂取したコレステロールが体に害を与えるのは、それが活性酸素と結びついたときです。コレステロールなどの脂質が活性酸素と結びつくと、過酸化脂質となります。この過酸化脂質が血管や細胞を傷つけ、動脈硬化を進行させます。
 ステーキを食べる場合には、過酸化脂質を作り出さないよう、抗酸化力の強い野菜といっしょに食べるといいでしょう。野菜をたくさん摂取すれば、食物繊維の摂取量も増え、腸内環境が整います。

 また、良質のコレステロールを摂取するためには、国産和牛がお勧めです。ステーキの焼き方は、周囲に火を通し、中心部分は生の状態に近い「ミディアムレア」がいいでしょう。
 なぜなら、肉を焼き過ぎると、AGE(終末糖化産物)がより多く産生されてしまうからです。AGEは、たんぱく質が劣化した物質の総称で、これが蓄積した部位では老化が急速に進行します。活性酸素と並んで薄毛を進行させる物質です。
 高温で料理を行うと、AGEがより発生しやすくなります。このため、ステーキを焼き過ぎないことが一つのポイントとなるのです。

 ちなみに、今年7月に105歳でお亡くなりになられた聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生ですが、100歳を超えてなお、週に2回はステーキを食べておられたそうです。ふだんは粗食とのことですが、実際に食事をごいっしょすると、驚くほど大きなステーキをペロリと召し上がっていました。その日野原先生も、髪はフサフサでした。
 若々しく元気な髪を維持するため、ステーキを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


手のツボ刺激で【抜け毛・薄毛】を予防する「手もみ美容」のやり方

手のツボ刺激で【抜け毛・薄毛】を予防する「手もみ美容」のやり方

私のサロンにいらっしゃるかたは美容や健康面でさまざまな悩みをお持ちです。そこで自宅でも簡単にできて、即効性がある施術として、高麗手指鍼をベースとした「手もみ美容療法」をお勧めしています。抜け毛、薄毛を防ぐ手もみ美容をご紹介しましょう。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

血液循環がじゅうぶんでない場合、頭皮にも血液が行き渡らず、髪に必要な酸素と栄養が供給されなくなります。それが、薄毛や毛の生育不良など、髪の悩みを引き起こす大きな要因となっているのです。そこで、皆さんにお勧めしたいのが、入浴時に「首を温めること」です。やり方はとても簡単です。【解説】山田佳弘(育毛相談WEBセラピスト)


【便秘対策の名医】スルッと出る!オリーブオイルを使った和食「地中海式和食」

【便秘対策の名医】スルッと出る!オリーブオイルを使った和食「地中海式和食」

腸の調子がよくない人は、実年齢よりも老けて見えることが多いようです。これは、消化器内科医として、これまで4万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきた私の実感です。お勧めしたいのが、「地中海式和食」です。「地中海型食生活」と「和食」、それぞれの欠点を補い、長所を合わせた食べ方です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長) 


【腸の専門家】自身の腸年齢を20歳若返らせ、14kgやせに成功した極意

【腸の専門家】自身の腸年齢を20歳若返らせ、14kgやせに成功した極意

太りやすい体質は腸からきている─。腸内細菌を研究している私にはあたりまえのことですが、ほとんどの人はこうした認識を持っていません。そのため、便秘にむとんじゃくで、何日も排便がないまま放置しています。【解説】辨野義己(理化学研究所インキュベーション推進センター特別招聘研究員)


【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)


最新の投稿


【心臓の痛み・動悸】を抑える「指つかみ」 鍼灸学校校長も心筋梗塞を回避!

【心臓の痛み・動悸】を抑える「指つかみ」 鍼灸学校校長も心筋梗塞を回避!

仁神術は、患者さんの体に手を当てて、東洋医学でいうところの“気”の流れを整え、心身の不調や、体の痛みを治していきます。鍼やお灸といった道具を使わずに行うことができ、治療効果も高いため、私が校長を務める東洋鍼灸専門学校でも、課外授業で学生たちに教えています。【解説】竹内廣尚(東洋鍼灸専門学校校長)


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)