「あれ?夕方になると見えにくくなる…」これは、老眼のサイン

「あれ?夕方になると見えにくくなる…」これは、老眼のサイン

老眼は、老化により水晶体が硬くなり、ピント調節力が低下して起こります。目は、水晶体の厚さを変えてピントを合わせますが、硬くなった水晶体を調節しようとして毛様体筋が疲弊します。水晶体が年齢と共に硬くなるのは、避けられませんが「毛様体筋ストレッチ」で鍛えて進行を遅らせることができるのです。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


「老眼は人生の損」と梶田先生

手元が見えないと人生の質も変わる

 本を読んだり、パソコンやスマートフォンを使ったり、生活の中では遠くを見るよりも、近くを見ることのほうが圧倒的に多いものです。そのため、近くがよく見えないと非常に不便で、目が疲れてくると作業を中断しなければなりません。
 逆に、近くがよく見えれば、好きなだけ本を読み、やりたいことを集中して続けることができます。長い年月には、作業を続けて成し遂げたことも、本や新聞を読んで得た知識の量も、近くが見えると見えないでは、まったく違ってきてしまいます。人生において近くが見えないことは、損をしているといっても過言ではないのです。

 近くがよく見えない原因には、遠視と老眼があります。
 遠視は、カメラでいえばフィルムの役目をする網膜の後ろで、ピントが合ってしまいます。そのため、網膜にピントを合わせるには、近くを見るときも、遠くを見るときも、カメラのレンズに当たる水晶体の厚さを調節しなければなりません。

 老眼は、老化により水晶体が硬くなり、ピント調節力が低下して起こります。
 水晶体の厚さを調節するのが、水晶体を周囲で支えている毛様体筋です。目は、この毛様体筋を緊張させたりゆるめることで、水晶体の厚さを変えてピントを合わせます。ですから、遠視では毛様体筋が酷使され、老眼では硬くなった水晶体を調節しようとがんばるので、毛様体筋が疲弊してしまいます。

 

目のピント調整のしくみ

老眼の場合、水晶体が年齢とともに硬くなるのは、避けようがありません。しかし、毛様体筋を鍛えれば、老眼の進行をある程度遅らせることができます。その方法の一つが、「毛様体筋ストレッチ」です。

毛様体筋ストレッチのやり方

ポイントは遠近にピントを合わせること

 毎日このストレッチをすることで、老眼による目の疲れ方は大きく違ってきます。やり方は簡単です。電車やバスを待つ間や入浴中など、いつでもどこでもできます。目に疲労を感じたときや、細かい作業の前後にしておくのも、よいでしょう。

 ピントが合わないと毛様体筋が動かないので、ただ遠くを見ただけで視力が上がることは、ありません。大切なのは、毛様体筋を動かすことです。近くでピントを合わせてから、少し離れた距離でピントを合わせるように、ストレッチを行いましょう。
 毛様体筋ストレッチに加えて、10分目を使ったら、1〜2秒視線をそらして遠くにピントを合わせることを習慣にするのもお勧めです。目の疲れ方が、驚くほど変わってきます。

 目は体の中で、唯一、内臓や血管の働きを調整する自律神経の交感神経(全身の活動力を高める神経)と副交感神経(心身をリラックスさせる神経)の、両方が存在する器官です。近くを見るときは副交感神経が働き、遠くを見るときには交感神経が働きます。

 ピント合わせがずれると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなります。それにより、自律神経のバランスがくずれ、自律神経失調症の引き金になることさえあります。
 少し離さないと手元が見えづらくなって老眼だと気付く人が多いのですが、夕方、遠くが見えにくくなったら、それはもう老眼の始まりです。肩こりがひどくなり、頭痛が頻繁に起こるようになったときも、老眼が始まったサイン。

 老眼も病気と同じで、早い対処が功を奏します。毛様体筋ストレッチを早い時期からやっておくと、本格的に老眼になるのを防げます。
 もちろん、もう手元が見えづらくなっている人にも、老眼の進行を遅らせる、あるいは目を疲れにくくするということで有効です。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

人の目は、35歳くらいからピントを合わせる調節力が低下してきます。これが老眼の始まりです。老眼や眼精疲労を放っておくと、深刻な事態になることもあるのです。最近の研究で、「アスタキサンチン」の摂取で、眼精疲労が抑えられることがわかりました。目によい栄養素を積極的に取りましょう。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川 賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教)


【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

湿布療法は、七つあります。その中で、小指湿布とひじ・腕湿布は、首から上の症状に効きます。「小指湿布」は幅広い症状に効き、しかも強力な効果があります。しかし、その小指湿布をもってしても効果が得られないケースがあります。それは、小指の筋肉が、非常に硬くなっている人です。【解説】安田 譲(安田医院院長)


【育毛薬膳レシピ②】漢方で髪の成長を促す!(レバー・アボカド・黒ゴマ)

【育毛薬膳レシピ②】漢方で髪の成長を促す!(レバー・アボカド・黒ゴマ)

血を補い、肝機能のアップさせて丈夫な頭皮をつくる美味しいレシピ6種をご紹介します。【解説】マダム晴子(香港薬膳師)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング