【9割は手術不要】腰椎椎間板ヘルニアの治し方 治療せずとも3ヵ月で自然治癒

【9割は手術不要】腰椎椎間板ヘルニアの治し方 治療せずとも3ヵ月で自然治癒

今は腰椎椎間板ヘルニアに対して、よほどの場合を除き、できる限り手術は行わないようになってきています。「椎間板ヘルニアの多くは数ヵ月程度で自然に縮小、消失する」と明らかになったからです。【解説】大谷晃司(福島県立医科大学医療人育成・支援センター 兼 整形外科准教授)


マクロファージがヘルニアを食べる!

 腰痛の原因の一つに、腰椎椎間板ヘルニアがあります。

 背骨を構成する骨(椎骨)の間には、クッションの役割を果たす椎間板という軟骨があります。椎間板は、外側に厚い袋状の線維輪という組織があり、その内部にゼリー状の髄核という物質が入っています。
 椎間板がつぶれ、線維輪の一部が膨らんだり、髄核が線維輪を突き破って飛び出したりした状態が椎間板ヘルニア。ヘルニアが背骨の内側を通る神経を圧迫したり、炎症を起こしたりして、腰痛、下肢(足)のしびれやマヒなどの症状が現れます。

 かつては、腰椎椎間板ヘルニアに対して、手術が行われることも少なくありませんでした。しかし今は、よほどの場合を除き、できる限り手術は行わないようになってきています。
 近年、「椎間板ヘルニアの多くは数ヵ月程度で自然に縮小、消失する」と明らかになったからです。これは、免疫細胞の一種であるマクロファージ(貪食細胞)が、飛び出したヘルニアを食べてくれるためです。

 ただ、ヘルニアの起こり方によって、マクロファージが働きやすいものと、そうでないものがあります。マクロファージが働きやすいのは、ヘルニアの飛び出し方が大きく、椎間板の後方を走る後縦靭帯を突き破っているもの。重症のように思えるヘルニアのほうが、実は治りやすいのです。

「自然に治る」と大谷先生

3ヵ月以内に小さくなる!

 後縦靭帯を突き破った髄核の周囲には血管が新生し、その血管からマクロファージが髄核に集まり、飛び出した髄核を異物と認め、食べ始めます。
 免疫細胞は通常、「自己」(自分自身の本来の細胞など)と「非自己」(体の外から入ってきた細菌やウイルスなどの異物)を区別し、非自己だけを攻撃します。もともと体内にあった髄核が「非自己」と見なされるのが不思議ですが、その理由はこう考えられています。

 胎児のとき、背骨ができるより前に体を支えている「脊索」という組織があります。成長過程で退化し、背骨に置き換わっていきますが、実は、髄核はこの脊索のなごりです。つまり、髄核は免疫システムが完成する前から体内にあったのですが、その後は椎間板の中に収まっていたために、免疫細胞にとっては「知らない顔=非自己」と見なされる、というわけです。

 こうしたマクロファージの働きによって、7〜9割の患者さんのヘルニアが、3〜6ヵ月以内に小さくなることが確認されています。仮にヘルニアが小さくならなくても、周辺の炎症が治まることによって、症状が改善する患者さんも多くいます。

 ですから、症状が痛みだけなら、痛み止めや装具(コルセット)などの保存療法で「痛む時期」さえしのげば、腰椎椎間板ヘルニアは自然に治るといっていいのです。実際、約3ヵ月の保存療法で患者さんの9割は症状が改善します。

 腰椎椎間板ヘルニアで手術を検討するのは、「3ヵ月ほど保存療法を行っても効果がない」「しびれやマヒなどの神経症状が進んでいる」「排尿障害がある」「患者さん自身が強く要望している(早急に症状を取りたい)」といった場合に限られるでしょう。
 主に行われている手術は「後方椎間板摘出術」です。背中の皮膚を切開し、椎弓(椎骨の後方部)の一部を削って、神経を圧迫している髄核を摘出するものです。通常、前後1週間ほどの入院を要します。

 手術で約9割の患者さんは痛みが改善しますが、すべての痛みが完全に取れるわけではありません。飛び出したヘルニアを摘出することはできても、ひびの入った椎間板を治すことはできないため、1割前後の率で再発が起こるといわれます。

 手術のメリットとデメリットについて担当医とよく話し合って、納得した上で手術を受けることが大切です。
 おそらく数年以内に、ヘルニアが薬で治せるようになると期待されています。現在、マクロファージの活性を高めてヘルニアの吸収を早くする薬や、ヘルニアそのものを分解する薬の開発研究が進んでいるからです。

【関連記事】名医が教える腰痛改善「これだけ体操」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【慢性腰痛の改善】頬をほぐすマッサージで痛みが即効和らぐ!脊柱管狭窄症にも効果

【慢性腰痛の改善】頬をほぐすマッサージで痛みが即効和らぐ!脊柱管狭窄症にも効果

腰痛を治療するうえでは、患者さんをリラックスさせ、ストレスや緊張、不安を減らすことが重要なポイントだとわかります。私はこれを踏まえ、皆さんに「笑い筋ほぐし」という方法をお勧めしています。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)


【ダイエット効果】ウエスト痩せに即効!その場で9cm減った「わき腹呼吸」のやり方

【ダイエット効果】ウエスト痩せに即効!その場で9cm減った「わき腹呼吸」のやり方

わき腹呼吸を実践されたかたからは、うれしい声が続々と寄せられています。ネコ背などの悪い姿勢がよくなった、呼吸が楽になったという声をはじめ、腰や首、肩、ひざなどの慢性的なコリや痛みが改善したというお話も多く聞かれます。【解説】Haruhi(ボディトレーナー「幸せボディ姿勢ニスト」)


【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

体が冷えていると、体が緊張して、交感神経が優位の状態が続きます。すると、血管と筋肉が収縮し、血流が滞りがちになります。血行が悪くなれば、組織に酸素や栄養素がじゅうぶんに行き渡りません。それが、痛みの悪化の要因となるのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【原因や症状】腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア、閉塞性動脈硬化症との違いはコレ

【原因や症状】腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア、閉塞性動脈硬化症との違いはコレ

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアは、神経が圧迫されることによって症状が出る点では同じです。痛みとしびれという共通項もあるため、この2つを誤認しないことが重要です。そこで、両者の簡単な見分け方を示しておきましょう。脊柱管狭窄症の前兆も紹介します。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


【体験談】腰の痛みは「ストレートネック」が原因 片頭痛、椎間板ヘルニアが改善

【体験談】腰の痛みは「ストレートネック」が原因 片頭痛、椎間板ヘルニアが改善

妊娠中に足腰の症状に悩み、産後2ヵ月で整形外科に行くと、椎間板ヘルニアと診断されました。症状を根本から改善したいと思い、田中宏先生の整骨院に行きました。そこでストレートネックになっていると言われたのです。【体験談】島田紗江(仮名・会社員・46歳)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング