【急性も慢性も】腰痛に効くツボは「手の甲」にある 腰腿点の位置と押し方のコツ

【急性も慢性も】腰痛に効くツボは「手の甲」にある 腰腿点の位置と押し方のコツ

腰痛に効果のあるツボは、腰腿点が有名です。腰腿点のツボ刺激は、腰が痛いときに行えば、痛みがすぐに和らぎます。また、腰痛が起こりそうなときに行えば、痛みを防ぐことができます。腰に負担がかかりやすいデスクワークや、車の運転の合間などにも、お試しください。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


手足のツボは脳に強い影響を及ぼす

 腰痛は、西洋医学でも完治が難しいといわれています。そのため近年では、医学界で腰痛をはじめとする慢性的な不調の治療法として、東洋医学への関心が高まっています。
 私自身も、岡山大学医学部や倉敷芸術科学大学で、経絡(気の通り道)についての講義をさせていただきました。

 腰痛に効果のあるツボというと、腰腿点が有名で、急な痛みにも慢性痛にも効果があります。このツボは、手の甲に二つあります。一つは人さし指と中指の骨が交差する辺り、もう一つは中指と薬指の骨が交差する辺りです。

 この腰腿点もそうですが、私たちの体は、手や足などの末梢部に有効なツボが集中しています。これは、末梢部への刺激ほど、脳へ強い影響を及ぼすためと考えられます。

 腰腿点への刺激も、脊髄を通って脳へ至り、痛みを抑制するホルモンの分泌を促すのかもしれません。
 事実、腰腿点への刺激は、即効性で知られています。当院でも、ひどい腰痛のため杖をついて来院された70代の女性が、治療後、杖を忘れて帰るほど痛みが軽減した例があります。
 前述したように、腰腿点は、左右の手の甲に二つずつ、合計で四つあります。この四つのツボを同時に刺激できる簡単な方法があります。

 まず、左右の指を組み合わせて手を組み、手のひら同士は離します。そのままひじを張り、親指以外の指を軽く立てるようにしてグッと手の甲に押し込むと、四つの腰腿点が刺激されます。
 これが、基本の手の組み方になります。基本の手の組み方をすれば、多少ツボの位置がずれていても、効果が得られます。

 次に、呼吸と合わせて前屈を行います。前屈が不安な人は、イスに腰掛けた状態で行ってもよいでしょう。
 腰腿点のツボ刺激は、腰が痛いときに行えば、痛みがすぐに和らぎます。また、腰痛が起こりそうなときに事前に行えば、痛みを防ぐことができます。腰に負担がかかりやすいデスクワークや、車の運転の合間などにも、お試しください。

 腰痛に悩まされている人の中には、ふとんから起き上がるのが不安だという人が少なくありません。そんなときは、ふとんに寝た状態で腰腿点を刺激してみましょう。

 あお向けで行う方法は、以下のとおりです。
①あおむけに寝て、ひざを立て、手を基本の形に組み、手のひらを足のほうへ向ける。
②ひじを張り、腰腿点を刺激しながら、ゆっくりとひざを左右交互に倒す。
③①~②を5回くり返す。

 また、日常で体をひねるときに、腰に不安が生じるという人は、左の写真1の姿勢で、上体ごと腰をゆっくりと左右に振ってください。腰痛が起こりにくくなっていきます。

ネコ背の矯正にもなる

 腰痛の原因はいろいろありますが、私自身は、お尻の筋肉のたるみと、悪い姿勢が深く関係していると考えています。
 基本の体操を行うときは、左右のかかとを着けて、お尻を締めて、胸を張るようにすると、お尻の筋肉が鍛えられます。今は痛みがなくても、腰痛予防のために、ぜひお試しください。

 お尻を締めたまま腰腿点を刺激すれば、お尻、腰、背中の筋肉をバランスよく使うことになります。
 腰痛の予防・改善だけでなく、ネコ背の矯正や、年配者の腰の変形の予防にもお勧めです。

「即効性がある」と内田先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腰痛改善】ウエストを引き締めながらリラックス「ハワイの朝日呼吸」のやり方

【腰痛改善】ウエストを引き締めながらリラックス「ハワイの朝日呼吸」のやり方

「ハワイの朝日呼吸」は、誰でも簡単にできる健康法です。準備運動の「丹田フラダンス」と組み合わせて行うことで、驚くほど心身が健康になります。リラックスしながら、ユラユラ~ッと、リズムよく体を動かしてください。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表 ミラクルレインボー・スクール代表)


【むくみ・こむら返りを解消】ふくらはぎストレッチのやり方

【むくみ・こむら返りを解消】ふくらはぎストレッチのやり方

「ふくらはぎストレッチ」は、ストレッチボードに乗ってふくらはぎを伸ばすという、簡単なストレッチです。ストレッチボードがなくても、身近にあるさまざまな物で代用できます。筋トレやストレッチは、何よりも続けることが大事なので、ぜひ、毎日続けてください。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


【不眠・冷え性が改善】熟睡したいならこの方法!「パンツを脱いで寝るだけ」

【不眠・冷え性が改善】熟睡したいならこの方法!「パンツを脱いで寝るだけ」

「パンツを脱いで寝るだけで、熟睡できる」私はそう断言します。なぜなら、不眠の大きな原因である「ストレス」から解放されるからです。ストレスと聞くと、精神的なものがイメージされますが、実際には、身体的ストレスも、不眠に大いに関与しています。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長)


【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

今回紹介する「肝臓マッサージ」は、肝臓や周辺の筋肉にアプローチする方法です。1日2セットの肝臓マッサージで横隔膜などの筋肉のこりをほぐすことで、肝臓の動きがスムーズになります。肝機能が改善し、全身のデトックス力が高まれば様々なトラブルが改善します。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸マッサージ師)


名医のTHE太鼓判!【ひざの裏を伸ばす】ひざ裏のばしストレッチ 基本的なやり方はコレ

名医のTHE太鼓判!【ひざの裏を伸ばす】ひざ裏のばしストレッチ 基本的なやり方はコレ

私は医師として、股関節痛や腰痛、膝痛、背中の痛みに悩む患者さんに向けて、膝の裏を伸ばすだけの簡単体操「ひざ裏伸ばし」を処方しています。はじめは体の不調を訴えていた患者さんも、体が柔軟になり、痛みや病気も改善。驚くような効果が得られています。やり方は簡単ですので、紹介しましょう。【解説】川村明(かわむらクリニック院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)