【医師解説】降圧剤(血圧を下げる薬)の副作用で認知症に!? 180ミリなら無理に下げなくて良い

【医師解説】降圧剤(血圧を下げる薬)の副作用で認知症に!? 180ミリなら無理に下げなくて良い

基準値を少し超えたからといって、すぐに降圧剤を飲むのは考えものです。体はわざわざ血圧を上げているからです。それを薬で無理に下げれば、さまざまな症状を引き起こします。薬を飲み始めた高齢者が、「元気がなくなった」「手足が冷たくなった」等の不定愁訴に悩まされるのは、このためです。【解説】岡本 裕(e-クリニック医師)


血圧をさげるためには、
食事改善や運動といった自助努力が必要!

薬で血圧を下げると脳の血流量が低下する

 私たちの血圧が年とともに上がるのは、おおむね老化という自然現象によるものです。
 私たちの血管は加齢によって細くなり、弾力がなくなってきます。そのぶん、血液を押し流す圧力を高めないと、血液の流れが悪くなるのです。
 つまり、加齢とともに血圧が上昇するのは、体が血流をスムーズに保とうとする適応反応といえます。

 ですから、基準値を少し超えたからといって、すぐに薬(降圧剤)を飲むのは考えものなのです。
 というのは、硬くなった血管に弾力がなくなることで、血流が滞るので、体はわざわざ血圧を上げているわけです。それを薬で無理に下げれば、体の隅々まで栄養や酸素が行き届かなくなります。その結果、さまざまな症状に悩まされるようになるのです。

 高齢者が薬を飲み始めると、「元気がなくなった」「物覚えが悪くなった」「頭がボーッとする」「集中力がない」「手足が冷たくなった」といった不定愁訴に悩まされるのは、このためです。確かに、老人ホームで生活しているお年寄りの様子を見ていると、元気な人の共通点は、血圧の高さといえます。
 そして、薬を服用している人は、服用していない人に比べて、認知症の進行が早いという報告もあるのです。

 脳がじゅうぶんに働くには、多くの血流量を必要とします。血管が硬くなっている場合は、血圧を上げることで脳の隅々まで血液を送り込んでいます。ところが、薬で血圧を下げると、脳の血流量が低下してしまいます。
 この結果、認知症のような症状が現れるのです。そのまま放置していると、本格的に認知症になる人も出てくるでしょう。

 以上のことから、薬がボケをふやしているともいえるのです。逆に、薬をやめると、認知症のような症状が解消することも少なくありません。
 血圧が多少上がったからといって、むやみに怖がってはいけません。私が患者さんによくいっているのは、60歳以上の場合、最大血圧が180㎜Hg以下を保っているかぎり、慌てて薬を飲む必要はないということです。体が血流を調整しているのだと思えばよいのです。

 もちろん、薬を飲まずに高い血圧を放置していいというわけではありません。血圧上昇の原因は、加齢だけではないからです。動脈硬化は、加齢以外のさまざまな要因によって進んでいることが考えられるのです。

「薬で無理に下げる」のと「自然に下がる」は違う

 その最たる要因が、生活習慣です。自分の生活習慣を、一度よく振り返ってみてください。乱れた食生活や、極度の運動不足に陥っていませんか。また、心配事など、慢性的なストレスを抱えていませんか。思い当たるところがあれば、その生活習慣を改善していきましょう。

 薬で「血圧を無理に下げる」のと、食事の改善や運動といった自助努力で、「血圧が自然に下がる」のは、同じではありません。私がお勧めするのは、いうまでもなく、自助努力で「血圧が自然に下がる」ことです。
 血圧の上昇は、血液を押し流す血管に弾力がなくなることで起こります。そこで必要なのは、薬を飲んで血圧を無理に下げることではなく、血管の弾力をなくしている根本原因を改めることです。
 そうすれば、いくつになっても、血圧が自然と下がり、薬は必要なくなるのです。

 食事面では脂っこい物、塩辛い物、甘い物、カロリーが高い物を控え、和食中心にして、野菜や野菜ジュースを積極的にとることが大切です。
 運動面では速歩きや階段の上り下りなど、足腰に負荷がかかるような、少し息切れするくらいの運動をすること。ハイキングなどがお勧めです。

 知人の男性(59歳)の例を挙げてみましょう。
 この男性はひさしぶりに健康診断を受けたところ、最大血圧が180㎜Hg、最小血圧が130㎜Hgもあって仰天したといいます。
 担当医から薬を飲むように勧められ、私のところに相談にきたのです。話を聞くと、食事は外食が中心で、ステーキや中華料理など、自分の好きなものばかり食べていました。運動も全くしていません。

 そこでまず、生活習慣の改善を勧め、この男性は生活を180度変えました。そうしたところ、2週間たつころから、効果が現れ始め、2〜3ヵ月で、最大血圧が130㎜Hg台に、最小血圧が70㎜Hg台になり、安定しました。もちろん、薬を飲まずに済んだのです。
 すでに薬を飲んでいる場合、急に薬をやめるのは不安だと思います。まずは、動脈硬化を引き起こしている生活習慣を改善しましょう。そうすることで、しだいに血圧が下がってきます。下がってくる血圧に歩調を合わせるように、薬を少しずつへらしていけば、体に無理なく、薬をやめられるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

人間の体にとってメンテナンスとは、「筋肉トレーニングをする」ことです。筋肉を鍛えれば、いつまでも自分の足で歩くことができますから、自立した生活を送るには、いくつになっても筋肉トレーニングが必要なのです。筋トレで、私が必ず皆さんに指導するものの一つに、「ふくらはぎストレッチ」があります。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

正しい生活改善をすれば不眠の大部分は改善・解消できるものです。それでも十分な効果がない場合、目安として、不眠症状が「週に3回以上、かつ3ヵ月以上」持続すると「慢性不眠障害」と診断されます。この場合は医師に相談し、補助として睡眠薬を使うのもよいでしょう。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

春には目がかすみ、夏になると耳にセミが鳴き、秋には歯が落ち、冬は頭に霜をいただく。先人はうまいことを言ったもので、昔からこの春夏秋冬がそろうと、「老人」と言われました。そんな老人や老人になりかけた人たちに、ぜひ飲んでいただきたいのが、「黒豆の煮汁」です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

ふくらはぎにはその人の体調が反映されます。健康だと、つきたてのお餅や二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。一方、何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、フニャフニャだったりするのです。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオ・テクニカルアドバイザー)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)