【よい医師の見極め方とは?】依存やいいなりはNG!自分の健康を守る極意

【よい医師の見極め方とは?】依存やいいなりはNG!自分の健康を守る極意

日本では、医師にむやみに依存する風潮がいまだに残っています。「先生の診断だから」「先生のくださったお薬だから」と、医師のいいなりになっている人が多いようですが、これでは自分の健康を守れません。どのように「良い医師」を見分ければよいか、その極意をお伝えします。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授 )


研究資金とデータ分析 能力の不足が2大原因

 製薬会社ノバルティスファーマ(以下、ノバルティス)の高血圧治療薬ディオバン(一般名・バルサルタン)の臨床研究の論文不正問題が、新聞などで取り上げられました。製薬会社の社員によって、データが不正に操作、捏造されていた事件です。
 事件の原因は、いうまでもなく製薬会社の営利第一主義ですが、もう一つ、日本の研究体制の不備が挙げられます。日本の医師は、臨床研究のための被験者を集める資金力も、研究データの統計・分析を行う能力も不足しています。
 このため、医師は自分の研究を進めるために、研究の準備や分析を、企業に丸投げしてしまうのです。これが、今回のような事件を引き起こす温床となっています。

 2004年に、ヨーロッパでは臨床試験の方法が厳格に決められました。また、米国では、政府の委員選出や論文の投稿には、製薬会社との経済的関係の開示が義務づけられました。
 日本でも10年遅れで、製薬会社による自主的な開示が始まりましたが、医師の個人名が公表されないなど、ふじゅうぶんな状態が続き、政府による規制も遅れています。
 こうした日本の現状では、今回の事件が、「氷山の一角」といわれてもしかたありません。ノバルティスだけではなく、ほかの会社やコレステロール低下薬などの薬にも、同じような捏造の可能性が指摘されています。医師や製薬会社に対する国民の信頼が、大きく損なわれたことは間違いありません。

 実際、「ディオバンを処方されたが、大丈夫か?」「自分の服用している薬は、科学的データがあるのか?」と不安になっている患者さんがいると思います。また、現在、薬を飲んでいなくても、将来、医師から降圧剤を勧められることがあるかもしれません。そのとき、どうすればいいでしょうか。
 日本では、医師にむやみに依存する風潮がいまだに残っています。「先生の診断だから」「先生のくださったお薬だから」と、医師のいいなりになっている人が多いようですが、これでは自分の健康を守れません。

 忙しさにかまけて、最新の医学情報(多くは英語の論文)を勉強せず、製薬会社の営業マンからの情報だけに頼っている医師も多いのです。

薬と病気の知識を深め よい医師を見分けよ!

 ですから、薬についても医師のいいなりではなく、自分で調べましょう。薬を調べる方法として最も有効なのは、「医薬品添付文書」を読むことです。
 医薬品添付文書は、医薬品への添付が法律で義務づけられているので、薬局にはすべての薬の医薬品添付文書があるはずです。
 しかし、A4判で数ページにわたる文書なので、患者さんにはそのまま渡されません。効能と簡単な注意事項を抜粋した紙(医薬品情報提供書)を、薬といっしょに渡すくらいです。

 医薬品添付文書は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のインターネットのサイトで閲覧・印刷ができます。
 インターネットを見られない人は、家族や知人に頼むか、公共図書館のパソコンを使うなどするといいでしょう。
 例えば、降圧剤ディオバンの医薬品添付文書の「効果または効能」には、高血圧症しか書かれていません。製薬会社が宣伝していた脳卒中などの病気は、書かれていないのです。

 医薬品添付文書には、服薬についての注意や警告、副作用なども記載されています。ほぼすべての降圧剤の医薬品添付文書には、「高齢者では過度の降圧で脳梗塞が起こる」ので、「慎重投与」と書かれています。
 慎重投与とはかなり強い警告で、緊急でやむをえない必要性がある場合にだけ、処方すべきという意味です。しかし、厚労省の調査で、降圧剤は高齢者ほど多く投与され、70歳代では約50%の人が服用しています。

 薬を処方されたら、まず医薬品添付文書を入手し、熟読してください。薬は体に有用である反面、多くの副作用をもたらす「毒」の面もあることがわかります。口に入れる前に、内容を理解しておくべきでしょう。
 また、副作用を事前に知っておけば、症状が起こったときに早く気づくことができます。
 疑問や不安があったら、薬を処方した医師に、「医薬品添付文書にこう書いてあったが、大丈夫か」と聞いてみましょう。誠実に答えなかったり、「医薬品添付文書を読んでいないのでは?」と思われる反応だったりしたら、別の医師を探すことをお勧めします。

 医薬品添付文書の件だけに限りません。患者に対し、どれだけ真剣に耳を傾けるかが、よい医師とよくない医師を見分ける指標となります。
 医師免許は、一度取得すると、免許更新の試験が一生ありません。よほどのことがない限り、不勉強でも医師を続けられるのです。そのため、医学知識が学生時代からあまり進歩していない医師も存在します。

 患者は病気の体験者ですから、医師にとっては教師です。それなのに、患者のいうことに聞く耳を持たない医師は、勉強嫌いと思っていいでしょう。
 最も大事なのは、「自分が苦しんでいる病気については、担当医よりも自分のほうが詳しい」と自覚することです。
「何を信じたらいいか、わからない」という今、自分でできることをやるしかありません。薬と病気についての知識を深め、よい医師を見きわめること。それが、自分の健康を守っていくために欠かせないのです。

不安や疑問は医師に相談しよう!

自分の健康を守るには、自らが薬や病気についての知識を深めることが大切

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


高血圧の新常識

関連する投稿


【医師解説】降圧剤(血圧を下げる薬)の副作用で認知症に!? 180ミリなら無理に下げなくて良い

【医師解説】降圧剤(血圧を下げる薬)の副作用で認知症に!? 180ミリなら無理に下げなくて良い

基準値を少し超えたからといって、すぐに降圧剤を飲むのは考えものです。体はわざわざ血圧を上げているからです。それを薬で無理に下げれば、さまざまな症状を引き起こします。薬を飲み始めた高齢者が、「元気がなくなった」「手足が冷たくなった」等の不定愁訴に悩まされるのは、このためです。【解説】岡本 裕(e-クリニック医師)


【心筋梗塞】「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

【心筋梗塞】「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

心筋梗塞などの心臓病が最も起こりやすいのは「冬の第1月曜日の朝」といわれています。体の中で24時間の時を刻む時計遺伝子があることが知られています。最新の研究で高血圧にも、この遺伝子が深く関わっているとわかってきました。時計遺伝子に関する新しい知識をぜひ生かしてみてください。【解説】大塚邦明(東京女子医科大学名誉教授 )


【高血圧の薬】降圧剤を飲むべきガイドラインは?世界基準は?

【高血圧の薬】降圧剤を飲むべきガイドラインは?世界基準は?

中高年者の場合、血圧が基準値を超えたら、直ちに降圧剤を飲むほうが体のためによいのでしょうか。それとも、降圧剤を飲む前に行うべきことがあるのでしょうか。この問題を考える参考に、私たちが行った大規模追跡調査をご紹介しましょう。【解説】星旦二(首都大学東京名誉教授・放送大学客員教授)


【薬漬けの弊害】「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がる

【薬漬けの弊害】「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がる

私のクリニックに、「薬やめる科」を創設すると、大きな反響がありました。薬漬けの医療に疑問を抱く患者さんや、薬をやめられずに苦しんでいる患者さんが、たくさんいらっしゃるということがわかってきたのです。【解説】松田史彦(日本自律神経免疫治療研究会会員・松田医院和漢堂院長)


【高血圧の新常識】血圧はあまり気にし過ぎてはダメ!

【高血圧の新常識】血圧はあまり気にし過ぎてはダメ!

読者の皆さんのなかには、血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、私は医師として、それはあまり意味がないと断言します。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)