【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

言うまでもありませんが、食べすぎてはいけない、運動は大切、など知識があっても実践できないのがダイエット。当院を訪れる人のほとんどが失敗した経験をお持ちです。しかし、当外来を卒業する頃には、平均7~8kgの減量に成功しています。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


病気を呼ぶ内臓脂肪

 私は内科医として糖尿病をはじめ、高血圧などさまざまな生活習慣病の診療にあたるかたわら、ダイエット外来で減量指導に取り組んできました。
 当外来を受診する人は、10~70代と幅広く、「やせて健康になりたい!」「太っていなくても、ぽっこりお腹だけはへこませたい」と目的も多様です。

 言うまでもありませんが、食べすぎてはいけない、運動は大切、など知識があっても実践できないのがダイエット。当院を訪れる人のほとんどが失敗した経験をお持ちです。しかし、当外来を卒業する頃には、平均7~8kgの減量に成功しています。なかには、10㎏以上の減量をする方も少なくありません。

 やせると外見が若返るだけでなく、内臓脂肪が減って健康も回復します。内臓脂肪が多いと悪玉ホルモンが大量に分泌され、これが細胞に糖を送るインスリンの働きを悪くしたり、血管を収縮させて血圧を上昇させたりします。
 しかし、内臓脂肪が減ると血糖値や中性脂肪値、血圧の数値が軒並み改善し、若い女性では貧血が治り、止まっていた生理が再開する場合もあります。

 ダイエット外来を開設して3年、成功率は99・2%に達しています。高い成功率を保てる秘策の一つが、患者さんにお勧めしている「ひじ湯」です。
 ひじ湯とは、ひじをお湯に浸けて温めながら深呼吸するだけと簡単です(詳しいやり方は図参照)。しかしこれが食欲を抑え、ドカ食いを防ぐことにつながります。

 そもそもドカ食いは、根性論で耐えるのではなく、合理的に消すのが賢いつきあい方です。
 そこでひじ湯が役立ちます。なぜなら、ひじへの温熱刺激と深呼吸によって副交感神経が優位になり、高ぶった神経が静まってくれるからです。つまり、ひじ湯を行えば、我慢せずにドカ食いの衝動を消せるというわけです。

 ひじ湯を実践した患者さんからは、冷静になってイライラしない、リラックスするなどの声が寄せられ、顕著な食欲抑制効果がみられました。

ドカ食いを防ぐことが ダイエット成功の鍵

 ダイエットがうまくいかない最大の原因は、食欲をコントロールできないことです。
 私は長らく肥満に悩む人を診ていますが、食欲を我慢で抑えるのは、不可能だと思います。
 食欲の中でも、ストレスからくるドカ食いは厄介です。なぜなら、ストレスを溜め込んでイライラしてしまうと、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)のバランスが乱れるからです。

 自律神経は交感神経と副交感神経の二つからなります。
 交感神経は、心身を「緊張・活動モード」にする働きがあり、副交感神経は心身を「リラックス・休息モード」にする働きがあります。両者がバランスよく働いていれば、私たちは健康を保つことができます。
 ですが交感神経の優位が続くと、体はそんな状態から逃れるために食事をとって副交感神経を刺激してリラックスを図ります。これが、制御不能のドカ食いの正体です。

夕食前のひじ湯で食欲が減らせる

 驚くほどやせた実例があります。Aさん(45歳・主婦)は、更年期によるイライラで甘いものがやめられず、初診時は体重が75‌kg(身長158㎝)でした。

 Aさんには、ドカ食いしやすい夕食前や、イライラして甘い物を食べたくなったときに、深呼吸をしながらひじ湯を行うようにアドバイスしました。
「ひじ湯を始めてからイライラせず、食欲にしばられなくなりました!」と、Aさんは5ヵ月で10㎏やせ、65㎏になりました。甘いものは太る原因になりますが、「幸せホルモン」といわれるセロトニンを分泌させる働きもあります。そのため甘いものはイライラした人を虜にし、肥満に導きます。

 ひじ湯は、そんな食欲を合理的に消してくれるので、夕食前から寝る前までに1回、我慢できない食欲がこみ上げたときに行うと効果的です。ただし、ひじ湯は副交感神経を働かせる力が強力なので、眠気が起こることもあります。仕事中や運転前は避けるようにしてください。

 ちなみに、ひじにはツボも多く、もの忘れ、耳鳴り、慢性鼻炎に効く少海、月経不調に効く小海、ぜんそく、嘔吐に効く尺沢、歯痛、目の充血に効く曲池などもあります。ただひじをお湯に浸けるだけで、これらのツボも刺激するので、多彩な効果を期待できます。

工藤孝文
 工藤内科副院長。福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアで食行動異常について研究。帰国後、大学病院で肥満症・糖尿病などの生活習慣病を専門とし、現職に至る。『きゅうり食べるだけダイエット』(KADOKAWA)、『日めくり叱咤激励ダイエット』(エイ出版社)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ダイエット ひじ湯

関連する投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)